あかりんの岩手低山奇行

アクセスカウンタ

zoom RSS 格差ひろがる

<<   作成日時 : 2016/03/27 14:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 職場から見えた獅子ヶ鼻岳はまだ真っ白です。まだちょっと手ごわい感じで、4月中ならなんとかなりそうですが、時期を逃してしまうと藪こぎになってしまいます。獅子ヶ鼻岳は横岳までは道がありますので、山麓の雪は解けてもかまいません。

画像


 桑原岳から大薊山にかけての県境の山々も今朝はまだ白く見えました。焼石の山々との違いは、たぶん稜線には藪が出始めていることです。そして山麓の雪も、林道は解けてもよいのですが、取りつきの斜面に藪が出始めると厄介です。

 残る山のうち(特殊な4山を除く)、1000mに満たない山が1つだけありますが、これが何とも奥深い山です。隣の山に登ったときに一緒に登るべきだったと悔やまれますが、そんなことをしたら、今ごろ…。
 秋に東側の林道から藪こぎと考えていましたが、何とか今のうちに登れないかと地図を眺めています。ルートとしては、同じ市境をピストンするのが、9-10時間です。
 西隣の尾根を延々と縦走するルートも考えましたが、これも相当時間がかかりそうです。雪が少なくなってきていますので、断続的な藪こぎでしょう。
 晩秋か初冬に林道を車で走って藪こぎで挑戦し、無理なら来年の残雪期のもう少し早い時期に登るのが無難なところでしょう。

 4月2日はこのA森にするか、国道をはさんで南にあるこれまた奥深いS山にするか思案中です。日程、雪、天気からこの2山以外には登れそうな山はありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
格差ひろがる あかりんの岩手低山奇行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる