今年ももうすぐ終わり

 31日の18時から2日の6時まで当番ですので、山小屋で年越しをすることはできません。「家族持ち」ではないので、なるべくこういう役目を引き受け、それ以外のときに休むことにしてきました。  この当番の時間(36時間)は、落ち着かず、食事に出る気もあまりおきず、空腹に耐えながら布団にこもっていることもしばしばです。  仙台の家には、30…
コメント:0

続きを読むread more

金峰山(横手市) 450m 2019年12月29日

 真人山の北側にある金峰山(きんぽうざん)は明沢岳(あけさわだけ)とも呼ばれ、登山道があるようです。その場で発見した山ですが、登ってみることにしました。 ばりこさんの本に掲載されていましたが、読んでいませんでした。  フルーツライン沿いの登山口が発見できず、東側から登ることにしました。「ゆっぷる」のところから金峰山の北側の道に入る…
コメント:0

続きを読むread more

真人山(横手市) 390.4m 2019年12月29日

 横手市増田町にある真人山(まとやま・まとうやま)は低い山ですが、横手盆地にもっこり浮かぶ存在感のある山です。東山や蟻巣山に登るために何度か山麓を通っており、気になっていました。今回、天気はよくなったのですが、地酒三昧の前夜の影響もあり、難儀しそうな南郷岳や東鳥海山はやめて、真人山に登ることにしました。 真人山  西側の真人…
コメント:0

続きを読むread more

御嶽山(湯沢市) 317.7m 2019年12月28日

 ハリマ小屋から下り、横手市に向かって北上しました。28日、29日には真人山、南郷岳などを予定にはしていました。途中、東鳥海山の登山口を偵察しましたが、この時期に登るのは大変そうなので残雪期以降に登ることにします。学生時代にはGWに三関駅から歩いて登っています。  佐藤養助商店(湯沢店)で稲庭うどんを食した後、地図で発見した御嶽山(み…
コメント:0

続きを読むread more

ハリマ小屋 2019年12月27-28日

 宮城県と山形県の境にある翁山(おきなさん)は翁峠とも呼ばれましたが、現在の地図では翁山になっています。学生時代(昭和59年6月)に登り、そのとき営林署の作業小屋のようなところに泊まりました。そこまでバイクで登っています。その場所に現在のハリマ小屋があるのかどうかは不明ですが、たぶんほぼ同じ位置ではないかと勝手に推測しています。蛇口から…
コメント:0

続きを読むread more

真人山に登ったので

 昨日は湯沢の御嶽山、今日は横手の真人山と金峰山に登りました。市街地に近い低山ながら、結構雪があり、プチ雪山を満喫できました。  反省会は真人(まなびと)。読み方は違いますが、真人山と関係はある、増田町の酒です。
コメント:0

続きを読むread more

しゃくなげ荘・五葉山 2019年12月21-22日

 山開き以来、同行者は泊っていないしゃくなげ荘に行こうということになりました。当初は22日は早く下って、別の山に行く予定でしたが、管理員さんから22日に煙突の整備をするので可能なら手伝ってとのことで、ゆったり山行になりました。  2017年12月の同時期に旧しゃくなげ荘は大混雑でしたので、今回も混雑が予想され、早く登って場所を確保しよ…
コメント:2

続きを読むread more

またしゃくなげ荘です

 先週に引き続きしゃくなげ荘です。管理員さんからストーブの煙突が壊れていて使えないかもしれないと言われましたが、無事に燃えています。  これから少なくとも6人は泊まるとのことです。  雪はほとんどありません。
コメント:0

続きを読むread more

走り過ぎが元凶

 2年3ヶ月あまりで64000kmを超え、なんとなくあちこちガタピシしてきたようです。この調子ではこれまでの車と同様に、4年目くらいで大病を患うことになりそうです。オイル交換(多少遅れることはしばしば)と定期点検のみで、洗車もほとんどせず(ディーラーでのサービス以外は年3回程度)、林道を走り、高速を「走り」、月間コンスタントに2300k…
コメント:0

続きを読むread more

残っていた7

 仙台の自宅のパソコンは妻がたまに使う程度で、私はもはやほとんど使っていませんでした。たぶん年賀状作成のために使った妻が、サポート終了のアラートを見て、連絡してきました。Windows 7だったことなど、すっかり忘れていました。  妻がたまに使う程度ですが、スマホではやりにくい検索には使うようですので、ネットにつなげなければなりません…
コメント:0

続きを読むread more

今年は130山

 毎週登山を達成してきましたが、今年は現時点で129山です。昔のように1日に低山をいくつも登っていたころとは様相が違います。普通の人(ではない)が、労働者の権利を可能な範囲で行使し、多少の悪天候もなにやら理由をつけて登れば、最大限でこの数程度ということでしょうか。 ダントツ1位が、五葉山の11回です。1月2回、3月2回、4月3回、7月1…
コメント:0

続きを読むread more

偵察しても刻々と変化

 一昨年の冬には、12月16日に単身で偵察をし、12月23-24日に冬山初心者を連れて登りました。偵察でツボ足で大丈夫だと判断しましたが、1週後はスノーシューがあったほうがよい状況で、ツボ足でズボズボはまりながら進みました。  今回は裏側からの偵察ですが、表側から登ってきた人は全員がツボ足でした。これなら翌週もツボ足で済むかもと思いま…
コメント:0

続きを読むread more

あすなろ山荘・五葉山(大松コース・桧山コース) 2019年12月13-14日

 五葉山の大松コースは倒木で通れないということになっていますが、通れなくもないという情報もあります。上から下るのは危険ですので、あすなろ山荘から廃林道(五葉山周回林道の一部か)を通って、大松コースの途中に入ることにしました。あすなろ山荘から愛染山に登ったときに、この林道は鞍部まで達していないことがわかっていましたが、探すか、藪こぎをする…
コメント:3

続きを読むread more

なかったら大変

 今宵の宿には久しぶりに行きます。薪ストーブがありますが、筐体に穴が開いており、今年1月に泊まった後に管理者の町に伝えてあります。調査して検討するとのことでしたが、交換されているか、あるいはそのままならよいのですが、撤去や使用禁止となっていたら凍えることになります。  それほど利用者はいないと思いますが、例年はそこそこに薪のストックが…
コメント:0

続きを読むread more

あと6.5日

 今年の山行日も残すところ6.5日になりました。宿泊は最大4泊です。  比較的容易に行けて、ストーブがある山小屋は県内では北から、O、T、K、U、A、S、O、H、Tでしょうか。このうちK山荘は原則1か月前の予約、H荘は一般開放されていません。  いずれにしても、これらの山小屋をベースにして登る未踏コースはほとんど残っていませんので、…
コメント:0

続きを読むread more

羽黒山 289.5m・羽山 599.5m 2019年12月8日

 和賀三山とされる月山、湯殿山(羽山)、羽黒山です。月山には2014年11月と2019年8月、羽山には2013年5月と2019年11月、羽山から羽黒山への縦走を2013年5月にしています。 12月7日の朝に和賀スキー場(2011年閉鎖)まで来ましたが、視界がなく断念しました。8日はまあまあの天気のようですので、山岳会の忘年会の翌日ですが…
コメント:0

続きを読むread more

飯豊森 131.2m 2019年12月7日

 飯豊森(いいとよもり)には2012年8月に登っています。地図に名前がありますので、一応山です。実際は鎮守の森です。 三角点  「三角点」となっていた青白プレートは見当たりませんでした。  今回、女山に行くのを忘れました。 GPS軌跡 飯豊森
コメント:0

続きを読むread more

赤林山 855m 2019年12月7日

 赤林山には、2013年7月にも登っています。雪の状況はわかりませんが、登ってみることにしました。可能ならば箱ヶ森まで足を延ばすことも考えていました。赤林山と箱ヶ森の鞍部に至る道もあるようですが、未踏ですのでいきなり冬はやめました。  矢巾温泉から登ります。登山口のトイレは閉鎖されています。  スノーシューを持ち、8時1分に出発です…
コメント:0

続きを読むread more

大沢小屋 2019年12月5-6日

 12月6日に大沢小屋の薪作りのお手伝いを管理員さんに頼まれました。5日の仕事が終わってから、大沢小屋に入りました。ヘッドランプとハンドライトで照らしても踏み跡や赤テープを見落とし、多少迷いました。夜の山道は容易ではありません。  若干の薪を持参しましたので、薪ストーブを焚き、遅い時間から飲み食いしました。浜千鳥・ゆめほなみを飲み干し…
コメント:0

続きを読むread more

羽山で雪中行軍

 今日はとっても大変でした。羽黒山までも深い雪でしたが、50分で到達しました。羽黒山は標高約300m、当然標高600mの羽山はさらに雪は深いでしょうが、決行しました。ズボズボはまりながらもなんとか進みましたが、羽山の東の急登は難儀しました。引き返すわけにもいかず、羽黒山から3時間50分かかってたどり着きました。同行者の生気は失せていまし…
コメント:0

続きを読むread more

大沢小屋に到着

 20時頃に大沢小屋に着きました。何度も歩いた道ですが、夜は方向感覚がおかしくなり、迷いました。  慣れない人はくれぐれも真似をしないでください。  明日は集合時間前に右俣を詰めてみます。
コメント:0

続きを読むread more

奇行はいつまで?

 今週も若干の奇行を予定しています。予想が当たった方は、あかりんの行動パターンを熟知した、あかりん学のカテゴリーマスターに認定します。  これまでの奇行はキリがありませんが、いくつかの実例は。  同行者を一関に送り届けてからうすゆき山荘に舞い戻り、朝帰り。  山開きの前日から山小屋に泊まり、朝に下ってきて山開きの人たちと登り返す。…
コメント:0

続きを読むread more

こうして雪は深くなる

 仙台から朝に戻ってくると、一関はうっすらと雪化粧しています。  毎年のことですが、およその計画を立てても、日ごと、週ごとに山の積雪は増えていき、計画通りにいかなくなってしまいます。  金曜日の山小屋整備は問題なさそうですが、土日に予定している内陸部の600m級の山は、登れないことはないでしょうが、苦労しそうな予感です。最寄りの国道…
コメント:0

続きを読むread more

早い寿命か

 混雑のピークを過ぎましたので、3シーズン目で13ヶ月ほど履いたスタッドレスタイヤを新調しました。そんなに早くと思われるでしょうが、月間走行距離が2300~2400kmで、高速道路の走行も多いため、ほぼスタッドレスタイヤとしての寿命を迎えています。  来年度は生活スタイル・山行スタイルが変わり、場所によっては往復プラス2時間、帰省する…
コメント:0

続きを読むread more

矢尽山 576.9m 2019年11月30日

 30日は午前中に山岳会で所有の山小屋の清掃がありました。その後にどこかには登らないとなりませんので、矢尽山(やつくしやま)に奥州湖眺望台から登ることにしました。2014年5月にひめかゆスキー場から矢尽山と媚山に登っています。  集合時間より早く着きましたのであちこち偵察したりしました。 尿前渓谷橋から矢尽山 胆沢ダム…
コメント:0

続きを読むread more