あかりんの岩手低山奇行

アクセスカウンタ

zoom RSS ココヘリ

<<   作成日時 : 2016/10/28 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 ヤマモリ(ヒトココ)購入者にココヘリの案内書が送られてきました。入会金3000円、年会費3650円で、家族等が要請すると、民間のヘリが出動してヤマモリを使って捜索してくれるというもの(1事故3回出動まで無料)。救助はせず、見つかれば位置を警察に伝えるというものです。ヤマモリ購入者は入会金とと2年分の年会費が免除されます。

 条件として、「コンパス」で登山届を提出するか、家族に登る山を伝えておくということが必要です。

 スマホは持っていません。タブレットでもできそうですが、コンパスのアプリはあまり評判がよくないようです。下山届を出し忘れると催促メールが来るらしいのですが、出さないまま次の圏外の山小屋に籠ってしまっては厄介なことになります。下山予定時間の7時間後から家族に未下山のメールが届くようです。

 難易度が高い山に登るときは、妻にメールを送り、職場に行き先を書き残したりしていますが、低山に1日いくつも登るのにいちいち登山届やメールを送ったりはしていられません。

 残る6山のうち、奥深い3山に登るときはタブレットでコンパスに登録するなどしてもよいかもしれません。道端の山で動けなくなるということも当然ありえますが、たぶん車が発見されるでしょう。
 生還することより、遺体が早く見つかり、生命保険が下りることを目的にしていますので、低山なら早晩見つかるはずです。

 3年後からの年会費3650円であれば、保険と思えば安いものです。もう少し調査して、登録することにします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
遺体が見つからないと保険が下りませんからね
山渓に棒ノ折で行方不明になって悲惨なことになった人が出てました
仕方なしに年金まで打ち切ってもらったとか
ヤマモリはヤマタンと違ってFM波だと思いますから身体の下になってると電波が飛ぶか心配ですが2個持ってればいいかもしれません
あと捜索用のヘリがレシプロ機なので標高の高い山ではホバリングできない問題もあるのですが東北の山ならまず大丈夫のはず
ちなみに長野県だったかレッコシステムの運用テストを始めるという話しもあります
リフレクターは安いですから注目の価値ありです
お気をつけて
通りすがり
2016/11/10 17:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
ココヘリ あかりんの岩手低山奇行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる