氷上山deメリークリスマス

 イブはどこかの山小屋でさびしく過ごそうと決めていました。冬でも簡単に行けて、まず人がいないのは登奈孝志荘か大沢小屋です。原台山から見て、氷上山にはほとんど雪がありませんでしたので、林道を走れそうな登奈孝志荘にしました。

登奈孝志荘

画像


 セブンで、ロールケーキとスライスハム、チキン、煮卵などを買い、そのあといつもの高田のイオンで、酒などを買いこみました。

 通岡峠からの林道には雪は全くありませんでした。中央コース登山口にも車は1台もありません。サイレントイブの予感が高まります。
 雪がありませんので、山馬越林道に入りました。翌朝までに大雪が降ったら帰れなくなりますが、沿岸で一晩で20cmも積もることはないだろうと。

 いつもの展望地から、高田の町を見下ろします。

画像


 前回倒木の処理を手伝いましたが、1ヶ月で倒木が増えていました。登山道を維持するのは大変なことがわかります。11時16分、35分で着きました。

祈祷ヶ原から

画像


 さすがに昼前から飲むのは気が引けましたので、まず薪ストーブに点火。着火剤の威力は絶大でした。

 ストーブでお湯を沸かし、ロールケーキとスティックコーヒーで、クリスマスパーティーの始まり始まり…。キャラメルなんだかのはずでしたが、溶かしても白い液体。パックをよく見ると、キャラメルなんだか用のクリームでした(汗)。
飲めないわけではありませんので、たぶん母乳のような味の白い液体でケーキを食べました。

 その後、順々にあれこれをつまみにしながらビールと酒を飲みました。途中、若干の午睡をはさんで、18時ころまで飲みました。酔仙純米酒、北上川の残り、雪っこあわせて4合ほどです。しめの肉うどんは翌朝送りになりました。今回、薪ストーブで調理し、持ってきたボンベは使いませんでした。

 昼ころに案内板のところに一人だけ人がいましたが、誰も来ませんでした。サイレントイブですが、別に悲哀もなにもありません。

 夕方には小屋全体がほのかに暖まりましたが、火が消えると寒くなりました。しかしシュラフにこもれば、それほどの寒さは感じません。隙間風の山小屋でも、風雪から守ってくれます。まさに黄金の御殿です。

 夜中は満点の星でしたが、寒くて鑑賞する気にはなりませんでした。

 クリスマスの朝も晴れていました。一気飲みをしなかったので、酒量のわりに快適です。

画像


画像


画像


画像


画像


 登奈孝志荘に来て氷上山に登らないわけにもいきませんので、登ります。

 遠く金華山まで見えます。

画像


画像


画像


 昨日登った原台山も。

画像


朝日に輝く海

画像


画像


画像


五葉山

画像


画像


大船渡方面

画像


室根山・大森山・徳仙丈山方面

画像


画像


画像


 6合目の大木の基部に大きな穴があいていますが、今にも折れそうです。1ヶ月前より悪化しているような気がします。

画像


 中央コースに「管理人さん」のものと思われる車がありました。わずかなタイミングで入れ違いになったようです。

 天気がよいので、志津川インターまで行って、残る宮城県の山に向かうことにしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント