あかりんの岩手低山奇行

アクセスカウンタ

zoom RSS 蟻巣山 1162m 2016年3月13日 その1

<<   作成日時 : 2016/03/13 22:40   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0



 蟻巣山(ありのすやま、ありすさん、ありすやま)は岩手・秋田県境にあります。北側の県境・標高880mを南本内川からの林道が通っていますが、雪のない時期に藪こぎで登れるような山ではなさそうです。残雪期に登るにはなかなかアプローチが大変そうです。
 当初は東成瀬村の入道地区から、破線の道がある917.9mピーク、1029.9mピークを経て県境に至るルートを考えていました。

蟻巣山

画像


蟻巣山(三森山から)

画像


蟻巣山(牛形山〜白っ子森の稜線から)

画像


画像


蟻巣山(焼石岳から)

画像


 先週偵察しましたが、破線の道の起点まで車で入ることができました。917.9mピーク、1029.9mピークは見えますが、山頂はよく見えませんでした。しかし三界山は真っ白な斜面ですが、蟻巣山は木が生えており、森林限界に達していないようです。これなら天気がよければ3月でも登れそうです。
 
画像


画像


ジュネス栗駒スキー場への道から

画像


 先週から雪が降らず、13日は好天の予報でしたので、札幌から花巻空港を経て、横手で泊まり、早朝に山に向かいました。
 先週の偵察後、県境越えの林道は採石場までは大型車が通行できるような道だということが判明しましたので、林道を採石場まで歩いて登り、そこから1029.9mピークを通るルート、県境まで歩いて、県境をたどるルートも加えました。

 先週は雪があった林道が除雪されていました。車で入ってみると、1.2km先まで除雪されていました。採石場の縁を登るルートは危険そうな気がしましたので、林道を歩くことにしました。車を置くスペースはありましたが、雪崩が起きると帰れなくなりますので、かなり手前まで戻りました。6時40分に出発です。

画像


除雪された林道

画像


除雪はここまで(6時57分)

画像


 スノーシューを履いて、雪の林道歩きです。1mほどの積雪があるようですが、ほとんど沈みません。ツボ足の足跡とスノーモービルらしいトレースがありました。

画像


 大型車も通れるというので、林道は明瞭ですが、足跡もあり、迷うことはありません。

画像


 足跡は途中で別の方向に向かって行きました。蟻巣山登山者ではなさそうです。スノーモービルのトレースもトラバース斜面で消えました。
 滑落しても奈落というような場所ではありませんが、慎重にトラバースします。

画像


 林道から鳥海山が見えました。

画像


 鳥海山の南側に見える白い山は、神室山と思われます。

画像


 結構長いトラバースが続きました。林道は安全な登山道だという理屈は、残雪期には通用しません。

画像


画像


 ようやく採石場のあるピーク(土倉岳)に近づいてきました。

画像


 林道を進んで、990mピークに県境付近から乗るほうがよさそうです。

画像


採石場分岐(8時6分)

画像


 県境に近づくと、鳥海山、神室山がまた見えました。

画像


画像


 917.9mピーク、1029.9mピークを経て県境に至るルートはかなり険しそうに見えます。林道ルートで正解でした。

画像


 土倉沢の対岸の山は今にも雪崩そうな斜面です。

画像


 8時22分、林道を離れ、990mピークをめざしました。地図上はそれほど急斜面ではありませんが、スノーシューを脱いで、キックステップで登らなければならない急斜面がありました。硬い雪の上に新雪が積もったような状態で滑ります。木につかまってよじ登りました。

画像


 なんとか急斜面を切り抜けました。

画像


 県境稜線ですので、ついに岩手県側の山が見えました。西に鳥海山、東に早池峰山、山頂からの展望への期待が高まります。

画像


 やっと蟻巣山山頂が見えました。

画像


 北側の1033mピークの直下には三森山付近に至る林道が見えます。

画像


 990mピーク手前に、谷があり、おっとびっくり。いま地図を見ると確かに谷があります。雪庇のないところから下ってクリアしました。

画像


 990mピーク(8時56分)からは、蟻巣山山頂、その右手に焼石連峰が見えました。もう少しですが、ちょっと危険そうな雰囲気です。

画像


 雪庇から離れて進みます。

画像


 土倉岳(1029.9mピーク)と蟻巣山の鞍部に出るつもりですが、急な斜面をトラバースしなければなりません。登って下るのも危険な斜面です。スノーシューを脱いでトラバースしました。

画像


画像


 待ってました、ついに岩手山です。岩手山、早池峰山、鳥海山を同時に見られそうです。

画像


 鞍部からは最初にかなりの急斜面があり、難儀しました。何とか通過すると緩斜面になりました。鳥海山を背に登ります。

画像


 晴れわたった空に飛行機が。

画像


画像


 最後の登りです。

画像


 なんとなく朧げに見えるところが、月山の月山たるゆえんです。

画像


山頂直前

画像


 9時45分、山頂に到着しました。3時間5分かかりました。奥羽山系の山も、森林限界以下の山で、天気がよければ3月でも登れることがわかってきました。ただし、蟻巣山は結構危険なところもありましたので、油断はできません。

画像


 山頂はさえぎるもののない360度の大パノラマです。積雪量は不明で、プレートの有無もわかりません。

その2

GPS軌跡

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蟻巣山 1162m 2016年3月13日 その1 あかりんの岩手低山奇行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる