あかりんの岩手低山奇行

アクセスカウンタ

zoom RSS 日光山 672.2m 2015年12月28日

<<   作成日時 : 2015/12/29 10:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0



 日光山(にっこうざん)は、古い地図、そして上の地図やMapionなどでも大沢山となっています。そして別の?大沢山が南方約2kmのところにもあります。このあたりの経緯については、阿部陽子さんの本に書かれています。

 地理院地図では、672.2mの三角点(三等・寺地越)が日光山です。その北方900mにある722mピークが、地図にはありませんが、阿部陽子さんの本では大沢山と目されています。したがって大沢山は2つあることになります。

画像


 秋に登ろうと、光山(ひかりやま)温泉に電話で聞いたところ、道もなく、熊が出るからやめたほうがよい、まあ慣れた人なら温泉に車を置いて登ってもよいと言われました。
 沿岸の低山ですので、他に登る山がない厳冬期にでも登ろうと思っていました。27日に姫神山に登り、いったん帰って飲み友との忘年会をやりましたので、日帰りで登れる沿岸の山は日光山しかなく、今回今年最後の山として登ることにしました。

 阿部さんは温泉から(尾根は違う)、先人は運動公園から登っていますが、温泉から登ることにしました。温泉に行くには、ラブホテルへの道を通ります。若干気恥ずかしいような状況ですが、最近は一人で泊ることも慣れましたので…。
 車中泊連泊は疲れますので、ビジネスホテルかラブホテルに泊まることがあります。ビジネスホテルに泊まると、最低線が3500円ですが、飲みに出ますので+5000円也。ラブホテルは最低線4200円ですが、飲みに出られませんので缶ビールで終わりになり、5000円以内です。
 何度か泊まった蟇目のホテルは何時からでも24時間宿泊できますが、他は21時以降でないと宿泊できないなどの問題もあります。また沿岸部のラブホの風呂は寒くて粗末なところが少なくないようです。
 ちなみにここのラブホは21時(平日、休前日は22時)からで、最低料金6500円ですので使えません。光山温泉岳泉荘は食事つきで旧館6800円のようです。

 さて光山温泉の手前の空き地に車を置いて、8時40分に出発です。一関を5時半に出ましたが、雪道で時間がかかりました。

画像


 温泉から林道が続きますが、車が置いてあり、車では入れません。少し林道を歩いて、左手の明るい尾根に乗ることにしました。阿部さんはもっと奥から右手の尾根に乗ったと書いてあります。

画像


画像


 尾根に乗ると道がありました。なんだ、これは楽勝か…。

画像


画像


 しばらく進むと、切通しに廃作業道がありました。温泉からの林道につながっているのかもしれません。切通しの向こう側に道が続いています。

画像


 高滝森方面の山々が見えました。昨夜からの雪で白くなっています。林道がどうなったか気がかりです。この時期、偵察しても翌週はどうなるかわかりません。

画像


 予定ルートの尾根に道は続きました。

画像


 岩場を枝や岩にすがってよじ登るような難所もありました。

画像


画像


 巨岩は左側をまきました。

画像


 岩場からは山田湾、オランダ島が見えました。

画像


 標高600m付近になると雪がありました。

画像


光る海

画像


画像


画像


 木にさえぎられて、大展望というわけではありません。

画像


画像


 9時54分、十二神山へと続く主稜線に出ました。太平洋側の大展望を期待しましたが…。10時3分、三角点山頂です。プレートは約3年前の先人の記録と同様、見当たりませんでした。

画像


画像


 北東にとど山が見えました。

画像


 北の722mピーク(大沢山)まで行くことにしました。

画像


 伐採されたあとの二次林のようで、荒れたところがありました。また若干の笹藪もありましたが、踏み跡があり、藪こぎというほどではありません。

画像


ふり返ると光る海

画像


画像


 大沢山付近は10cm程度の積雪でした。

画像


ヌタ場

画像


 大沢山山頂には10時40分でした。標石がありました。

画像


 展望は樹間です。見覚えのある根滝山が眼下に。

根滝山

画像


とど山

画像


月山

画像


 十二神山からはガスで全く展望がありませんでしたが、今回の展望で代用にします。

十二神山

画像


 大沢山から西へ下ると、十二神山への自衛隊道路に出てしまいます。十二神山に登ったときに聞いたら、ダメと言われました。往路を下ります。

大沢山をふり返る

画像


とど山

画像


小根ヶ崎

画像


まさに日光山

画像


 鯨山とその右手には五葉山、片羽山、六角牛山と思われる山々が見えました。

画像


画像


画像


画像


光る海とカモメ森山

画像


 切通しのところから、廃作業道を進んでみました。かなり荒れています。

画像


 予想通り、温泉からの林道に出ました。車で入れそうな林道ですが、入口に温泉の車が止まっていて入れません。

画像


画像


 12時44分に下山しました。往復4時間でした。急な岩場がありましたので、厳冬期はやめたほうがよいでしょう。

GPS軌跡

画像


船越半島から見る日光山

画像


仙磐山・犬頭山から

画像


大笹山から

画像


荒神社から

画像


崎山展望台から

画像


霞露ヶ岳から

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日光山 672.2m 2015年12月28日 あかりんの岩手低山奇行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる