船形山 1500.1m・升沢避難小屋 2020年8月29-30日

 船形山(ふながたやま)は、宮城県と山形県の県境にあり、山形県側では御所山と呼ばれています。登山コースはいくつかあり、学生時代には泉ヶ岳からの縦走コース、層雲峡からのコースで登っていますが、詳細は記憶にありません。過日、柳沢小屋に泊まり、観音寺コースで登るつもりでしたが、悪天候でやめました。  船形山は奥深いというイメージでしたが、大…
コメント:0

続きを読むread more

升沢小屋です

 船形山の山頂ではなんとか東側の展望がありました。  升沢小屋に戻る途中、雷鳴が聞こえ、小屋に入ってしばらくすると雨が降ってきました。夏山に特有の気象ですが、午前中の行動で回避できました。  バイオトイレがあります。ベストかどうかはわかりませんが、うらやましい限りです。比較対象の山とは利用者数が違いすぎますが。
コメント:0

続きを読むread more

今週はタイヤを積んで

 あまりよい天気ではないようですが、明日は某山中腹の山小屋に泊まりに行きます。途中、荒れた林道があるようですので、スタッドレスタイヤを1本積んでいくことにします。杞憂に終わることを祈りますが、往路でパンクしようものなら士気をそがれます。スタッドレスを積んでいっても交換するのは一苦労ですが。  登山口までの道を調べました。2つあるうちの…
コメント:0

続きを読むread more

今度はパソコン

 ここのところ、自宅で使っているパソコンが非常に遅く、不安定になってきました。デフラグなどをやったところほとんど再起不能となり、データを残した初期化を行いました。動作が遅くなったパソコンでの初期化のせいか、完了までに非常に時間がかかりました。  一応動きは速くなったようですが、たまに変なアラートが出て、完治はしていないようです。データ…
コメント:0

続きを読むread more

無事を確認

 諸般の事情でしばらく氷上山に行っていませんでした。7月初めに設置した神社の社名柱が無事かどうか気になっていました。暑さのせいと、登奈孝志荘付近のクマ出没のためか、YAMAPでの氷上山の記録が少なくなっていました。  23日に登った記録に、西の御殿と東の御殿が社名柱とともに写っていました。文字は滲んでいないようで、柱がクマにかじられて…
コメント:0

続きを読むread more

やはり減らせない

 夏場の重いザックには熱中症のリスクもありますので軽量化を図ろうとはしますが、なかなか減らせません。  ほとんど使用実績がないツエルト、予備バッテリーなど非常用のものはやはり山をやる者としては外せません。エアマットや枕代わりにもなる着替えは耐えれば削除できますが、やはりなければ相当苦痛です。各小屋の毛布の有無まではわかりません。  …
コメント:0

続きを読むread more

笊森山荘・須川岳・秣岳 2020年8月22-23日

 秣岳から須川岳へは2016年8月に日帰りで縦走しています。今回は笊森山荘(避難小屋)に泊まっての縦走を計画しました。車を一晩置いておくのは須川温泉が安全であり、須川岳から秣岳方向のほうが下り傾向で安楽そうです。  須川温泉に登山届を提出し、7時に出発しました。新しい標識が立ったようです。 名残ヶ原 イワショウブ …
コメント:0

続きを読むread more

禁断の

 EPIガスのボンベはいくつ持っていくかいつも悩むところです。内容量100gのものを2つ持ったとしても嵩張りませんので割高でも繁用しています。未使用で187-188gで、空になると90gです。まとめ買いしていますが、残量が中途半端なものがたまるのは共通した悩みのようです。  もちろんメーカーは推奨していませんが、ガスを移し替えるバルブ…
コメント:0

続きを読むread more

4WD機構の違い

 乗っているフォレスターは旧世代のX-modeです。詳細はよく知りませんが、ただのフルタイム4WDとセンターデフロック4WDではないようです。 残雪の吹き溜まりでスタックしたときは自力で脱出でできず、ハンドウインチを併用して脱出しました。えぐれた林道ではまったことが数回ありますが、なんとか自力で脱出できました。 このような状況のときにセ…
コメント:0

続きを読むread more

登山靴も然り

 いつ買ったのか記憶にありませんが(たぶん昨年春)、モンベルの登山靴も耐水性が低下しています。接続部分が開いてきています。泥を落とそうと、浅い沢に浸すと水がしみてきます。  靴底もかなり摩耗してきています。靴底は張替えできるようですが、上部がこのような状態では高額での靴底交換はあまり意味がありません。  履きつぶしのつもりでそれ…
コメント:0

続きを読むread more

走り過ぎ!?

 7月22日に故障と車検で入院したときの走行距離は書類では82170kmとなっています。8月6日に退院後は距離は見ていませんでしたが、今日は84550kmとなっていました。13日間で2380kmも走ったことになります。記憶にあるのは、6日の一関~高田、8-10日の山形行脚、12日の一関往復、12-16日の秋田・青森行脚などです。概算では…
コメント:2

続きを読むread more

月山(御殿山) 455.2m 2020年8月16日

 北東北行脚も5日目となり、疲れましたので帰る途中にある宮古市の月山(御殿山)に立ち寄ることにしました。月山の山頂まで車道があり、2015年1月に登っています。今回は西側の白浜地区からのみちのく潮風トレイルを歩くことにしました。  月山はその特徴的な位置により、いろいろな山から容易に同定でき、山座同定の指標になる山です。 宮古湾越し…
コメント:0

続きを読むread more

大開平避難小屋・階上岳 2020年8月15-16日

 15日は大開平避難小屋に泊まるつもりでいましたが、5月末まで休憩所(新しい建物)が閉鎖されていたということですので、14日の夕方に偵察しました。特に規制などはありませんでした。 今年1月に泊まったときに、薪の件での確執があり、泊まるなら薪を寄贈するつもりでしたので、在庫のチェックも兼ねていました。薪は木っ端以外はほとんどありませんでし…
コメント:0

続きを読むread more

八幡岳 1020.4m 2020年8月15日

 七戸町の八幡岳(はちまんだけ)は八甲田の外輪山の1峰とされています。八幡岳放牧場内の道を通って標高870m付近まで登ったところに登山口があるようで、山頂まではわずかのようです。 「青森県の山」には放牧場内の道の通行可否については言及されていません。14日に八甲田大岳を下山後に偵察し、2系統ある道のうち、西側の道は工事中で通行止めと書か…
コメント:0

続きを読むread more

烏帽子岳 719.7m 2020年8月15日

 野辺地町、東北町、平内町の境界にある烏帽子岳には山頂まで車道があるようです。途中の「父恋し夜泣き岩」のところから、登山道もあるようです(所要時間1時間25分)。車道の通行可否がわからず、とりあえず行ってみることにしました。 吹越烏帽子から烏帽子岳  登山口には車はなく、車道は通行可能でしたので、安直な選択をしてしまいました。そ…
コメント:0

続きを読むread more

吹越烏帽子 507.8m 2020年8月15日

 14日は八戸に泊まりましたが、午後から雨でした。15日は休養日かとも思いましたが、朝起きると曇りで多少の晴れ間が見えました。雛岳や戸来岳は無理そうですので、下北半島の吹越烏帽子(ふっこしえぼし)に向かいました。この山にも学生時代の昭和59年8月に登っています。たぶん名前がおもしろく、地図に破線の道があったので登ったものと思われます。役…
コメント:1

続きを読むread more

八甲田大岳 1584.5m 2020年8月14日

 十和田湖畔の生出キャンプ場で朝起きると曇っていました。当初は戸来岳の予定でしたが、往復5時間の急登には向かない天気です。観光に堕すつもりで、奥入瀬から八甲田方面に向かいました。 蔦温泉近くの、「青森県の山」に掲載されている松森山 804m(地図に名前がない)の登山口を確認しましたが、濃い霧でとても登るような状況ではありません。谷地温泉…
コメント:0

続きを読むread more

十和利山 990.9m 2020年8月13日

 白地山を下山後、天気が回復してきましたので、2時間ほどで登れる十和利山(とわりやま・さん)に登ることにしました。当初は14日に登る予定でしたが、白地山が早く終わり、天気も回復してきましたので繰り上げです。学生時代の昭和59年(1984年)8月に、十和田山と十和利山に登っています。36年ぶりということになります。 十和利山(樹海ライン…
コメント:0

続きを読むread more

白地山 1034.1m 2020年8月13日

 白地山(しろじさん・やま)は十和田湖の外輪山の1峰とされています。「秋田県の山」と「秋田県の山岳グレーディングハンドブック」を参考にしました。 遠いので12日の夕方から出かけることにしました。車中泊は疲れますので、Go-toトラベルを利用して宿に泊まることにしました。大館のほうが安いのですが、出発できる時間がわからなかったので、少しで…
コメント:0

続きを読むread more

海から月山

 沿岸を南下し、宮古の月山です。山頂まで車道がありますが、潮風トレイルを海から歩きました。バテバテです。  早池峰、サクドガ森、峠の神山、遠島山などが見渡せます。あとで同定しますが、階上岳や折爪岳も見えているかもしれません。
コメント:0

続きを読むread more

今宵は大開平

 3つの山に登ったあと、補充用の薪を買って、大開平の避難小屋に入りました。今日のうちに山頂も踏みました。  天気がよければ、雛岳か戸来岳に登りたいのですが、お疲れモードです。
コメント:0

続きを読むread more

八幡岳です

 七戸の八幡岳です。かなり上まで車道がありました。  昨日登った八甲田山は雲の中です。先ほどほとんど山頂まで車で登った野辺地の烏帽子岳も見えます。秋田駒の乳頭山(烏帽子岳)と似た形です。
コメント:0

続きを読むread more

下北半島の背骨で

 下北半島の中央にある吹越烏帽子です。学生時代以来です。  太平洋と陸奥湾を一度に見られます。  遠くは霞んでいますが 、階上岳、野辺地の烏帽子岳、夏泊半島、雲の中の八甲田山などが確認できます。
コメント:0

続きを読むread more

今宵は八戸

 八甲田山のあとは雨で偵察のみ。  今宵はgo toで八戸のビジネスホテルです。八戸はもともとビジネスホテルが安いのですが、さらに安くなりました。そのぶん飲むので出費は少なくありませんが、go toの趣旨通りです。
コメント:0

続きを読むread more

八甲田山です

 予定を変更して、酸ヶ湯温泉から八甲田山(大岳)です。  2つの山小屋を偵察しました。大岳小屋のほうが快適そうです。雨が降り始めました。  そのうち泊まって縦走する計画を立てます。
コメント:0

続きを読むread more

白地山です

 十和田湖畔の白地山です。7キロ以上ありますが、比較的平坦で、2時間18分でした。  途中は十和田湖が見えましたが、山頂からは展望なしです。4連休で一番天気がよい日のはずなのにこれでは。
コメント:0

続きを読むread more

さびしい町で

 天気で山を選べるように、go-toを利用して小坂町に投宿しました。  人口5千に満たない町でもともとさびしいらしいのですが、コロナの影響で休んでいる店が多いらしく、本当にさびしい町でした。入った居酒屋のママにも大館にすればよかったのにと言われましたが、さびしい町に金を落としてこそのgo-toです。  居酒屋のあと、名物らしい桃…
コメント:0

続きを読むread more

〇〇警察?

 最近目に余る行為に対して、〇〇警察のごとく、管理者に通報しました。このブログでかねてから問題視してきた件と関係していますが、管理者の名前(登録商標?)をかたって賛否ある行為を行っているからです。  管理者は通報を受けて行動に出たようですが、今後お触れが出るかどうかです。  この管理者からは、過日、3つのお触れが出ましたが、そのうち…
コメント:0

続きを読むread more

葉山 1462.1m 2020年8月10日

 葉山(はやま)には、学生時代に、4学年上の先輩に連れられて、残雪期に登っています。たぶん1年生のときではないかと思われます。とすればもう40年も前のことになります。記憶しているのは、楯岡駅(現・村山駅)構内にテントを張ったこと(平和な時代…)、大鳥居付近から登ったこと、山頂の残雪に上にテントを張ったこと、岩野地区に下山したこと、下山後…
コメント:0

続きを読むread more

柳沢小屋 2020年8月8-10日

 船形山(御所山)の山形県側・観音寺コースの林道途中にある車で行ける山小屋です。9日に天気がよければ船形山に登ることも考えて、8日の午後に柳沢小屋に入ることにしました。  薪ストーブがあるらしいので、濡れたレインウエアや登山靴を乾かすために、薪を買おうと思っていたところ、道端に薪の無人販売をしているところがありました。1束300円でし…
コメント:0

続きを読むread more

二ッ森 男山 742.4m・女山 695m 2020年8月8日

 薬莱山を下山後、国道347号線を西に進みました。翁山・吹越山に宮城県側から登るには県境の手前の林道を商人沼まで入る必要がありますが、通行禁止で鎖がかかっており、沼まで2kmほど歩くことになるようです。  鍋越峠は長く冬季通行止めでしたが、2016年から冬季も夜間を除き通行できるようになったようです。  山形県側に入ってしばらく進む…
コメント:0

続きを読むread more

薬莱山 552.9m 2020年8月8日

 三連休は月曜の山の日だけ晴れる予報でした。当初北のほうの山を予定していましたが、南のほうがまだ天気がよさそうでしたので、南に向かいました。天気がよければ、刈田峠から屏風岳方面に行ってみようかなどと考えていましたが、南も雨のようです。高い山はあきらめて、山頂が視認できる低山に登ることにしました。夜は東根市の柳沢小屋に泊まる予定ですので、…
コメント:0

続きを読むread more

柳沢小屋です

 船形山(御所山)観音寺コースの柳沢小屋です。  かなり年期の入った山小屋で、虫や蛇がいます。  途中で薪を調達し、濡れたウエアなどを薪ストーブで乾かしました。  明日は天気は悪く、船形山は無理でしょう。
コメント:0

続きを読むread more

タイヤも問題

 タイヤの1本のサイドウォールが損傷していて車検入院が延びましたが、オフロードタイヤでなければその場でバーストしていたかもしれません。記憶にあるのは大清水園地へ偵察に行った帰りです。石が当たったような音がしましたので、目視確認しましたが異常は発見できませんでした。その後4日間乗っていましたので、危なかった可能性があります。むしろその場で…
コメント:0

続きを読むread more

16日間の入院

 7月22日の突然の故障入院と予定していた車検(予期せぬ延長)を終えて本日ようやくフォレスターが退院しました。  メーカー保証でエアコンコンプレッサー、オイルコントロールソレノイドの交換により、たぶん不調は治ったものと思われます。  車検は2日に終わる予定でしたが、タイヤの1本のサイドウォールが損傷していることが判明し、タイヤを取り…
コメント:0

続きを読むread more

お盆期間の天気は

 今週末から始まるお盆期間、私は8-10日、13-16日ですが、まだ梅雨明けしておらず、天気予報も最悪です。神の思し召しのようにも思われます。 途中で梅雨明けし、後半は好天になるかもと淡い期待はしておきます。  コロナ規制は、国と地方でまちまちです。都合よく解釈し、安全性の高そうな選択をすることにします。
コメント:0

続きを読むread more

他人のことは言えませんが

 岩手県の第1号の方が叩かれているようです。しかしこの時期の行動としては常識を欠いているといわざるをえません。  このところ山小屋に泊まる人は少ない印象を持っており、そんななかでも泊まっている私は批判されても当然でしょう。しかしそれなりには考えて選択しています。  大清水にしても念のためテントを持参しました。こめつが山荘は金曜日に泊…
コメント:0

続きを読むread more

藤里駒ヶ岳 1158.1m 2020年8月1-2日

 藤里駒ヶ岳は地図では駒ヶ岳となっていますが、区別すべく藤里駒ヶ岳、藤駒と呼ばれているようです。秋田・青森県境ではありませんが、白神山地の山に属します。  森吉山のあとに登る予定で、登山口まで舗装されているらしい黒石沢登山口から登ることにしました。北側から登る奥深い登山口です。  二ツ井の道の駅で酒などを買い、藤里町中心部で食料を買…
コメント:0

続きを読むread more

こめつが山荘・一ノ腰 1264.6m・森吉山 1454.2m 2020年7月31日-8月1日

 森吉山は八幡平・裏岩手、乳頭山などから何度も拝んでいましたが、ようやく登頂を果たしました。 乳頭山から森吉山  阿仁ゴンドラを使うのが一番安楽なようですが、ガイドブックに掲載されているこめつが山荘からの様田コースで登ることにしました。今回は車検の代車のフォレスター(現行モデル)ですので、悪路を走るのはためらわれます。こめつが山…
コメント:0

続きを読むread more