袴ヶ岳 357.3m 2016年12月18日



 袴ヶ岳(はかまがたけ)には、大六天山との鞍部から市町境界の尾根をたどるのがよさそうです。大六天山への林道は例の通行禁止ですが、鞍部まで車で入りました。付近は伐採植林地で、林床は荒れているようです。

袴ヶ岳(桃ノ浦から)

画像


袴ヶ岳(大六天山から)

画像


袴ヶ岳と大六天山(コバルトラインから)

画像


 鞍部から入ると、荒れていました。先が思いやられます。

画像


画像


 しかししばらくすると、歩きやすい林間になりました。

画像


画像


 さきほど登った東森山が見えます。

画像


 動物の骨が落ちていました。折れた上腕骨とほぼ原形をとどめた右の脛骨のようです。大きさの比較からは別の個体と思われます。
 ちなみにどのくらいで白骨化するのかは、Wikipediaによると、地上にあれば夏場は7-10日とのことです。結構早いものです。

画像


画像


 山頂までは24分でした。

画像


 展望はあまりありません。

画像


画像


 往路を戻りました。

GPS軌跡

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント