白倉山・撤退 2017年3月18日

 奥羽山系の山はそう甘くありませんでした。

 白倉山へは、卯根倉沢とかぐら沢の間の尾根を延々とたどる計画ですが、地図にはある南本内川にかかる橋が流失しているようで、いかに尾根に取りつくかが課題です。

 南本内川の本流を果たして渡渉できるがか課題ですが、雪の林道を橋があった付近まで約3km歩いて渡渉できなかったら…と思うと。
 丸子峠(鷲合森)に続く林道を357.7m三角点まで歩いて、そこから桧之沢に下って渡渉し、尾根に登るか南本内川の右岸沿いを進んで、卯根倉沢を渡渉するというルートを考えました(図のピンクの線)。

 本屋敷地区を過ぎると、林道はどちらも除雪されていません。かなりの積雪です。

画像


 左手の丸子峠への林道を進みます。新雪でスノーシューはかなり沈み込み、先が思いやられます。

画像


 三角点付近から桧之沢に向かって下ります。

画像


 狭い急斜面の雪は崩れて、かなりヤバい状況でした。桧之沢の右岸に出ましたが、軟らかい雪で沈み込み、容易には渡渉できないようです。
 仮に無理をして渡ったとしても、この先の深い雪で、山頂にはたどり着けそうもありません。早々と撤退を決めました。

画像


画像


 南本内川の右岸に出てみました。浅瀬を渡って渡れないことはなさそうです。右岸を進めないかと見渡すと、斜面が崩落していて無理そうです。たぶん桧之沢と卯根倉沢の間の川沿いを進むこともできないでしょう。

 林道に戻るのも苦労しました。

 取りつく尾根付近で、南本内川の本流を何とか渡渉するしかなさそうです(図の紫の範囲)。

GPS軌跡

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント