笹森山・湯森山・笊森山・乳頭山 2017年7月15-16日 その2

その1から


 秋田駒ケ岳八合目を6時42分に出発し、笹森山、湯森山、笊森山を経て、9時42分に千沼ヶ原西端に到着しました。


千沼ヶ原


画像


 ザックを置いて、東端まで往復しました。


画像


画像


 三角山は間近に見えますが、こちらから登ることは無理です。


画像


岩手山


画像


サンショウウオ?


画像


画像


 容易にはたどり着けない楽園です。


画像


画像


画像


画像


画像


 先週登った三ツ石山が見えます。山の相互リンクです。


画像


画像


 10時30分、千沼ヶ原をあとにして、乳頭山に向かいます。コース上、ここだけに登山道に残雪がありました。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


 乳頭山に登ればあとは山荘まで下りです。しかしバテバテで休み休みです。


画像


画像


画像


 ようやく最後の登りです。


画像


 11時45分、乳頭山山頂です。駒ケ岳八合目から5時間3分でした。


画像


画像


 田代平の山荘が見えます。


画像


画像


 12時10分に下山開始です。乳頭山の南側は絶壁です。


画像


 時間的には大白森山荘まで行けるかもしれません。しかしバテバテでその気力はありません。そしてもし行っていたら、生還できなかったかもしれません。神の思し召しです。


画像


 12時37分、田代平山荘に着きました。先客が1名いましたが、夕暮れに戻ってくると言って、千沼ヶ原に出かけて行きました。


画像


 前回は雨後で、乳頭山への登山道わきに湧水がありましたが、今回は全く水の気配はありませんでした。水は4L残っていましたが、水場に行ってみることにしました。

 山荘の北側から裏の湿原の踏みあとを進み、藪に入りますが、足元には空間があり、藪こぎというほどではありませんでした。10分ほど下って、小さな沢に出ました。上流側で汲みましたが、水量は少なく、時間がかかりました。蚊が寄ってきました。防虫スプレーをし忘れましたので刺されました。

 味のしない冷たい水です。生でも飲みましたが、今のところ変調はありません。基本的には加熱用にすべきでしょう。ペットボトルの水はぬるくなっており、ついつい飲んでしまいました。


画像


画像


画像


 日本酒は解けていましたが、飲み頃でした。キムチ、ソーセージ、餃子もまだ冷たい状態でした。日本酒は鷲の尾の北窓三友ですが、味は問題ないようでした。


 同宿者は、滝ノ上温泉から登ってきた若者2人、大阪から来て昨夜は阿弥陀池に泊まったという単独男性と、出かけて行った人で、私と大阪の人が1階に寝ました。


田代平から乳頭山


画像


山荘周辺の花


画像


画像


画像


画像


画像


 夕方からガスがかかりはじめましたが、千沼ヶ原に行った人がななかな戻ってきませんでした。心配していましたが、20時頃に戻ってきました。自己責任とはいえ、管理人のいる山小屋ならしこたま怒られることでしょう。


 未明から激しい雷雨になりました。予想よりも天気の悪化が早かったようです。明るくなってもまだ雨が強かったのですが、大阪の人を追って、6時過ぎに下山を開始しました。

 田代平を抜ければ、林間の下りです。登山道を沢のように流れる状態は前回経験していますので、驚くことはありませんでした。渡渉もありませんので、無事に下山し、7時50分のバスに乗りました。

 滝ノ上温泉からの若者たちは無事に下山できたのでしょうか。


 もし自分が同じ状況であれば、滝ノ上温泉に車を取りに行く手間を考えても、エスケープルートとして孫六に下ったかどうかです。


GPS軌跡


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント