中甲子三角点 850.1m・五葉山 2020年4月29日

 赤坂峠の南側に名前のない800m級の山々が連なっています。しゃくなげ荘からはこの山に道があるのが見えます。管理員さんによると、赤坂峠から笠詰山まで防火帯を利用した道があり、刈り払いもしているとのことです。また沼もあるとのことです。今回、三角点(三等・中甲子)まで行ってみることにしました。  Googleの航空写真では、釜石寄りに道が…
コメント:0

続きを読むread more

氷上山・祈祷ヶ原刈り払い 2020年4月26日

 前日に引き続いて氷上山です。  花が増えました。  しかしニッコウネコノメソウはことごとく盗掘されていました。悲しい限りです。  5人で祈祷ヶ原の刈り払いをし、すっきりしました。山が荒廃することと、自粛という名のもとに安全と思われる山にも行かないことを天秤にかけるのは難しいところです。  もちろ…
コメント:0

続きを読むread more

氷上山・登奈孝志荘整備 2020年4月25日

 過日、補修用の資材を運びましたので、予定していた作業をしました。  途中、登山道をふさぐ倒木があり、処理しました。この先、登山道が荒れることが予想されます。  前回敷きつめたダンボールはすっかり湿気を帯びていました。  朽ちて汚い壁との間に隔壁を4室に設置が完了しました。多少は隙間風対策になるでしょうし、汚いところが見えなく…
コメント:0

続きを読むread more

県の対応は?

 できる場所への集中や渋滞でサーフィンが問題視され、サーフィン連盟が自粛要請を出しています。登山についても、やはり日本山岳協会などが自粛要請を出しています。  今日の河北新報によると、宮城県は「サーフィン連盟の自粛要請も受けて、駐車場は閉鎖しているが、サーフィン自体の自粛をもとめてはいない」というようなコメントをしています。 県とサー…
コメント:0

続きを読むread more

山菜採りならいいの?

 さきほど県道122号線の開通のニュースをやっていました。インタビューに応じた人は土木センターの職員と思われ、県職員(あるいは関連職員)でしょう。 「開通したので、山菜採り」などと言っていました。県では不要不急の外出自粛を求めています。また登山は山岳会などが自粛要請をしています。  三密という点では、山菜採りも登山も大差ありません。し…
コメント:3

続きを読むread more

YAMAPで生存確認

 この時期にYAMAPなどへの投稿は問題もありそうですが、昨日の投稿記事で、昨年某所に設置した迂回矢印の標識が健在であることが確認できました。無事か気になっていましたので助かりました。  まさにエゴサーチですが、YAMAPの記事には雪だるまがかなりの頻度で登場しています。同行者が小さく写りこんでいる写真もありました。文面に登場している…
コメント:0

続きを読むread more

それは秘密です

 登山自粛については、ホリエモンが否定的なコメントを出しています。ごもっともですが、突っ込まれやすいコメントでした。  人との接触をさければよい、人があまり行かない山ならよい、山までの交通手段を考えればよいなど、スーパーよりは格段に安全でしょう。山に行きたい人が考えそうなことです。もちろんあかりんを含みます。  他人は感染しているか…
コメント:0

続きを読むread more

やはり起きてます

 仙台ナンバーのまま岩手県に住んでいることの是非は別として、やはり他県ナンバーの車に対する嫌がらせ、さらには犯罪行為(器物損壊)が報道され始めました。電光掲示板に掲示された頃から予想していましたので、きわめて想定内です。  実際に県境を越えて疎開してくる車もあるのでしょうが、様々な理由で他県ナンバーのまま住んでいる人がいるのはごく普通…
コメント:0

続きを読むread more

勧誘始まる

 最近Microsoft 365の勧誘が始まったようです。これまで無料版のWord、Excel、Outlookなどを使ってきましたが、別に困ることはありませんでした。ただOne Driveが有効になっているのかどうかなど気味が悪い部分はあります。自分の保存データがクラウドに存在するかどうか確認しようとして、かえってデータが昇天しかけたこ…
コメント:0

続きを読むread more

巨大トンネルはなくなるでしょう

 コロナに関連して先が見えない鬱々とした気分ですが、1つうれしい可能性が判明しました。もちろん報道などにはあがりませんが(日本学術会議は見送り決定・今年2月)、道路沿いの誘致看板がむなしく映りました。  さすがに、あの巨大トンネル誘致の話はもはや完全に終わりでしょう。経済効果も不明な巨大なおもちゃ。あんなものに金を出すなら、自粛を強い…
コメント:0

続きを読むread more

某山小屋泊・銀明水まで 2020年4月18-19日

 不要不急の外出は自粛とされますが、規制されないスーパーマーケットや飲食店よりは格段に安全と思われる場所を選択しました。不要不急は家にいるべきという精神論のようなものに全面的に同調する気はありません。  所属する山岳会が所有する山小屋は一般開放しておらず、また山岳会員でも泊まる人は近年は稀有のようです。まず同宿者はいないはずです。会員…
コメント:0

続きを読むread more

先が見通せない闇に

 ついに闇に突入しました。20日間とは言っていますが、5~10年という説もあります。全く先が見通せません。  おとなしく家にいればいいだけのことでしょうが、現在の岩手県の状況ではまだおとなしく引きこもる気にはなれません。なにか抜け道がないかと模索してはいますが、「外出自粛」あるいは「不要不急」の4文字ですべてが詭弁となってしまいます。…
コメント:0

続きを読むread more

資材運び

 今週末は天気が悪く、問題なく泊まることができる山小屋は極めて限られています。氷上山の登奈孝志荘にしても、市の管理のようですので、状況によっては自粛対象になりかねません。  日帰りで作業をすることにしても、事前に資材を運んでおいたほうがよさそうと判断しました。放課後にするか朝飯前にするか悩みました。どちらもメリットとデメリットがありま…
コメント:0

続きを読むread more

地元紙に出ました

 地元紙(東海新報)に、ニッコウネコノメソウの盗掘の件を情報提供したところ、今朝の新聞に掲載されました。諸般の事情で匿名です。  「老朽化した山小屋の修理やゴミ拾いなどのボランティア活動」をしている人と紹介され、市にも取材したようですので、氷上山そして登奈孝志荘の環境整備へ多少のプラスとなることを期待したいと思います。
コメント:0

続きを読むread more

山小屋も自粛モードに

 五葉山の山開きは関係者のみでの神事となりました。またしゃくなげ荘は、必要最小限の利用、緊急時以外の宿泊は自粛ということになったようです(14日の東海新報)。赤坂峠のみに掲示される可能性がありますので、ご注意ください。  他の山小屋も同様とは思われますが、気密性の点ではしゃくなげ荘は最高レベルですので、当然のことと思われます。  気…
コメント:0

続きを読むread more

やはり管理者が主導を

 行政というのはなかなか動いてくれないことが多いようですので、あまり大きな支障がない範囲で、常識的な範囲で、私費を投じて登奈孝志荘の整備を行っています。山開きが中止になりましたので、刈り払いや依頼していたゴミを降ろしてくれないかもしれません。  細心の注意を払っていますが、寄付した薪ストーブの設置不良や床などの不具合で人さまに危害が及…
コメント:0

続きを読むread more

氷上山・登奈孝志荘整備の続き 2020年4月11-12日

 岩手県だけが感染者0人という状況ですが、本来は全国民が不要不急の外出を控えなければならないのでしょう。しかしとてもGW明けまで耐えられませんので、状況がさらに悪化しないうちに、三密には該当しないと思われる氷上山・登奈孝志荘に行くことにしました。当初は別の山を考えていましたが、メジャーな山や山小屋は多少のリスクがありそうですので、やめま…
コメント:0

続きを読むread more

復興を感じる朝

 朝にも氷上山の山頂へ。静かな海に復興を感じました。  途中、古い空き缶を袋いっぱい拾いました。ゴミはしないでください。  ネコノメソウが盗掘されているようです。山で見てこそ山野草です。
コメント:0

続きを読むread more

不要不急か氷上山

 氷上山です。結構人がいました。各人がどういう判断かはわかりません。  床の補修はほぼ計画通りにいきましたが、1人では困難だったと思われます。二重窓を補強し、もう1つの二重窓も取り付けました。  トイレ掃除もしました。
コメント:0

続きを読むread more

まず地元を知ることから

 陸前高田に赴任して10日たちます。コロナウイルスで重い気持ちでのスタートです。  一関でもそうでしたが、これからお付き合いしていく方々がどこからやってきて、そこはどのような土地なのかを知るように努力しています。高田や大船渡は登山で何度も来てはいますが、やはりこれまではほとんど通過点でした。  住所を見て地図で確認したり、実際にその…
コメント:0

続きを読むread more

合体

 背負いにくく、長い時間(1時間が限度)は背負えなかった安物の背負子が、今はほとんど使っていないザックと合体しました。どちらも本体は切り裂いたりしていません。ベルトなどを工夫して強固に合体させました。天蓋が小物入れとしても使えそうです。若干重くなりましたが、背負い心地は改善し、使い勝手も向上しそうです。もっともザック自体が安物ですので、…
コメント:0

続きを読むread more

修復資材は準備

 登奈孝志荘の「東の御殿」の陥没した床を修復する方法と資材が準備できました。  間口が180cmより若干狭く、中央付近の角材が壁側の土台支柱が腐って陥没しています。  150cmに切断したL字の金具の3ヶ所にボルトを通したものを、手前の床下から入れ、両側の健常な床板の隙間から床上に出し、これを両側から引き上げながら奥に移動させます。…
コメント:0

続きを読むread more

もちろん関心事は山

 明日、緊急事態宣言が出されるようです。たぶん当初は岩手県は含まれないでしょう。  もちろん関心事は山にいってよいかどうかということです。聞いたとしても、自分の良心に照らして考えなさいと言われるのは目に見えています。  山は三密ではありませんので、行っても大丈夫なような気はしますが、何かあれば叩かれるのは目に見えています。GW明けと…
コメント:0

続きを読むread more

帰ってからアイデアが浮かぶ

 「東の御殿」の陥没した床をその場にあるもので補修することはできませんでした。あの汚い床下に潜る気にもなれません。  よい方法が浮かびました。陥没しているのが中央部分の隣接する5-6本だったようですので、健常な(といってもたぶん腐りかけ)両端を利用して金属プレートで上下から挟み込むという方法です。陥没部の幅より長いプレートの両端と中央…
コメント:0

続きを読むread more

氷上山・登奈孝志荘整備 2020年4月4-5日

 格段に近くなった氷上山へ転勤祝い、登奈孝志荘の整備などに向かいました。  登奈孝志荘の居住区域の整備のための資材は3日にコメリで探しましたが、合板は重くて値段も高いためやめました。厚いボール紙にスポンジを貼った養生板が折りたたみ式で、価格も安いので、使えるかどうかは不明でしたが2枚、他に名称はわかりませんが、やはり折りたためる樹脂板…
コメント:0

続きを読むread more

もちろん酔仙

 転勤祝いは氷上山で酔仙。祝ってくれるのはネズミだけのようです。明るいうちから出てきました。  午後から天気が崩れています。前途は霧中なのでしょうか。  敷居が腐り、外されていた二重窓を廃材を利用して取り付けました。窓は開きません。もう少し補強しなければならないようです。
コメント:0

続きを読むread more

やはり難しい

 自粛モードですが、朝から氷上山です。  登奈孝志荘の快適化のために資材も背負い、24キロの背負子です。  入って左側の2つの居住区のすきま風対策、床の快適化をはかりました。安かった折り畳み式の養生板はすぐに表面が剥がれました。その上に銀マットを敷けば問題はなさそうです。  現実的には段ボールやブルーシートの上に銀マットを敷く…
コメント:0

続きを読むread more

今週は至近の山小屋で祝い酒

 新生活が始まりました。もちろんまだ軌道には乗っていません。  今週末は至近の山小屋に泊まりに行くことにします。単独です。多少高い地元の酒を持って、祝い酒とする予定です。一緒に祝おうという奇特な方がおられるならば、酒のグレード・量を調整します。  前回は山小屋のゴミを片付けました。多少はすっきりしました。今後、少しずつ快適化を進めて…
コメント:0

続きを読むread more