酒は届くも

 山小屋で飲もうと取り寄せた酒が届きましたが、どうやら今週末はその山小屋には行けそうもない天気予報です。台風一過をわずかに期待してはいますが、命を懸けて強行するものでもありません。

 またの機会まで、居酒屋冷蔵庫に並べることにします。なんて言いながら、待てずに手を付けてしまうかもしれません。
 現時点では、宮城県の酒が4本、一関の酒(今回県境で飲むため)が1本、陳列されています。

 県の最高峰でも同名の酒を飲みたいところですが、鷲の尾の「巖鷲山」は今は製造されておらず、5000円で売っていた「巖鷲」もホームページには掲載されていません。毎回、いつもの酒屋で登る前に買おうと思っていたのですが、果たしてまだ残っているのかしら。

 そのままの名の純米酒も昨年には売っていましたが、最近は見かけません。

 欲しいと思ったらすぐに買うべきなのかもしれません。

画像

この記事へのコメント