弓折山 433.3m(撤退) 2013年8月11日



 弓折山には以前(2009年11月)に登っていますが、写真がほとんどなく、山頂の記憶は全くありません。下山時に迷ったことは覚えています。再度登ってみようと思いました。

弓折山

画像


 登山口は、ゆみおり館のある大面地区から大持地区に至る道(農道?)の途中にあります。登山口の案内板のところから、作業道を歩きました。前回は途中まで車で入りましたが、草が生い茂っており、歩くことにしました。ジムニーなら入れるかもしれません。

登山口

画像


画像


画像


 途中に池があり、これは記憶にあります。この付近に車を置いたような気がします。

地図にはない池

画像


 草が生い茂り、道があやしくなってきました。しばらく進んで、灌木の藪になりましたので、戻って左の尾根(山頂から北にのびる尾根)にある踏み跡をたどってみましたが、藪に突入し、断念しました。
 ふたたび草の生い茂った道を進み、踏み跡を発見し藪を抜けると斜面にかろうじて道がありましたので、方向が違うと思いながらも進みました。

画像


画像


斜面の道

画像


 小さな沢を越えると、道が不明瞭になりました。391m点との間の鞍部に出れば何とかなるだろうと、急な林間を登りました。クマが出そうな雰囲気です。
 すると道に出ました。左に進めば鞍部に出られそうです。歩いているうちに、階段が電力仕様であり、送電線管理路だと判明しました。鞍部付近に出られたのですが、山頂方向には道は見当たりません。
 管理路を進むと鉄塔に出ました。鉄塔からは、弓折山、丈競山が見えました。

林間の急斜面を登る

画像


道に出た

画像


鞍部付近に山頂への道はない

画像


弓折山

画像


丈競山

画像


 今回は尾根の藪こぎもやめました。天気もよくありせんし、気力も失せています。丈競山との間にある林道の峠から、この鉄塔まで管理路がありますので、晩秋か初冬に林道から攻めるのがよいかもしれません。林道は除雪されないでしょうが、ゆみおり館からたいした距離ではありません。冬に周回ルートもよさそうです。

 下山は送電線管理路を進みました。前回下山時に通った記憶がある場所がありました。前回はいったいどこをさまよったのか…谷筋を下りたような記憶はありますが、定かではありません。
 登山口から離れた場所に出ました。

網立山

画像


GPS軌跡

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

あかりんだよ
2013年08月11日 20:03
ネットの情報では、弓折山には登山道がないとのことで、林道から藪こぎした記録がありました。前回登ったときはまだ藪こぎを生業としていませんので、登山道はあったはずです。登る人もいないので、道は消えたのでしょう。