三境 311.8m 2012年11月17日

 一関市の大峰山(360.7m)から南につながる稜線の最南端ともいえる、三角点のあるピークです。近くの「舘萩の郷」の案内板に三境(さんきょ)という山が書かれています。この山がどこなのか、地図と照合してもはっきりしませんが、名前からは昔の磐清水村、薄衣村、門崎村の3つの村の境と思われます。昔の地図があれば確定できるのですが、あたわず、三角点を三境と勝手に決めてついに寸暇登山と相成りました。

 以前に夜の偵察をしましたが、夜には見えなかった作業道などがいくつかあることが判明しました。藪も薄そうです。夜の偵察はほとんど役に立たないということです。

 稜線に乗っかり、あとは稜線を進む計画です。どこから稜線をめざしてもよさそうですが、一番はっきりした作業道(車は不能)から入りました。作業道はいくつも分岐していましたが、稜線方向に進み、適当なところから斜面の林間に取りつきました。山頂北側の鞍部東側は湿った植林地でしたが、稜線は乾いた灌木の林間でした。
 山頂付近も灌木林で、しばらく探して三角点と「市町村界」の標石を発見できました。展望もなく、もちろんプレートもありませんでした。
 最近は三角点の発見率が高くなっていますが(点の記やGPS緯度経度などは利用していません)、あきらめかけて発見できるととても充実感があります。雪に埋まっている時期は絶望的なこともありますが、雪がなければ数分程度は探してみるものだと思います。

 帰途、「舘萩の郷」の案内板に書かれている「大森山、3つ合わせて三森山」が判明しました。烏兎山を南端に、きれいに3つピークが並んでいました。烏兎山には道がありましたので、そのうち北端の大森山まで縦走してみることにします。今の時期に朝飯前登山は無理そうですが。

三境

画像


舘萩の郷の案内板

画像


昔の自治体名

画像


舗装された林道

画像


ここを進むことに

画像


画像


荒れた作業道

画像


鞍部付近の植林地

画像


稜線

画像


画像


三角点

画像


市町村界 三境の証か?

画像


画像


GPS軌跡

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント