あかりんの岩手低山奇行

アクセスカウンタ

zoom RSS 山はもう冬に

<<   作成日時 : 2016/11/09 07:31   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 一関から見える焼石連峰は、昨朝にも増して白くなっていました。もう解けることはないのでしょう。銀明水まで、ツブ沼への道が通れるうち(11月22日閉鎖予定)に行ってみようと思っていましたが、泊りがけで行ける来週末までにはさらに雪が増えそうですので、無理かもしれません。

 それに残雪期と初冬では、吹雪いた場合の危険度は格段に違うことでしょう。予備の食料を持って天候の回復を待てば命は助かったとしても、そもそも予備日がありませんので、職場には迷惑をかけますし、連絡がつかないと遭難騒ぎになってしまいます。それぞれの小屋の電波状況を把握しておくことも必要でしょう。
 たとえば金明水小屋では少し焼石側に登ると圏内になりますが、猛吹雪ならそこまで行くことも不可能です。陵雲荘は窓辺やテラスで通じますが、さすがに外で待ち受けることはできません。「大丈夫だから探すな」と言っても、向こうから連絡がつかなくなれば、探し始めるかもしれません。やはり危険な橋は渡らないことが一番でしょう。

 昨シーズンは一応「本格的な冬山」としては11月28日に鎌倉山、12月12日に五葉山、12月27日に姫神山、2月20日に遠島山、2月21日に平庭岳に登っています。この経験から雪の状態を類推するわけですが、昨シーズンの状況がそのまま当てはまるわけはありません。今週末なら登れても、来週末にはもはや無理ということも当然ありえます。

 今週末は土曜日しかありませんので、宮城県の山を予定しています。金曜日の夜から出かけたいのですが、しばらくしていない車中泊をする気力は失せています。道端の山小屋でもあればいいのですが、思い当たりません。

 6日の帰り道に室根山に車で立ち寄ったのですが、昔あったらしいスキー場のレストハウス?跡に人が集まっていました。普段は入口の坂に鎖がかかっていたような。山小屋として使うことができるのでしょうか? 
 今シーズンは冬の室根山に登ってみたいと思っています。車で行けるところまで行ってテント泊でもよいかとは思います。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山はもう冬に あかりんの岩手低山奇行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる