折爪岳 851.9m 2018年12月28日

 折爪岳には山頂(まさに三角点の脇)まで車道があり、2011年11月に車で登っています。歩いて登るなら、車で登れない冬でしょう。

 折爪岳は県道264号線から県道24号線(小峠)まで南北に約6km連なっています。

画像


画像


 南北縦走をしたいところですが、今回は当初は小峠から山頂まで北進し、コロボックルランドに下り、タクシーで戻るという計画を立てました。しかし27日から雪が降り始め、大雪の予報でしたので、ポピュラーな冬コースを登ることにしました。
 28日の4時前に高速に乗るつもりでしたが、雪で通行止めになればアウトですので、急遽八戸の宿を確保し(八戸のビジネスホテルは安い!)、荷物を積み込んで19時前には出発です。花巻付近までは前が見えないほどの雪で緊張しました。しばらくはよかったものの西根付近からまた雪です。それでもなんとか21時過ぎに八戸市内に入りました。22時までチェックインできませんので買い物などで時間をつぶしました。
 チェックイン後、ピンクの光に誘われてみろく横丁へ。地酒を何種類か飲み、田子のニンニク、五戸の馬刺し、どんこの刺身などを味わいました。深夜割引なし、宿代、飲み代で相当高くはなりましたが、そこはプライスレス、おひとり様忘年会ということにしておきます。

 起きると薄雪でしたが、それほどの悪天候ではなさそうですので、折爪岳に向かいました。九戸ICで降りると、折爪岳が見えました。

画像


 山頂への道は通行止めになっています。

画像


 少し戻って、コロボックルランドの入口付近に車を置きました。冬靴、スノーシューを履いて、7時13分に出発です。

画像


 地図の破線の道より手前にトレースがあり、林道と思われる道を進みました。

画像


画像


 日が差してきました。

画像


 破線の道に合流し、ここで林道は終わりです。遠回りだったようですが、傾斜は緩そうです。

画像


 遊歩道レベルのようです。

画像


 車道から登ってくる道がいくつかあるようです。

画像


 積雪は20-30cm程度です。

画像


画像


 稜線に出ると、トレースが断続的になりました。

画像


画像


 813m点に展望台がありました。

南側(小峠方向)

画像


西岳方面

画像


山頂方向

画像


画像


 山頂に向かって進みます。

画像


 展望台とトイレがある広場です。前回はここで車中泊しました。トイレは使えました。トイレの東側は急斜面になっており、要注意です。

画像


 山頂への道は除雪されていました。一般車両は通行できません。アンテナが無数にあり、保守管理のためでしょう。山頂には8時47分、1時間34分でした。

画像


 山頂からの展望はあまりなく、名久井岳を見るために北に行ってみました。

画像


 この先に展望台があり、これから登る名久井岳が見えました。そして3週間前に登った、階上岳・久慈平岳、昨夜過ごした八戸が見えました。

画像


画像


画像


折爪岳山頂

画像


 ここから車道に出られる道(車道?)があり、荒れていますが進みました。

画像


 14分で車道に出ました。車道は除雪されていました。

画像


山頂

画像


 車道歩きはつまらないかと思いましたが・・・

画像


遠島山方面?

画像


画像


 トイレと展望台が見えます。落ちたら大変でしょう。

画像


画像


 冬の芸術品鑑賞も歩かなければできませんでした。

画像


画像


画像


画像


画像


階上岳と八戸市街

画像


 10時1分、車に戻りました。他に車はなく、誰にも会いませんでした。

 猿越峠を通って三戸に向かいます。

画像


GPS軌跡

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント