よい名称は?

 先日縦走した秋田駒ヶ岳・乳頭山から一般的な「裏岩手縦走路」に合流する雫石町と秋田県の県境を通る縦走路は、1961年の秋田国体のときに切り開かれたものであることが判明しました。あかりんと同じ年数、なんとか維持されているようです。

 裏岩手縦走路は、一般的には、畚岳から黒倉山までを指しているようです。大深岳までの北側が八幡平市と仙北市の県境であり、小畚山から黒倉山は八幡平市と雫石町の境で岩手県内です。

 勝手に、裏岩手縦走路・曲崎山ルートと呼んでいますが、正式な名称はあるのでしょうか。

 八幡平縦走路と書かれたものがあるらしいのですが、残念ながら的を射た名称ではありません。

 裏岩手あるいは八幡平県境縦走路ともありましたが、この名称であれば、畚岳から乳頭・秋田駒までの全体を含むことになり、一般的な裏岩手縦走路との重複や整合性が問題になりそうです。

 八幡平は両県の共有です。秋田駒ヶ岳の男女岳・男岳・女岳・小岳は秋田県ですが、全体としてとらえれば両県の共有と考えられます。両県をたてるとなると、長たらしくなりますが、八幡平・秋田駒縦走路、八幡平・秋田駒県境縦走路などが妥当と思われますが、裏岩手縦走路と重複します。国道が重複するのと同様で、問題はないのかもしれません。

 裏岩手縦走路・曲崎山ルートは悪い名称ではないと自負はしておりますが、秋田県へのリスペクトがありません。さらに長くなりますが、八幡平・秋田駒県境縦走路・曲崎山ルート(あるいは曲崎山区間)とすれば、どこを指しているのかが明確になります。長く手が入らなかった奥深い原生林ですので、さらに長く、八幡平・秋田駒県境原生林縦走路・曲崎山ルートとすれば、核心部分を指す名称になるものと思われます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント