寺館山 250.7m 2014年1月19日



 青森県境に近い寺館山(てらだてやま)は入り組んだ地形でどこから登るか予習では決定できませんでした。18日に偵察もしていません。

 本日のメインイベントであった船越山が比較的容易に終わりましたので、疲れてはいましたが、寺館山に向かいました。

 寺館山も今回登ることにしていましたので、はるばる県北に来ておきながら1つだけ残して帰るわけにもいきません。


寺館山


画像


画像


 釜沢地区から西に進み、県境の奥州街道の案内板に沿って入ってみましたが、車はすぐに通行不能となりました。ここからは谷筋であり、山頂手前が崖になっているようですのでやめました。

 手前に南側に入る林道があり、除雪はされていないものの、轍がありましたので進んでみました。寺館山南東の畑地まで何とか進むことができました。ここから登ることも考えましたが、林道は今にもスタックしそうな状況でしたので、峠付近まで戻りました。ここから2つのピークを越えて尾根がつながっていますので、やや遠いのですが、このルートに決定しました。

 車を置く場所がなかなか見つかりませんでしたが、なんとか探して路肩にとめました。12時35分に出発です。

 林道から右手のピークに乗らなければなりません。古い作業道のような道があり、そこから取りつきました。すぐに道はなくなり、藪に突入して最初のピークをめざしました。


右の斜面に取りつく


画像


作業道?


画像


 尾根に乗れば藪はおしまいだろうという希望的観測はむなしく消えました。次のピークを過ぎるまでは笹藪こぎでした。中途半端に押し倒された笹藪と背丈を超える倒されていない比較的薄い笹藪が交互に現れました。

 急に暗くなり、雪が降り始めましたが、引き返すのも大変ですので、続行です。


笹藪こぎ


画像


画像


 2つのピークを過ぎると、比較的歩きやすい林間になりました。


歩きやすい林間


画像


画像


最後の登り


画像


 山頂は南北にのびており、中間付近に出ました。眼下に馬淵川が見えました。


山頂稜線


画像


画像


画像


馬淵川


画像


 三角点は山頂稜線の南端にあります(13時12分)。白杭がありましたが、標石は見つかりませんでした。文字が消えた木のプレートが1枚だけありました。


山頂


画像


三角点白杭


画像


プレート


画像


 下山は最初に考えた畑地からのルートを選択しました。細い尾根に沿って下りました。


南斜面


画像


 標高200m以下になると、柴木の藪になりました。棘のある木も混じっており、何度も痛みを感じました。鹿やクマは平気なのですから、ケダモノだって平気なはずです。


柴木の藪


画像


 林道直前はお約束の荒れた藪でしたが、なんとか林道にたどり着きました(13時35分)。


荒れた藪斜面を滑り降りる


画像


林道へ


画像


 林道を歩いて戻ります。歩いた尾根が見えました。


歩いた尾根


画像


画像


寺館山山頂


画像


GPS軌跡


画像


 これで二戸の山は一段落です。毛無森と田代山は時期をみて登ることにします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント