金曜日に思う

 今週も金曜・土曜の山行パターンです。金曜日に山小屋からFMにメッセージを送るのを不思議に思う人もいるでしょうし、某管理員さんには、いったいいつ仕事をしているのかと言われたことがありますが、道義的にはさておき、労働者の権利的には全く法に反していません。

 3人で休日当番を「出来高制」で分担しなければならず、なるべく公平に、少しでも休みを多く、連休を多く、高齢の私には毎週1日は休みという難しい状況を打破するために、私が日曜日の当番をするときに、金曜日を代休(制度はないので年次有給休暇)にしているのです。他の2人は幼な子がいますので、金曜日を休むメリットはあまりありません。月に休日が9日あるなら、3日ずつ分担し、2回の金曜日を私の休みとすることで、休み(連休)を捻出している次第です。このようにかなり休んでも法定の年次有給休暇を消費しきれるものではありません。

 根本的な構造改革をせず、働き方改革などと言っていますが、公務員しかできないこと。私も公務員みたいなものですが、他の職種と違って、代休制度はなく、夜勤明けの職専免も、戦略を練り、押しが強くなければ取得できない状況です。年齢的に夜勤は免除されていますが、金曜日午後の職専免を取得するために木曜日に夜勤を月に1回しています。これで1人分の夜勤の負担が減っているので、一石二鳥のはずです。

 根本的には、365日24時間を2交代あるいは3交代でやるべき職種なのですが、都市部に偏在し、日勤だけして、果てはマスコミに登場して稼いでいる人たちをすべてシャッフルして働かせるような〇〇主義みたいなやり方をしない限り人数的にも無理な話です。国会議員を減らすのと同じように無理な既得権益の世界です。

 もっと休みが少ない方からは不愉快に思われるかもしれませんが、それぞれが法に反しない範囲で工夫するしかありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント