光山 443.4m・高山 342.1m 2016年12月



 光山(ひかりざん)と高山(たかやま)は直線距離で2km離れています。縦走も思い浮かびましたが、別々に登るつもりでまず光山に登りました。

光山と高山(コバルトラインから)

画像


画像


 大草山から西側を登ることも不可能ではないでしょう。

画像


 コバルトラインからの光山林道は通行禁止でしたので、たいした距離でもなく、歩くことにしました(8時23分)。

画像


 破線の道は重機道でした。地理院地図への道の掲載基準はよくわかりません。

画像


 かなり荒れていました。

画像


 尾根に乗ると、幅広い道になりました。倒木があり、車は無理です。

画像


 破線の道の分岐から真ん中の尾根に乗るつもりでしたが、尾根にも道がありました。

画像


 振り返ると金華山です。

画像


 歩きやすい尾根を進みました。

画像


 8時49分、光山山頂です。

三角点(二等・光山)

画像


 大草山側から山頂稜線に鉄塔が見えましたので、とりあえず鉄塔まで行くことにしました。鉄塔部からは、大草山が見えました。

画像


 光山までは結構な距離があり、往路を戻らねばなりませんが、向こう側に回って登り返すよりも楽そうだと判断し、縦走することにしました。
 歩きやすい尾根です。

画像


画像


 高山手前のピークからは大草山と光山が見えました。

画像


画像


山頂手前

画像


 9時25分、高山山頂に着きました。光山から2km強を36分ですので、いかに歩きやすい稜線かということでしょう。

三角点(三等・高山)

画像


 山頂には鐘楼や石碑がありました。そっと鳴らすのなら問題はなかろうと、「あの鐘を鳴らしたのはあかりん」。

画像


 山頂からは年明けに北上山地最後の山として登ることになる予定の金華山が神々しく見えます。

画像


画像


石巻方面

画像


東森山

画像


 雄勝の石峰山、小富士も見えました。

画像



 登るまで認識していませんでしたが、高山の尾根は海まで連なっています。

光山と高山(鮫浦から)

画像


画像


画像


 往路を戻ります。

光山(10時14分)

画像


 光山の北側の送電線は、泊浜の太陽光発電のための送電線のようです。どの程度の発電能力があるのかは不明ですが、こんな豪勢な送電線が必要なのでしょうか。投資に見合うとはとても思えません。エコはプライスレスなどと言っていられないように思いました。

泊浜の太陽光発電

画像


大草山と人石山

画像


 10時38分、下山しました。

GPS軌跡

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント