月山(束稲山系) 2012年11月4日

 束稲山系・経塚山の北側の中腹にコブのように存在する2つのピークです。地図に名前はありませんが、月山神社の奥ノ院があります。
 320m台の大きなほうに月山神社(男二子神社)があり、社殿の裏に座禅石という巨岩がある山頂があるようです。310m台のピークには女二子神社があります。
 この大小2つのコブに二子という名前が由来するとすれば、男二子山・女二子山と呼んでもよいのかもしれません。近くには二子地区、二子溜池という地名もあります。

 蛇足ですが、子どものことをコブということがあります。山腹の2つのコブを二子と呼んだのは経塚山の子どもという意味なのでしょうか。子どもを指すコブはあまりよい使われ方ではありませんが、女二子神社は「安産を祈り愛児の育成を願う」とあります。

 男二子神社の裏手に回ると踏み跡がありました。ご神体で登山禁止なのではとも思っていましたので安心しました。3つのピークが縦列し、真ん中が座禅石で下に祠がありました。
 一番北のピークから振り返ると座禅石の全容が見えました。座禅石には登って登れないことはなさそうですが、これこそは座禅をするという目的でなければ登るべきではないと思い、やめました。登るとしても容易ではなさそうです。

 次に女二子神社に向かいました。山頂に石の祠がありました。胆沢平野が一望できますが、木があって冠雪した焼石連峰方面はあまり見えませんでした。

 月山キャンプ場付近には何度もふらりと来ています。冬は除雪されませんが、舗装路入り口の除雪の壁を乗り越えれば、真冬でも道路の積雪は20㎝程度なのでキャンプ場付近まではなんとか車で来られます。東側の林道は雪が深くて走行は不可能です。

月山(男二子神社・女二子神社)と経塚山

画像


キャンプ場から経塚山

画像


案内板

画像


月山神社(男二子神社)

画像


座禅石(南側から)

画像


座禅石(北側から)

画像


女二子神社登り口

画像


山頂の祠(暗くて見えにくい)

画像


山頂から男二子山

画像


山頂からの景色

画像


画像


画像


冠雪した焼石連峰

画像


月山神社里宮

画像


GPS軌跡

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント