あかりんの岩手低山奇行

アクセスカウンタ

zoom RSS 1本でも不安なのに

<<   作成日時 : 2016/11/28 18:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 パンクすると、もう1本パンクしたらどうなるのかと不安になります。今回、2日目にその地域に1つだけ残るF山にも登るつもりでしたが、パンクの影響もあり、意欲が失せてしまいました。
 スペアタイヤに交換し、パンクしたタイヤはルーフラックに載せて帰りました。きちんとベルト固定し、特に問題なく帰れました。
 2日かけて遠征する場合には、もう1本スペアタイヤを持っていくことにしようかと考えています。宮城県北にはまだまだ林道を走らなければならない山はありそうです。

 スペアタイヤは純正装着のA/Tタイヤで、もう1本積むとしたら、来春には交換する予定のかなり減ったM/Tタイヤということになります。今はスタッドレスを履いていますので、2本パンクした場合は3種類のタイヤが混在することになります。
 識者は後輪に2本スタッドレスを履き、前輪にA/TとM/Tを履いて、FRでゆっくり走れなどと言うでしょうが、実際はそんなにクリティカルではないようです。

 そういえば、スタッドレスにもM/Tタイヤにも回転方向指定があったような…。それを考えると回転方向が反対のM/Tタイヤ2本をスペアにして、前に2本履いたほうがよいのでしょう。でも2本もパンクするような緊急事態には、そこまで気にしてもいられないでしょう。
 それこそ雪の林道で凍死するくらいなら、車1台犠牲にしても、命を優先すべきです。パンクしたまま走るとか、ちぐはぐなタイヤで走るなどして生還できるならすべきでしょう。たとえ車が壊れても。

 スペアタイヤが1本でも不安ですので、レスなんてことは絶対にありえません。ちなみに今回のパンクは修理剤ではたぶん無理なはずです。

 ルーフラックへのタイヤの積み方を検討します。盗む人などいないでしょうが、バイク用のロックチェーンを併用すれば、ベルトが緩んでも落ちることはなくなるはずです。くれぐれも積みっぱなしにすることがないようには心します。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1本でも不安なのに あかりんの岩手低山奇行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる