大縦走は難しい

 岩手山50kmトレイルはさておくとしても、登山口と下山口が離れた縦走コースはなかなか実行しにくいものです。

 実例を挙げれば、
  須川高原~秣岳~須川岳~イワカガミ平
  夏油温泉~経塚山~焼石岳~つぶ沼・中沼・東成瀬
  岳~鶏頭山~早池峰山~剣ヶ峰~悠久の道
  西和賀~高下岳~和賀岳~薬師岳~真木渓谷
  
 未踏の夏油から経塚山に登るのも、西和賀から和賀岳に登るのも、長く険しいピストンではいまいち魅力に欠けます。タクシーを呼ぶにしても林道ははばかられますし、登山口と下山口が離れすぎています。

 車2台で行くとしても、2人だけでは退屈時間が長すぎます。そして、同行者の車を林道に持ち込む気にはなれません。遠くの山であれば、ガソリン代と高速代2台分とタクシー料金を比較することも必要になります。
 本来は山岳会でこのような縦走を企画すべきであり、多くの山岳会は年に何回かは実行しているものと思われます。しかし…ということです。

 9月の合宿が近づいてきました。盛岡に車を置いて公共交通を使って周回する予定ですが、料金計算(駐車料金、バス・JR運賃×2)をして、タクシーとの損得勘定(時間を買うことも含めて)もしなければなりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント