二ツ森 621.2m 2014年4月27日



 二ツ森は、日本山名事典では「ふたつもり」となっていますが、阿部陽子さんの本には地元の人の呼び方として「ふたつがもり」となっています。

二ツ森

画像


二ツ森(小倉岳から)

画像


 登山道があり、「岩手県の山」にも掲載されていますので、いつでも登れる山と考えていましたが、今回は病み上がりの山として選んでみました。 一戸町の残り2山を制覇という意気込みもあったのですが…。

 二戸PAでの仮眠を入れて、4時過ぎに林道終点に到着しました。廃屋から先は車の通行は不可能です。明るくなるのを待って、4時57分に出発しました。

画像


 車はもはや通行不能となった作業道を道なりに進みました。

画像


画像


画像


 南峰の南側で作業道が地図の道から山側に分岐しました。

画像


画像


 南峰の東側に鳥居があり、そこから山頂まではわずかでした(5時35分)。

画像


画像


 山頂には三角点、祠、藪山のプレートがありました。

画像


画像


画像


 樹間に北峰が見えますが、いったん鳥居まで下ってから向かいます。

画像


 山頂直下まで作業道が続きました。

画像


 ふり返ると南峰が見えます。

画像


画像


 鳥居から登って北峰です(5時51分)。

画像


画像


画像


 作業道からは折爪岳がかすんで見えました。

画像


 作業道は北峰の周囲を回っているのかと進んでみましたが、途中から北に下っていくようでしたので、戻りました。

 樹間に傾城峠から就志森と思われる稜線が見えました。

画像


 北峰と南峰に間に陽が出てきました。

画像


GPS軌跡

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

M&M山人
2014年05月10日 15:52
こんにちわ、お元気に山歩き続行中のこととお察しいたしております。さて当方、照射後、後遺症にやられ、上下下肢麻痺になり散々な日々でした。ご指摘、的中でした。入院して、ステロイド点滴治療中です。よくなるための治療でこれです。まれにあるそうです。10人に一人ぐらい。宝くじでも買いましょうか。。健康あっての山旅でした。養生して必ず復活します。