この三連休は秋晴れ?

 この3連休も変則的な休みです。このような状況から抜け出そうとして、現在湿地に片足が沈みかけている状態で、怒りの矛先があちこちを向いています。 どのみち今の城から放逐されることはほぼ確定していますので、これまで以上に労働者の権利を行使して、可能な限り有給休暇を使いまくります。とはいえ、同僚やお客様にできるだけ影響が及ばないようにはしなけ…
コメント:2

続きを読むread more

アメニティグッズ

 善悪はさておき、田代平山荘には1つもハンガーがありませんでしたので、針金ハンガーを4つ寄贈してきました。うすゆき山荘にもしゃくなげ荘にも、多くの山小屋にあるアメニティグッズです。  さっそく、日帰りで来た人が使っていました。  下界のアメニティをそのまま持ち込むのは問題ですが、ハンガー位はあってもよいでしょう。  田代平山荘には…
コメント:0

続きを読むread more

田代平山荘・乳頭山(孫六・黒湯) 2019年10月26-27日

 3週間ぶりに田代平山荘に向かいました。ぬくぬく過ごすことをもくろみ、灯油4.5L、日本酒8合強を持ちます。登山道わきの湧水が得られそうですので、そのまま飲める水は2Lほどにしました。ザックは24kgほどになりましたが、22日の三ツ石薪運びよりは軽くなりました。  滝ノ上温泉からの周回が同行者未踏ですが、孤立の不安、そしてミッション実…
コメント:0

続きを読むread more

晴れるのは午後から

 ガスと風です。雨は一応やみました。  先日の台風の影響かどうかはわかりませんが、田代平山荘の外壁が数枚剥がれ落ちていました。釘を持参していましたので補修しました。  外壁は夏に塗装したようですが、朽ち始めています。根治療法が必要なのでしょう。
コメント:0

続きを読むread more

あれこれ考えても実行はします

 日曜日に若干の晴れ間があるようですが、不要不急の外出を避けるべきレベルの予報になっているところもあります。  当初は距離が長くなりますが、同行者未踏のコースでの周回を考えていました。しかしその登山口は、過去の豪雨で壊滅的な被害を受け、人が住まない地区になってしまいました。またしばしばそこに至る県道が通行止めになります。さらに奥にある…
コメント:0

続きを読むread more

重荷は訓練になるのか

 学生時代にはボッカ訓練と称して、重いキスリングを背負って、大学の非常階段を登ったものです。  22日は日帰りでしたが、29キロを背負って1時間半ほど歩きました。幸い後遺症はありません。たぶん。  今週末の荷物を詰めてみると、命の水が2.2L、水は汲みに行くので2L、魔法の水3.6L、登山道具などで23キロになりました。2時間以内で…
コメント:0

続きを読むread more

またまた悪天候の週末

 今週末は土日ですが、また悪い天気予報です。土曜が曇り・雨、日曜が秋田は曇り・雨、岩手が曇り・晴れとなっています。県境を予定していますので、中間をとることにします。  今回はあまり高いところに車では行きませんが、昨年は10月30日に積雪で八幡平の山岳道路が通行止めになり、やきもきしました。それでもなんとか冬眠直前の陵雲荘に泊まりに行く…
コメント:0

続きを読むread more

太田薬師 407.2m 2019年10月22日

 太田薬師には2013年6月に箱ヶ森と一緒に登っています。13時過ぎですが、まだ雨が降っていませんので登ることにしました。地図と実際の道が一致しておらず、神楽殿にたどり着くまでリンゴ畑をさまよいました。リンゴ泥棒と怪しまれないようにしなければなりません。  神楽殿近くの鳥居から歩き始めます。元は車が走れたものと思われます。 …
コメント:0

続きを読むread more

燧堀山 466.6m 2019年10月22日

 燧堀山(かどほりやま・かとほりやま)には2013年9月にも登っています。地図に道は記載されていませんが、道がある地元では知られたマイナーな山です。466.7mですが、山麓の標高が345mです。比高120mしかありませんが、独立峰に見えます。  別荘地に入り、給水塔のわきによく見ないとわからないような登山口があります。  先ほど…
コメント:0

続きを読むread more

三ツ石山(また薪運び) 2019年10月22日

 順延になっていた薪運びです。今回は合わせて25kgほどを運びます。午後から雨の予報ですので、雫石奥産道からです。まだ他に車はありません。6時32分に出発です。 いつもの光景  先日より紅葉は進んでいます。  急登途中の展望所からです。  水場は水量が減っていました。昨年秋は涸れていましたので要注意で…
コメント:0

続きを読むread more

山頂で万歳

 今日は山頂で即位の万歳をしてきました。思想は全くなく、お調子者なだけです。しかし万歳しない者は本日休む資格はありません。  最初は2人で薪を25キロほど担いで三ツ石です。29キロの背負子と20キロのザックはこたえました。また雫石の遭対協のTさんとお会いしました。  その後、燧堀山と太田薬師に登りました。たぶんどちらの山頂でも万歳し…
コメント:0

続きを読むread more

明日も曇り・雨

 週末の悪天候続きで、これまで続けられた毎週登山が危機的になっています。登山とは言い難い水晶山でお茶を濁し、その後に平日の三ツ石山でなんとか維持しました。先週は陵雲荘に泊まりましたが、山頂は踏んでいません。天候的には不可能でなかったので往復10分を惜しまなければよかったと悔やまれます。明日22日の突然の祝日でリカバリーできると思っていま…
コメント:0

続きを読むread more

陵雲荘 2019年10月18-19日

 一晩分の薪を担いで陵雲荘に泊まり、19日に三ツ石山荘に薪をまた運ぶ予定にしていました。18日は晴れですが、19日の未明から大雨の予報です。15日からアスピーテライン・樹海ラインの夜間通行止めが始まっており、雨でなく雪になれば、日中もそのまま通行止めになる可能性があります。そんなときに陵雲荘に泊まるのはとんでもないことでしょうが、藤七温…
コメント:0

続きを読むread more

開通待ち

 夜半から風雨の予報でしたが、藤七温泉に宿泊者がいるのを確認したうえで陵雲荘に入りました。もちろん阿呆はひとりだけ。昨日は16時頃まではかなりの人が散策していました。  風雨ですが、朝6時の時点で通行止めにはしないとのことで一安心です。  さすがに三ツ石への薪運びは無理でしょう。  今回、薪をあまり使わなかったので、寄贈してき…
コメント:0

続きを読むread more

ある阿呆の1日

 もしかしたら雪で日中も通行止めになるかとわかっていながら陵雲荘です。もちろん今はひとり。  藤七温泉に宿泊している人がいるのでなんとかなるでしょう。  あはうと言われようと、あかりんはあかりん。  上記のエスケープルートがあるからこその断行です。
コメント:0

続きを読むread more

冬眠日が決まる

 今年の山岳道路の冬眠日が昨日公表されました。  国道342号線(須川温泉) 11月5日 国道397号線(平七沼) 11月5日 国道397号線(尿前) 11月15日 県道25号線(岳) 11月8日 県道122号線(夏油温泉) 11月11日 県道193号線(赤坂峠) 1月4日 県道202号線(滝ノ上温泉) 11月8日 県道212号線(雫…
コメント:0

続きを読むread more

また雨ですが

 今週末は今日の午後と土曜日のパターンですが、メインの土曜日が雨の予報です。もう一度、三ツ石山荘に薪を運ぼうと思っていましたが、今日は時間的に無理です。泊まるつもりで薪を運べば、16日に運んだ分も含めて消費してしまいますので無意味です。明日、小雨ならば運ぼうとは思っていますが、どうなるかはわかりません。  今日は今晩の分の薪を担いで某…
コメント:0

続きを読むread more

三ツ石山(薪運び) 2019年10月16日

 平日ですが、有給休暇消費のために三ツ石山荘に薪運びをしました。ザックに15kgほどを詰めました。背負子よりは背負いやすいですが、かなりの重さで、しかも薪の角でザックが破れる可能性があります。  平日で、紅葉も終わりましたので奥産道ゲートには車はありませんでした。8時38分に出発です。相変わらずうっとうしい看板たちです。もう少しスマー…
コメント:0

続きを読むread more

国立公園といっても

 何かのオンライン記事に、国立公園の管理が民間任せというようなことが書かれていました。これまで現地で見聞きしてきた状況から、言っていることはよくわかります。  ただ今回の記事では、有料の山小屋に物資が運べなくなったことを引き合いに出していましたので、若干の違和感は覚えました。民間経営でも避難小屋として公的な役目も担っているというのはわ…
コメント:0

続きを読むread more

うすゆき山荘 2019年10月13-14日

 昼前にうすゆき山荘に行きましたが、帰る途中から晴れてきました。14日は当番ですが、早く帰っても寝て飲むだけですので、戻ってきて泊まろうという気になりました。同行者を新花巻で降ろしてという選択肢もありましたが、ダイヤが乱れていそうですし、黙って一関に戻りました。  シャワーを浴び、洗濯をし、14時前に出発しました。バカの極みですが、や…
コメント:0

続きを読むread more

水晶山 548.8m 2019年10月13日

 尾去沢鉱山を見学の後、水晶山(すいしょうやま・ざん)に登ることにしました。地図では山頂まで車道があるようです。山頂にはアンテナが林立しています。  鉱山資料館の坑道の模型では水晶山にも坑道が及んでいたようです。  スキー場までは舗装道路で、その先は未舗装でしたが、通行規制はありませんでした。山頂には神社があり、アンテナがいくつ…
コメント:0

続きを読むread more

不要不急ですが

 台風の被害を受けた方には申し訳ありませんが、安全そうな経路で不要不急の旅をしています。  金曜の夜に出て、その日は宿に。土曜の朝に御神坂休憩所の清掃をしました。床に染みついた汚い点々を拭き取り、窓枠もきれいにしました。 場所的に暴風雨でも大丈夫そうですが、避難勧告が出たら泊まっているわけにはいきません。夕方に雫石町にやはり避難勧告が…
コメント:0

続きを読むread more

期待薄でも

 台風の情況は変わらないようです。若干速度が遅くなったくらいでしょうか。台風については、「それてくれ」とか「遅くなってくれ」などという表現は批判を受けかねません。「早く通り過ぎてくれ」、ありえないでしょうが「消えてくれ」以外は。  13日3時の推定位置からは、12日中ならば暴風雨ではない可能性がまだ期待できますが、常識的には山に行こう…
コメント:0

続きを読むread more

三連休は厳しいかも

 この三連休は土日が休みで、一応予定は立てていますが、土日に台風直撃、月(祝)が台風一過となりそうな予報です。過日書いたように、暦通りの休みではありませんので、簡単に土日を日月に変更するということはできません。こういう状況が結構ストレスで、闘争して(逃走しようとして?)いるのですが、吉と出るか凶と出るか、ここ1ヵ月が正念場です。  予…
コメント:0

続きを読むread more

YAMAPでエゴサーチ?

 YAMAPには投稿はしていませんが、同じ日に登った記録を探してみると、あのあたりで会った人だろうとか、はっきりと記憶がある人のものがあるものです。  今回の乳頭山では、ある人の記録には毛布を干しているあかりんの姿が写っていました。山頂から田代平まで一緒だった同年代?の単独女性の記録には、「ボランティアのお兄さんとお姉さんが」と書…
コメント:0

続きを読むread more

孫六コースへ行かれるなら

 孫六コースの木道の釘が何本も抜けかけていました。引っかけたら危険です。今回ハンマーを持参しなかったので、1本だけ折れた太い枝で叩きましたが少ししか進みませんでした。  状況からみて、叩き込んでもまた抜けてきそうな気がしますが、もし孫六コースに行かれる方で、余裕がありますなら、ハンマー持参で叩いてきてくださいませ。  なんて書きなが…
コメント:0

続きを読むread more

乳頭山(孫六・田代平山荘・蟹場) 2019年10月6日

 小白森山荘のストーブ、田代平山荘のトイレの現況を管理者の秋田県自然保護課に伝え、整備への協力を申し出たところ、田代平山荘のトイレ整備への快諾が得られました。思い立ったら即実行がポリシーですので、6時発の日帰りですが、さっそく行ってきました。  トイレットペーパーホルダー2個、100m巻き12巻、小バケツ、トイレマジックリン、ブラシ、…
コメント:0

続きを読むread more

田代平山荘・トイレ整備

 秋田県自然保護課の了解を得て、田代平山荘のトイレ整備をしてきました。孫六から登り、10時前には着きました。  7月に寄贈したトイレットペーパーは半分残っていました。しかしトイレにはゴミがレジ袋に入れて吊るされていました。  両方のトイレにペーパーホルダーを設置しました。前回の簡易ホルダーも使われていましたので、ペーパーとホルダーは…
コメント:0

続きを読むread more

余波を食らう

 過日国が公表したものの影響で、さっそく殿様からの指令がありました。最初の指令を受け入れれば、「あかりんの〇〇低山奇行」となりかねないところでしたが、条件的に承諾しかねました。  現在迷走中ですが、〇〇は変わらないまま、生息地は変わることになりそうです。しばらく不眠と頭痛に悩まされる日々が続きます。  しかし影響も考えずに実名を公表…
コメント:0

続きを読むread more

暦通りが楽か

 暦通りに休めるならば、人の顔色を窺いながら、あれこれ腐心することもないのでしょう。世の中にはもっと条件が悪い職種の人もおられますので、まだマシでしょうが、とある職種(よく批判される種別)なら暦通りに休め、休日出勤があれば必ず代休が与えられます。私も一応とある職種に含まれますが、職務の特性上、なかなか代休を取りにくいものです。可及的に希…
コメント:0

続きを読むread more

薪運ブベキ山

 私でも初冬・残雪期に行けそうなストーブがある山小屋としては、大沢小屋、登奈孝志荘、しゃくなげ荘、あすなろ山荘、うすゆき山荘、遠島山荘、大開平避難小屋、名久井岳休憩所(以上は厳冬期も可)、田代平山荘、三ツ石山荘、銀明水避難小屋(以上は厳冬期無理)などでしょうか。  いつどこに行くかはまだ決めていませんが、山岳道路が冬眠する前に薪や灯油…
コメント:0

続きを読むread more