二ッ森 621.1m 2019年2月10日

 一戸町の二ッ森には2014年4月に登っています。今回は、冬の二ッ森に登り、名久井岳に泊まり、翌日に就志森に登るという計画です。

 6時に一関を出発です。ナビは一戸インターからのルートを第1候補に出してきますが、松尾から先が50キロ規制のようですので、滝沢から国道4号を北上することにしました。

二ッ森

画像


画像


 御所野遺跡手前の根反の大珪化木の案内板から入り、二ッ森に向かう林道に進みました。最終民家の先で除雪が終わりましたので、引き返して民家近くの路肩に車を置き、民家の方にお断りしました。スノーシューを履いて、8時22分に出発です。

画像


 林道の積雪は10-20cm程度です。小型除雪機で除雪した跡がありましたが、ほどなくなくなりました。山頂直下まで林道があることが前回判明していますので、ひたすら歩くのみです。

画像


 途中作業小屋がいくつかありました。地図には耕作地のマークがあります。

画像


 次第に雪が増え、路盤も悪くなってきました。ハイリフトのジムニーでも無理でしょう。倒木もあります。

画像


 二ッ森が見えてきました。

画像


 廃屋があります。前回はこの付近まで車で入れたようです。

画像


 雪が増えてきました。場所により4-50cm程度はあるようです。

画像


画像


 林道は大きく迂回して、三角点山頂への鳥居にたどり着きました(9時53分)。

画像


 先に北峰に向かいました。

画像


 北峰の西側から北側に回り込み、林道の終点に鳥居がありました。

画像


 ここからわずかな急登を経て、北峰の山頂です(10時12分)。1時間50分、ほぼ予定通りです。

画像


画像


名久井岳

画像


折爪岳

画像


 三角点山頂に引き返します。

画像


 鳥居をくぐり、山頂に向かいます。

画像


 三角点山頂(10時41分)からはほとんど展望はありません。

画像


画像


画像


 寒いのでそそくさと下ることにしました。

画像


画像


 迂回した部分はショートカットして下りました。手ごろな雪山ハイクの山と思われますが、誰にも会うことはありませんでした。

画像


 11時49分、車に戻りました。朝に挨拶した方のご主人と思しき人が薪運びをしていました。「早いね」と驚いていました。奥さんからきちんと申し送られていたのでしょう。人里に車を放置するときは、声がけをすることが大事です。

 名久井岳に向かうにはちょうどよい時間です。

GPS軌跡

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント