陵雲荘・八幡平 2019年9月27-28日

 9月27日の午後から陵雲荘に入り、28日は八幡平から大沼に下る予定としました。28日の夜は御神坂登山口に泊まり、天気がよければ岩手山か滝ノ上温泉から乳頭山周回などを考えていました。様々なパターンを想定しましたので荷物満載です。

 八幡平ですので、鷲ノ尾を2本準備しました。1本はいつもの大更の酒屋で買いました。

 見返り峠の駐車場に入れました。セキュリティーと地元への投資ということで、最近は下の駐車場は使いません。岩手山も秋晴れのようです。

IMGP0002.jpg

 14時52分に出発です。プラケースに薪を入れ(背負子とプラケース合わせて15kg)、その上に同行者のザックを載せて、約30kgです。水を4.5L、4合瓶2本、トイレットペーパー3本などを詰めた私のザックが約20kgです。ずしりと重いですが、30分ほどの辛抱です。分割よりは1回のほうが楽でしょう。

IMGP0005.jpg

岩手山

IMGP0006.jpg

岩手山の左に早池峰山

IMGP0008.jpg

 すでに歩いた、秋田駒ヶ岳方面は遥か彼方です。

IMGP0009.jpg

 2週間前の大白森も見え、藪との格闘がよみがえります。

IMGP0010.jpg

ガマ沼

IMGP0011.jpg

八幡沼と陵雲荘

IMGP0012.jpg

IMGP0013.jpg

八幡沼と岩手山

IMGP0014.jpg

 25分ほどで陵雲荘に到着しました。誰もいませんでした。薪は、前回残りを使ってよいと言われた人のデポ箱に入れました。入っていたゴミは回収しました。

 まずは湿原の散歩です。

IMGP0016.jpg

IMGP0019.jpg

 鳴きまねしましたが、無視されました。

IMGP0020.jpg

IMGP0021.jpg

IMGP0022.jpg

IMGP0023.jpg

IMGP0027.jpg

 陵雲荘に戻ると、関東から来たKさん、やはり関東から来た中年ペアがやってきました。いつものように16時に酒が解禁となり、夕刊ラジオを聴きながら飲みました。今回同行者のメッセージが読まれました。

 途中からKさんが混じり、鷲ノ尾を振舞いました。七滝から登って、不動平、三ツ石山荘に泊まってきたとのこと。明日は昼過ぎのバスで下るとのことでしたので、一緒に大沼に下ることになりました。7月には八幡平・秋田駒県境縦走路を歩いたとのことで、この縦走路は地元よりも遠来の登山者のほうが多いのではないかと思われます。

 夕刻、薪ストーブを焚きました。持参した薪は2本だけ残りました。

IMGP0031.jpg

 その後の記憶はありません。

 4時頃にペアが起床し、ほどなく三ツ石方面に出発していきました。

 晴れわたっています。紅葉の岩手山にしておけばよかったかもと若干思いましたが、日程的に午後入りは非効率です。

IMGP0036.jpg

IMGP0037.jpg

IMGP0039.jpg

5時35分

IMGP0040.jpg

 6時に出発し、見返り峠の車に向かいます。

Kさん

IMGP0041.jpg

ナナカマド

IMGP0045.jpg

 畚岳は赤く染まっています。

IMGP0046.jpg

IMGP0047.jpg

IMGP0052.jpg

 下界は雲海です。

IMGP0049.jpg

IMGP0050.jpg

IMGP0053.jpg

 日帰り装備に交換して、6時33分に出発です。もうヘルメットにはまっています。

IMGP0055.jpg

IMGP0056.jpg

IMGP0058.jpg

 6時53分、八幡平山頂です。北側は、岩木山、八甲田・十和田連山、名久井岳などが霞んで見えました。

IMGP0059.jpg

八甲田・十和田方面

IMGP0060.jpg

IMGP0062.jpg

IMGP0063.jpg

名久井岳

IMGP0064.jpg

 大沼方面への道を下ります。

IMGP0065.jpg

 Kさんがチングルマの紅葉だと教えてくれました。

IMGP0066.jpg

 これを見ればわかりますが。

IMGP0067.jpg

 草の湯への分岐は7時28分です。田代口のバス停はなくなりました。

IMGP0069.jpg

藤助森方面

IMGP0070.jpg

IMGP0072.jpg

IMGP0071.jpg

 急な下りが始まります。

IMGP0073.jpg

IMGP0074.jpg

ブシ谷地(8時19分)

IMGP0075.jpg

IMGP0076.jpg

ツクバネソウの実

IMGP0078.jpg

ヤマアジサイ

IMGP0079.jpg

ツルリンドウ

IMGP0080.jpg

 8時56分、長沼です。

IMGP0081.jpg

IMGP0082.jpg

IMGP0083.jpg

IMGP0084.jpg

IMGP0087.jpg

IMGP0089.jpg

 黒っぽい魚がいました。

IMGP0090.jpg

 沼のほとりで手を叩くなり、ヤッホーと叫ぶなりしてみてください。結果はご自身で。

IMGP0093.jpg

IMGP0094.jpg

IMGP0095.jpg

マイヅルソウの実

IMGP0096.jpg

IMGP0098.jpg

大谷地

IMGP0099.jpg

IMGP0100.jpg

IMGP0104.jpg

IMGP0103.jpg

IMGP0105.jpg

 紅葉と女性の話をすると、Kさんが86の話を出し、男2人が敵に回りました。

IMGP0107.jpg

蒸の湯分岐

IMGP0109.jpg

IMGP0110.jpg

IMGP0112.jpg

赤川渡渉

IMGP0113.jpg

泥火山

IMGP0114.jpg

IMGP0116.jpg

 大沼のビジターセンターには10時14分、見返り峠から3時間41分でした。

IMGP0118.jpg

IMGP0119.jpg

IMGP0120.jpg

 11時18分のバスまで時間がありました。Kさんは大沼を1周してきました。

IMGP0123.jpg

IMGP0124.jpg

 バスで見返り峠に戻りました。Kさんはどうするか悩んだようですが、茶臼に登る気力はないというので、大更駅までお送りすることにしました。夜行バスで帰り、その前に盛岡駅付近の銭湯に行くようなことを言っておられました。西根のおらほの温泉(旧、ゲンデルランド)で入浴すれば、盛岡行きのバスが多数あることが判明しましたので、そこまでお送りしてお別れしました。

 ゲンデルランドは、元は岩手県北バスの営業所内に湧いた温泉とのことで、現在は経営者が違うようですが、その関係で今もバスが立ち寄るようです。これに関連して検索しましたが、昔は馬返し、焼走り、安比高原などにバスがあったようです。今年網張温泉のバスが廃止されました。理由は不明ですが、もっともっと利用しないと他の路線も…。遠くから来る人は、結構バスを利用しています。大深山荘の混雑はバスの時間と関係があると思われます。

 巣子で食料を買い、御神坂に向かいます。ちなみに国道沿いにあったユニバースが閉店し、奥まったところに系列のビッグハウスがあります。看板はありますが、通りすがりの人は気づきにくいと思われます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とおりすがり
2019年09月30日 20:53
関東からのKさん、もしかしたら26日の午後に私が姥倉山で逢った方でしょうか。25日は不動平に泊まり、26日は三ツ石に泊まると仰っていた方でした。間違って姥倉山から松川温泉方面に下り、途中で引き返して来たとのことでした。
あかりんだよ
2019年10月01日 06:51
道を間違った話は聞いていませんが、宿泊場所から同じ方と思われます。ひと回り上の方ですが、元気な方でペースも同じ以上?でした。
どこまで下ったのかは不明ですが、私なら松川温泉に下って、三ツ石山荘に登り返すかもしれません。
とおりすがり
2019年10月01日 20:33
年の頃はそれくらいの、かなり大きめのザックを背負った方でした。
確かに、私の場合も松川温泉に下って三ツ石に登り返したと思います。
ありがとうございました。