石蔵山~阿武峠 280m 2013年9月1日

 奈良坂峠から三室山、阿武峠、石蔵山七曲峠へと続く、連綿とした石蔵山脈は、標高は低いながらも縦走してみたいという誘惑にかられます。
 奈良坂峠の北側の三角点ピークから三室山の308mピークまでは車道を含めて制覇していますが、308mピークから石蔵山までは未踏です。この途中に阿武峠(あぶとうげ)があります。
 峠マニアではありませんが、石蔵山から阿武峠まで行ってみることにしました。奈良坂峠付近や三室山の308mピーク付近の状況から、ひどい藪ではないと推測しました。

石蔵山脈北部

画像


大峰山から見る石蔵山~阿武峠

画像


 まず石蔵山の展望所から先ほど登った弓折山の写真撮影です。

画像


画像


 石蔵山山頂直下の駐車場を11時32分に出発です。石蔵山には三角点と送信所があるピークと展望のよい岩峰があり、一般的には岩峰が石蔵山になっています。
 今回は三角点はパスして、岩峰に向かいます。

登山口

画像


岩峰

画像


 11時37分に岩峰に到着しました。ふり返ると三角点ピークと車が見えます。

画像


 岩峰からの展望は良好です。西には狐禅寺渓谷や一関市街地が見えます。職場から石蔵山が見えますので、当然ながら職場が見えます。

狐禅寺渓谷

画像


一関市街

画像


職場から石蔵山

画像


 北側には三室山、束稲山系、烏兎ヶ森が見えます。

画像


画像


 平泉から石蔵山が見え、冬至の日の出の位置とされています。先日平泉から石蔵山が見えることは確認しました。当然ながら石蔵山から平泉は見えているはずです。

画像


平泉から石蔵山(2014年11月22日)

画像


画像


 岩峰からはグラススキー上の上縁に道がありました。

画像


画像


画像


 グラススキー場を過ぎ、林間の遊歩道に入りました。347mピーク近くまでは遊歩道があると思っていましたが、利用する人が果たしてどのくらいいるのかは疑問です。

タマガワホトトギス

画像


 347mピークの手前で遊歩道は下りになりましたので、鳥獣保護区の看板のところから林間に入りました。なぜか看板は遊歩道側を向いていませんでした。こちらを向いてないということは向こう側に道があるのではと推測した次第です。

画像


 やや荒れた林床の尾根筋を歩きました。踏み跡が断続的にあり、市町村境界の標石、赤テープがありました。

画像


画像


画像


画像


 歩きやすそうなところを選んで歩きました。12時19分に峠と思われる場所に到着しました。市町村境界の標石に「阿武峠」と書かれていました。
 七曲峠に藪山のプレートがあり、土坂峠にもありましたので、きっとここにも藪山のプレートがあるだろうと思っていましたが、見当たりませんでした。

阿武峠

画像


 この先の321.6m点に三角点がありますが、名前は調べていませんでした。もしかしたら阿武峠かもしれないと思いましたが、歩きやすそうな斜面ではなく、断念しました。三角点名が三ツ森とわかってほっとしています。
 阿武峠から三室山の縦走はモチベーションはあまりありませんが、大した距離ではありませんので、そのうち三室山からピストンしてみることにします。冬に全縦走すれば面白いかもしれませんが、アクセスが容易でなさそうです。
 往路を戻りました。

熊野神社

画像


GPS軌跡

画像


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

krupp-k5
2014年12月28日 22:51
本日,石蔵山から阿武峠を経由し,三室山まで縦走しました。雪も10㎝くらいでかんじき必要無く,2.5時間で往復できました。 先日は高卜峠から奈良坂峠そして三室山まで縦走しましたので出身の松川と舞川の境ほぼ制覇しましたので感無量です。(狭山近辺は近日中に登ります)
冬の尾根縦走はなんか楽しいです。