青松葉山 1365.3m 2021年4月2-3日

 県道171号線の開通後(今年は4月2日12時)のわずかな期間の、松草峠から青松葉山への残雪期限定ルートは定番中の定番です。2018年4月8日に松草峠から青松葉山を経てサクドガ森まで往復しています。
 今シーズンは、3月中に、櫃取から別の尾根で青松葉山に登ろうと考えていましたが、南八甲田などへ行っている間に時期を逸し、雪も一気に少なくなってしまいました。

 普通に松草峠から青松葉山に行くならと、昨年青岩にご一緒したYAMAPのYさんをお誘いしました。混雑が予想されますので、7時に松草峠集合にしました。何人かに声をかけてみるとのことでした。

 松草峠の混雑は嫌うところです。4月1日の夕刊ラジオで青松葉山が紹介されたとの情報を得て、これはヤバいかもと、急遽2日の放課後にテントを積んで出発しました。車中泊のほうが快適でしょうが、1日に納車になったばかりの車の内部を結露させるのは気が引けます。

 松草峠には1台も車はありませんでした。2014年4月12日に松草峠から高森・阿部館山を周回したときには松草峠で車中泊しています。そのときは4時半に車がやってきました。
 車のヘッドライトで照らして、青松葉山側の雪の上にテントを張りました。夜中に風が強くなり、フライシートのペグが抜けたりしましたが、テントは大丈夫でした。しかし睡眠はあまりとれなかったようです。未明にはいつものように人が押し寄せる夢を見ました。

 5時に起きると、まあまあの天気のようです。

RIMG4313.jpg

RIMG4314.jpg

 阿部館山や御大堂山方面は雲がかかっています。そちらに行かれるとコメントされた方が、6-7時には通過するのではないかと思っていました。

RIMG4315.jpg

 7時の約束でしたが、YさんとK君が6時前にやってきました。たぶん私が早くやってくるだろうと先を越すつもりだったようですが、残念でした。

 というわけで予定より早く、6時8分に出発しました。私はスノーシュー、2人は長靴です。貸せるようにスノーシューを余分に持ってきましたが、スノーシューは慣れないということで長靴でした。幸い雪は道路わきからありました。

RIMG4316.jpg

 松草峠にはまだ他の車は来ません。待ち人もやってきません。飲み過ぎて起きれなかったとの噂です。

RIMG4317.jpg

 雪は少なく、長靴はときどきずぼっとはまります。スノーシューがよいでしょう。

RIMG4318.jpg

給水施設か

RIMG4319.jpg

 三等・湯ノ沢三角点付近ですが、見当たりませんでした。

RIMG4321.jpg

 いったん鞍部に下ります。青松葉山が見えてきました。

RIMG4322.jpg

 十二神山方面と思われますが、同定は困難です。

RIMG4323.jpg

 晴れてきました。誰の行いがよいのでしょうか。もちろん私以外でしょう。

RIMG4324.jpg

RIMG4325.jpg

RIMG4326.jpg

RIMG4327.jpg

RIMG4328.jpg

早池峰山

RIMG4329.jpg

RIMG4330.jpg

RIMG4331.jpg

 雪はかなり少なく、笹の上を通るところもありました。スノーシューは履いたままで大丈夫でした。

RIMG4332.jpg

RIMG4333.jpg

RIMG4334.jpg

RIMG4335.jpg

RIMG4336.jpg

RIMG4338.jpg

RIMG4339.jpg

RIMG4340.jpg

 7時48分に山頂です。1時間40分でした。

RIMG4341.jpg

RIMG4342.jpg

RIMG4343.jpg

 気力があればサクドガ森まで行くつもりでしたが、長靴の踏み抜きで疲れたようで、やめました。サクドガ森が見えるところまで行ってみました。

 一杯森北側のアンテナが見えました。これを頼りに同定すると、高倉山と遠島山と思われます。

RIMG4345.jpg

RIMG4344.jpg

RIMG4346.jpg

RIMG4347.jpg

RIMG4348.jpg

RIMG4349.jpg

 手前の尾根を3月に登ろうと考えていました。

RIMG4353.jpg

RIMG4354.jpg

RIMG4355.jpg

RIMG4356.jpg

RIMG4357.jpg

 下りでは多数の人に出会いました。五葉山で会ったことがあるというスキーの人もいました。

RIMG4358.jpg

 夏道は達曽部沢からあります。

RIMG4359.jpg

RIMG4360.jpg

RIMG4362.jpg

RIMG4363.jpg

RIMG4364.jpg

RIMG4365.jpg

RIMG4366.jpg

RIMG4367.jpg

RIMG4368.jpg

RIMG4369.jpg

 車が多数ありました。取り締まりはないでしょうが、路上駐車は好みません。

RIMG4370.jpg

 新車が汚れようと、路外にとめています。

RIMG4371.jpg

 道路工事でどうなったのか気になっていましたが、慰霊碑は移設されていました。昭和61年12月の交通事故です。首都圏の幼稚園の先生5人がノーマルタイヤで走行してスリップし、対向するトラックと正面衝突して全員が亡くなりました。この事故では非が少ないはずのトラックの運転手さんが逮捕され、論議を呼びました。警察の言い分は、事故の重大性を鑑み、運転手さんが予期せぬ行動に出るのを防止するということでした。確かに非は少なくても、若い女性が5人も亡くなれば、衝撃は大きかったはずで、一生忘れることはないでしょう。

RIMG4372.jpg

GPS軌跡

aomatuba2021.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

とおりすがり
2021年04月04日 20:41
5時前には目覚めましたが、アルコールが抜け切れてないかもと、しっかりシャワーを浴びて、6時のチェックアウトでした(笑)

7時前に松草峠を通過しましたので、予定どおりの出発でしたらお会いできたようですね。

御大堂山から阿部館山への周回は、残雪もそこそこあって、しっかりと歩けました。

お疲れさまでした。
あかりんだよ
2021年04月05日 06:14
いつも翌朝は早いので、17時半頃から飲んで、19時には切り上げるようにしています。
YAMAPの記事は拝見しました。3月に予定していたのとほぼ同じコースです。橋まで沢の南側に道があるのが難点です。櫃取から薮川沢頭三角点に乗る大回りルートが取れればよいのですが。