御神坂休憩所・三ツ石山 2019年9月28-29日

 買い出し後、御神坂登山口に向かいました。駐車場には数台の車がありました。そこそこには御神坂コースを登る人はいるようです。

 休憩所に泊まれそうなスペースがあり、泊まったという記事もありましたので、泊まるつもりでした。ダメならテントを張ろうと持参しました。
本来は鞍掛山の相の沢キャンプ場や網張温泉のキャンプ場を利用すべきなのかもしれませんが、多客時のキャンプ場は好むところではありません。

 なお、滝ノ上温泉の休憩所は、火気厳禁ですので、実質的には宿泊不可能ということでしょう。

 宿泊を規制する張り紙などもなく、泊まることにしました。室内はハエの死骸などで汚れていましたが、ほうきもちり取りもありませんでしたので、拭き掃除だけしかできませんでした。
 水は出ますが、飲めません。トイレは簡易水洗できれいでした。マットなどはありませんので、積んできた銀マットを使用しました。

 トイレ、室内ともセンサーライトがあり、スイッチはありません。夜中に煌々と点灯しては厄介ですので、人が来たら相談することとして、センサーに目張りしました。県道から見えますので、ペッパー警部がやってこないとも限りません。

 例によって飲み始めました。登山者が三々五々と下ってきました。東京からの2組はバスがなくなり、タクシーを呼んでいました。最終的に車は1台残りました。

 前日に食べきれなかった常温保存可能なセブンのおでんを食しました。何が入っているかわかりませんでしたので、タマゴが1個だったらケンカになるなどと言っていましたが、9種が2個ずつ入っていましたので、平穏でした。某大手スーパーで扱っている袋入りおでんはとんでもないのでやめましょう。セブンのものは普通におでんでした。

IMGP0125.jpg

 夜中から雨です。一時はかなり強く降りました。朝になってもまだ小雨が降っていました。この天気では岩手山も乳頭山も無理でしょう。雨なので早く行けば、紅葉の三ツ石山でも大丈夫だろうと考え、三ツ石山に雫石奥産道から登ることにしました。

 暗いうちに奥産道ゲートに向かいました。ゲートの手前で地熱掘削をしており、例年より駐車台数が減っているとのことです。ゲート前には3台目で到着しました。他の車も明るくなるのを待っているようです。

 明るくなった6時15分にレインウエアを着て出発しました。車は8台になり、誘導員さんがいました。

 少し進むと、崖崩れで狭くなっているところがありました。ときどき復活の話が出るらしい奥産道ですが、こうして崩壊していくのでしょうか。

IMGP0129.jpg

 いっとき、小高倉山が見えました。

IMGP0130.jpg

 雨の奥産道を歩きます。たいした距離でなくとも、早池峰同様に何とかならないのかと思ってしまいます。ショートカットを造るとか。

IMGP0131.jpg

IMGP0132.jpg

IMGP0133.jpg

 昨年三ツ石山荘からここまで水を汲みに来ましたが、涸れていました。

IMGP0135.jpg

 もう少し進むと、擁壁を流れ落ちる水がありましたが、靴洗い用です。

 登山道入口には6時48分、33分が長いかどうかはあなた次第。

IMGP0136.jpg

IMGP0137.jpg

IMGP0138.jpg

IMGP0139.jpg

 ぴょん吉がいました。

IMGP0142.jpg

IMGP0144.jpg

IMGP0146.jpg

 三ツ石山荘近くの水場は涸れていました。

IMGP0147.jpg

 7時25分、三ツ石山荘です。ゲートから1時間10分です。

IMGP0148.jpg

 山荘には誰もいませんでしたが、人がいたと思われる熱気がこもっていました。トイレが臭く、しばし換気しました。前室にゴミが入ったレジ袋がぶら下がっていました。帰りに持ち帰ることにしました。トイレットペーパーは全くありませんでした。

 しばらくすると、徐々に人が登ってきました。福井から25日に入ったという若者?は、玉川温泉~焼山~大深温泉(泊)~八幡平~三ツ石山荘(泊・Kさんと同じだったはず)~岩手山~平笠不動(泊)~網張温泉(泊)~三ツ石山荘とやってきて、これから大白森山荘まで行きたいと言っていました。無事に到着できたでしょうか。

 天気が回復しませんが、山頂に向かいました。

IMGP0150.jpg

IMGP0152.jpg

IMGP0155.jpg

IMGP0156.jpg

 山頂付近は紅葉していましたが、ガスがかかってあまり味わえませんでした。

IMGP0157.jpg

IMGP0158.jpg

IMGP0159.jpg

IMGP0160.jpg

IMGP0167.jpg

 大深山荘から縦走してきた人たちなど、結構な人になりました。それでも昨日よりはかなり少ないのでしょう。

IMGP0168.jpg

 山荘に戻ると満員で座る場所もありません。ランチはやめて下ることにしました。

IMGP0169.jpg

 途中、雫石の遭対協の人に会いました。いつだったか三ツ石山荘でお会いし、その後、早池峰山で再会しました。その後も多くの人が登ってきました。

 10時18分、ゲートに戻ると、車がたくさんになっていました。地熱掘削より奥には路上駐車もできますが(30台程度?)、それより手前では2km手前の駐車場以外は路上駐車できないようです。

 この後、滝ノ上温泉を偵察して帰途に着きました。滝ノ上温泉から三ツ石山に登っているらしき車は見当たりませんでした。三ツ石山荘まで1時間40分ですので、遠い駐車場から歩かされたり、渋滞でうんざりしたりするよりは、滝ノ上温泉から登るほうがよいかもしれません。晴れていれば多いのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント