汚水の処理

 食材や調理により出た残り汁は原則として空いたペットボトルに入れて持ち帰っています。この件は、以前にyou can radioの柳さんが言及していました。どのくらいの人が同じようにしているかは不明です。外にまき散らすのは論外ですが、トイレなら構わないという人はきっといるはずです。多少の固形物が混入していたとしても、不消化便と同じだと言われればそれまで?
 トイレに流している人に注意したとして、なぜだと反論されたときに、環境負荷が増えるとくらいしか論理的な説明はできず、あとは常識だとかマナーだとかということになってしまいそうです。

 山では歯磨きはしないことにしていますが、外に吐出している光景もよく見かけます。

 昔は普通に野糞をしていましたが、携帯トイレがわずかながらも浸透し始めてからは、規制がなくてもトイレがない山小屋では携帯トイレを使用するようになりました。過日田代平山荘で会った人が、どこかの山小屋ではスコップで掘って埋めると言っていましたが、掘れば出てきそうです。

 規則でがんじがらめにする必要はないと思いますが、正しい側が、常識、マナー、育ちの問題などと上から目線の言い方でなく、ある程度のガイドラインのようなものを作って啓蒙していくことも必要なのではないかと。排便に関しては、やむを得ない場合には埋めて紙は持ち帰るとか、沢の近くは禁止とか、許容範囲を決めるなどはすべきでしょう。一切禁止というのは、長期のテント泊などではまず不可能なはずです。

 ガイドライン作成に当たっては、うんこが自然に還るかどうかという科学的な立証も必要かもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント