あかりんの岩手低山奇行

アクセスカウンタ

zoom RSS 飛定地山 549.7m 2011年12月17日

<<   作成日時 : 2011/12/18 11:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1



 思い立ったら即実行がポリシーなので早速登ってきました。山麓に大船渡市街地が広がっているので、故郷の山として登山対象なのかと思いましたが、登山道はなさそうです。
 あらしさんからいただいた情報の、通岡峠からのアプローチはかなり長いので、東側の林道から登ってみることにしました。古い地図やナビの地図には実線で道があり、山頂東の標高330m付近から藪こぎかと思っていました。電子地図では林道の北側が途絶しています。
 林道北側入り口は仮設住宅がある学校のわきにありました。かなり荒れた道で、三陸自動車道をくぐって、標高190m付近でパジェロミニでも通行困難な道となりました。下から歩いても20分程度と思われますので歩くのが無難でしょう。
 車は全く通行不能な廃道をしばらく歩くと、涸れ沢を左に渡ります。ちょっとわかりにくいですが、左の斜面に道が見えました。地図の道なりに廃道が続きました。振り返るとさっき登った今出山がよく見えます。
 途中から廃道は西に方向をかえ、487mピークのほうへ向かうようなので、東斜面直登よりも、この尾根に乗ったほうがよさそうと判断して道なりに進みました。標高360m付近で道は東に下るように方向が変わったので、ここから斜面に取りつきました。藪はないものの、落ち葉で滑りやすい急斜面です。送電線の下には管理用と思われる踏み跡が、送電線方向にありました。
 尾根に出ると、道こそないものの、歩きやすい広い林間になり、1ヶ所だけ青テープがあり、境界標がありました。いくつかの小ピークを乗り越え、50分で山頂に到着しました。
 山頂には三角点、ILPのプレート、手書きのプレートがありました。林間に光る海、西側には氷上山が見えました。夏には全く展望はなさそうです。
 下りは尾根をまっすぐ進んでみましたが、はっきりした道があるわけでなく、送電線の鉄塔のところに出て管理道を通って元の位置付近まで戻りました。

飛定地山(大船渡湾対岸から)

画像


飛定地山(箱根山から)

画像


廃道を歩く

画像


涸れ沢を渡り左の斜面へ

画像


振り返れば今出山

画像


歩きやすい尾根

画像


山頂近く

画像


三角点

画像


光る海

画像


林間に氷上山

画像


ナビの画面

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
あかりんさん、さすがですね。
通岡峠からのルート(私は2〜3時間ほどかかった記憶があります)に比べると圧倒的に早いですね。
感服いたしました。
お疲れ様でした。
あらし
2011/12/18 18:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
飛定地山 549.7m 2011年12月17日 あかりんの岩手低山奇行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる