名久井岳 615.2m 2018年12月28-29日

 名久井岳には、2016年2月に東側の法光寺から登っています。2月でもそれほどの雪ではありませんでした。山頂直下に山小屋があり、薪ストーブがあることをそのとき知りました。

 今回、薪を担いで泊まってみることにしました。未踏の西側の恵光院からのコースは険しいところがあるらしく、大雪では危険かと考えていました。とりあえず恵光院まで行ってみることにしました。

名久井岳(三戸町から)

画像


 三戸町と南部町の境にあります。一関でも入手できる三戸のドンベリはやまやで購入しました。南部町には「めじゃ」という酒があるらしく、三戸駅近くの酒屋で購入できるようです。ちなみにどちらも八戸酒類のものです。
 地図を見て、酒屋は南部町なのに、すぐそばに三戸駅があります。今回初めて知りましたが、鉄道トリビアです。三戸町の駅でなく、三戸郡の駅といえばそれだけのことですが。

画像


 続いてマックスバリュ三戸店で食材の買い出しをし、ザックの整理をし、恵光院に向かいました。

画像


 登山口近くの駐車場には3台車がありましたが、登山者ではなく、登山道途中の祠などにお供えや掃除に行った人のようです。
 雪の状況がわからず、スノーシューとアイゼンを持ちました。今月登った人の記事に、アイゼンが必須と書かれていました。酒1L、水2.8L、薪などで結構な重さです。12時23分に出発です。

登山口

画像


 霊峰への参道らしく、あちこちに祠などがありました。月山神社経由で登ります。

画像


 しばらく進むと鳥居があり、人が玉子を供えていました。

画像


 その上の社殿では掃除をしているようでした。

画像


 ツルツル滑ります。

画像


 アイゼンを付けましたが、フィッティングが悪く、雪が増えたところでスノーシューに替えました。

画像


画像


画像


 狭い尾根があるという記載がありましたが、急ですが危険というほどのところはありませんでした。

画像


 山頂が見えてきました。

画像


 地図の鳥居マークのところは月山神社ではありませんでした。

画像


 月山神社奥之院は542m点にありました(13時58分)。ここまで1時間35分かかりました。泉山地区からの道が合流し、トレースがありました。

画像


 この先は楽と書かれていましたが…。途中で下ってくる人に会いました。天狗杉コースから登ったと言っていました。

画像


画像


 途中に2本、天狗杉コースの道がありました。

画像


 もう少しです。山小屋は山頂の南側直下にあり、直接行けるものだと思っていましたが、山頂に出てから下るようです。

画像


 14時29分に山頂です。2時間6分かかりました。あまり視界はよくありません。

階上岳・久慈平岳方面

画像


 折爪岳は木でよく見えません。

画像


 山小屋は山頂直下にあります。

画像


 薪ストーブはありますが、寝るスペースは狭くて落ちそうです。

画像


 薪は結構ありました。好ましくない合板も混じっていました。持参したもののうち木っ端はホーマックでレジ袋詰め放題50円ですが、合板が多く、そうでないものを毎回かき集めています。
 持参した分だけでは足りず、車で8合目まで登れる時期に大開平の避難小屋と一緒に補充に来ます。

画像


画像


 小屋の南に露岩展望地があり、折爪岳が見えました。

画像


 15時3分、再び山頂へ。1分で行けます。

画像


画像


 夕日のころ、16時13分また山頂へ。

画像


十和田方面

画像


 夕日はダメでした。

画像


 一人ではなかなか酒も肴も進みません。酒はめじゃ500ml、ドンベリ150mlほどでギブアップ。肴はお菓子少々、チヂミ、八戸美保野ポーク(味噌漬け)、明太子などでギブアップです。食い過ぎ、飲み過ぎ!
 今年最後のメッセージは、名前と「山登り気をつけてくださいね」とだけでしたが、うれしいものです。ちなみに盛岡の76.1MHzがきれいに入りました。

18時ころ

画像


 シュラフに完全に潜れば寒くはありませんでしたが、寝返りは打てず、あまり快適ではありませんでした。明るくなり始めたころに起きました。
 小は1Lボトルに貯め、大は携帯トイレ(ビニール袋と凝固剤)に2回しました。もちろん両方とも持ち帰りました。小は道の駅に捨てましたが、大は4日の燃えるゴミの日まで家の中に…。

 朝日は拝めませんでした。

画像


画像


画像


 8時15分、下山です。山頂を都合5回踏みましたが、もちろんカウントは1です。アイゼンをきちんとフィッティングしました。

画像


画像


画像


 天狗杉コースを下りました。谷間の急斜面です。

画像


画像


 山頂付近から直接下るコースもあるようです。

画像


 ここから尾根を進む踏みあともありました。

画像


 いったん車道に出て、また離れます。

画像


画像


天狗杉

画像


画像


 9時6分に下山です。下りはわずか51分でした。東西からのメーンコースは制覇しましたが、まだまだ他にも道があるようです。

画像


GPS軌跡

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント