あかりんの岩手低山奇行

アクセスカウンタ

zoom RSS 束稲山で打ちきり

<<   作成日時 : 2017/02/12 17:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 15時になり、束稲山で打ちきりにしました。と言っても、山中での打ちきりは大変でした。

 山毛欅峠まではタクシーが来てくれると思いましたが、里の県道起点までしか来てくれず、歩き通しました。今日は10時間で28キロも歩きました。さすがに大腿、膝、ふくらはぎが痛みます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。物凄い偉業だと思います。
16時頃に東山₋前沢線を通りましたので、もしかしたらお見受けするかと思いましたが。一寸残念。
奈良の都の面影…(?)を堪能したと思います。
あの校歌には「狭霧晴れ行く武競、若鮎踊る砂鉄川」っとあります。石灰産出バブルの昭和以前はさぞかし自然豊かだったはず。しかし子供時代の環境は石灰まみれ。周囲の家の屋根や田畑も降塵の石灰で白っぽくなっていました。
それは兎も角。三室山から対岸の武競-弓折‐網立山群もなかなかな山容で低山にしては魅力的な尾根ですよ。こちらの方が歩きやすいかも。
krupp-k5
2017/02/12 19:38
弓折山、丈競山、網立山はそれぞれ登っていますが、弓折山から南に、枯木峠、大峰山、三島山と一応尾根続きになっていますね。せめて枯木峠からは弓折山に登ってみたいところです。

奈良の都の件は検索してもわかりません。かなり近いのが、盆地、へり(ブラタモリみたい)、東山がキーワードで、これが京都と奈良にあてはまるというような記事がありました。松川から見れば、東山は弓折山なのでしょうか。
あかりんだよ
2017/02/13 19:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
束稲山で打ちきり あかりんの岩手低山奇行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる