大判山 171m? 2016年12月25日



 北上川左岸にある大判山(おおばんやま)には採石場があり、山頂付近まで重機が入っているようです。地理院地図、航空写真を比べると、標高171mとなっている場所は採石場内になっています。しかも地理院地図では、171m点は100m等高線上にあり、DEMSAでの標高値は78mとなります。古い紙地図では、この場所に170m等高線のピークがあります。標高点の位置と数値がそのままで、写真測量で等高線が書き直されたのでしょうか。わけがわかりません。
 山頂を踏むのは無理そうですので、北側から採石場のヘリまで行ってみることにしました。採石場は休日のようでした。

大判山(北側から)

画像


大判山(採石場側から)

画像


 北側の空き地は、柳津虚空蔵尊の初詣用の駐車場のようです。小さな沢を渡り、斜面に取りつきました。

画像


画像


 古い作業道のような空間がありました。

画像


 やがて道もなくなり、藪こぎになりました。

画像


 藪を抜けると、採石場の砂山がありました。

画像


 境界付近を進むと、広大な採石場が現れました。

画像


画像


 もはや171mの山頂もなさそうです。東側の高いピークにも、砕石場に入らずに進むことはできません。登った付近は標高120mほどですが、近くに171mらしい場所はありません。

残る尾根

画像


大土山

画像


GPS軌跡

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント