名前は残したいが

 居酒屋となこしで飲み始めました。  山小屋を建て直すには、20年かけて開発するという最近オープンしたテーマパークの力を借りるのも現実的な選択肢かもしれません。山は森、水でテーマとは関連はないとは言えません。  ネーミングライツで、登奈孝志荘の名前を変えるとバチが当たるかもしれませんので、せめて居酒屋の名前でご勘弁のほど。居酒屋…
コメント:0

続きを読むread more

パノラマ図の要望

 祈祷ヶ原です。小屋の日誌に山頂から見える山の名前入りパノラマ写真の要望が書かれていました。私も考えてはいましたが、実現は容易ではありません。  山頂に看板はコストが問題です。写真はなかなかうまく写らないと思われます。  多少デフォルメした絵がよさそうです。東西南北4枚の絵を書いて、プリントしたものを山小屋に置いておくのが、一番…
コメント:0

続きを読むread more

GWは雨に始まる

 一応昨日がGW初日ということのようですが、雨の幕開けでした。雨の中、五葉山の山開きで登りました。雨のせいかコロナのせいか、登山者の少ない山開きでした。  本日は午後の時間休(*)でGW後半?に突入します。当初の5泊での隣県遠征だと長い休みと感じましたが、分断すると、もうGWも終盤という気がします。いっそのこと、GWをやめて、そのぶん…
コメント:0

続きを読むread more

五葉山 山開き 2021年4月29日

 今年は山開きが行われることになりましたが、あいにくの天気です。昨年は中止になりましたので、2年ぶりです。  8時半から赤坂峠で神事ということで、7時半に着くと、すでに準備が始まり、徐々に車がやってきました。  小雨の中、神事が行われました。雨で濡れた衣装(装束というらしい)はどうするのかと、例によって変なことを考えます。 …
コメント:0

続きを読むread more

東海新報に出てます

 気仙の地元紙、東海新報に出ています。著作権の問題がありますので、転載やリンクはできません。Web版で見られるのは今日だけです。明日以降は、電子新聞の無料お試しに申し込めば、バックナンバーとして見ることができるようです。  山開きの際に、新聞社と市の関係部署に声をかけていましたので、売名行為です。  ではなく、震災後でなかなか整備の…
コメント:0

続きを読むread more

隣県は断念

 慎重に判断する材料として、隣県の10万人あたりの発生数を日々更新する表を作成してみましたが、今晩の時点でかなり危うく、明日の発生数にもほとんどマージンがない状況であることが判明しました。直前まで気を揉むのも精神衛生上は好ましくありませんので、30日と1日の宿をキャンセルしました。  というわけで、GWは県内で過ごすことにしました。し…
コメント:0

続きを読むread more

慎重に判断を

 懸案事項は、「慎重に判断を」ということになりました。  強硬策を実行してしようとしている某県でも、県民・県内限定のGo Toのような補助を行っています。  茶臼岳はよくて、八幡平(最高点)はグレー、畚岳はダメというのは、法(条例?)に照らせばその通りですが、根拠や意味は不明です。「慎重に判断」すれば、すべてOKということになるでし…
コメント:0

続きを読むread more

GWは三重苦?

 29日からのGW(休みは暦通り)は、休日割引なし、悪天候の予報、東北6県+新潟県の移動自粛宣言(本日話し合いをするという情報)でまさに三重苦になりそうです。  移動自粛が出なければ予定通りの遠征をしますが、出れば県内で過ごさなければなりません。天候はみずものですので、かすかな望みをもってどこかには向かいます。  29日の五葉山の山…
コメント:0

続きを読むread more

源太ヶ岳 1545m 残雪期限定コース 2021年4月25日

 松川温泉から源太ヶ岳へのコースには急登が続き、雪の有無にかかわらず登る気になれません。何度か下ってはいますが、登った記憶はありません。  樹海ラインの上倉沢付近(標高1190m)から源太ヶ岳までは標高差350mほどで、急登もありません。このコースは2016年4月に、大深山荘をベースにして大白森に登ったときに、夜間通行止めの樹海ライン…
コメント:0

続きを読むread more

氷上山 2021年山開き 2021年4月24日

 2年ぶりに、そして例年より早く氷上山の山開きが行われました。残念ながら祈祷ヶ原での豚汁振る舞いはありません。  前回の山開き以来、あれこれ整備などをしましたので、市の観光物産協会、地元新聞社にも状況説明と陳情を目的に声をかけました。9時から氷上神社で関係者だけの神事のあとに登ってくるということで、祈祷ヶ原で待ち合わせをすることにしま…
コメント:0

続きを読むread more

楽々の源太

 樹海ラインから残雪期限定コースで源太ヶ岳に登ってきました。5年前に大深山荘、大白森に行くのに途中まで歩いています。  雪は少なくなっていますが、道路わきからスノーシューで歩けました。  源太ヶ岳への最短、最楽コースと思われます。  残念ながら登っている間だけ雪、みぞれ、ガスでしたが、これもまた人生です。
コメント:0

続きを読むread more

静かに飲むのは無理

 一応個室のいつもの飲み屋ですが、少し離れた個室からは大声が聞こえてきます。  緊急事態制限の規制内容もやむなしという気はします。静かに飲むというのは、私のようなお一人様以外は無理な話です。
コメント:0

続きを読むread more

休日割引なし

 予想通りに29日から9日までの休日割引がなくなりました。  これとは別に、休日割引をやめるという議論も起きているようです。  割引がなくなっても利用はしますが、懸念は東北6県+新潟県の移動自粛が出るかどうかです。
コメント:0

続きを読むread more

氷上山の山開きでした

 今日は氷上山の山開き。5時半から登って丸太運びをしました。  いつもなら早朝から登ってくる人がそこそこいますが、最初に登ってきたのは8時頃でした。  朝にはかすかに鳥海山、岩手山が見えました。  11時頃から、市の関係者、東海新報、岩手日報の記者の方々をご案内しました。山小屋やトイレ、道標などの現状を見ていただき、素人の応急手当…
コメント:0

続きを読むread more

GWは厳しい状況になりそう

 秋田県知事が、GW中のアスピーテライン、鳥海ブルーラインの封鎖を言い出しています。岩手県や山形県は今のところは静観しているようです。さすがに国道は閉鎖できないでしょうから、GW前に開通する予定の国道342号線(須川)は封鎖にはならないでしょう。ブルーラインは意図的に除雪を遅らせることもやりかねませんが、国道はそうはいかないでしょう。 …
コメント:0

続きを読むread more

下界でもお掃除

 山や山小屋では、茶色いものが付いた紙の処分や山小屋のガラクタ、トイレ掃除など、汚いそしてときには危険な作業をしています。もうすっかり慣れてしまいました。さすがに便器に散乱した排泄物の処理には参りました(陵雲荘、五葉山)。  社宅のゴミ集積場は無法地帯で、収集されないゴミが多数残っています。今日は瓶の日ですが、出し方を守らない瓶が散乱…
コメント:0

続きを読むread more

氷上山の林道偵察

 夕刻、氷上山の3つの登山口を結ぶ林道氷上線(舗装路)を走ってきました。今日は強風が吹き荒れましたので、落枝があるのではと思いましたが、やはり何本か車の腹にひっかかるものがありましたので、大きなものは除去しておきました。路傍には落石がありましたが、走行に支障があるようなものはありませんでした。しかしすれ違いなどで路肩に寄るときは要注意で…
コメント:0

続きを読むread more

今年は山開き

 内容や時間などは不明ですが、今年は氷上山が24日、五葉山が29日に山開きのようです。今のところ24日は曇り、29日は曇り・雨の予報です。  氷上山・祈祷ヶ原での豚汁振る舞いはないとのこと。静かな?山開きになりそうです。  いずれも参加する予定ではいます。どのように出没するか思案中です。いつもの姿ですので、見かけたらお声がけください…
コメント:0

続きを読むread more

石倉岳 1202m・硫黄岳 1360.4m 2021年4月18日

 石倉岳には南端の岩峰までは登山道があり、最高点までの道は不明瞭・アオモリトドマツの樹林帯で登るのは困難と、「青森県の山」には書かれています。岩峰が魅力の山(本には岩峰を山頂にしたいとの記述)とは思われますが、残雪期なら西側から硫黄岳との鞍部に達すれば、石倉岳と硫黄岳に一気に登ることができそうです。硫黄岳にも道はなく、仙人岱から藪こぎも…
コメント:0

続きを読むread more

梵珠山 468.3m 2021年4月18日

 梵珠山(ぼんじゅさん)は、「シーハイルの歌」に登場する梵珠嶺(ぼんじゅね)のことです。五所川原農学校のスキー部の部歌で、五所川原市と青森市の境界にあります。学生時代の登山部で覚えました。  あまり天気はよくなく、梵珠山方面には雲が垂れこめていましたが、とりあえず向かいました。近くに来ると、梵珠山が見えました(写真撮り損ねました)。県…
コメント:0

続きを読むread more

前嶽 1251.7m 2021年4月17日

 前嶽(まえだけ)は、八甲田前岳とも呼ばれるようです。今回予定にはしていませんでしたが、黒森を下山後に田代平を回ると、端正な前嶽の姿が見えました。コブのような山で、登山道はありませんので、わざわざ登るような山ではないのでしょうが、残雪期限定の山として登ってみることにしました。  予習していませんので、現地で地図を見て検討しました。標高…
コメント:0

続きを読むread more

黒森 1022.7m 2021年4月17日

 黒森は、北八甲田と南八甲田を分ける国道394号線と国道103号線の「境界線」からは外れています。地形的には高田大岳からの尾根続きのコブのような存在かもしれません(雛岳と同様に)。登山道もありませんが、3月に南八甲田に行ったときに黒森近くの国道394号線を通ると、黒森に登っているのではないかと思われる車が数台あり、何ヶ所かに車を置けるス…
コメント:0

続きを読むread more

石倉岳と硫黄岳でした

 梵珠山から八甲田山が見えましたので、急いで向かったところ雨でした。  雨の中を登りました。硫黄岳からの下りで、晴れてきました。  2日間、かろうじて天気に恵まれました。  これから下田百石インターから沿岸を帰ります。 硫黄岳から石倉岳 石倉岳山頂
コメント:0

続きを読むread more

今日はぼんじゅ~ね

 雨はときおりパラつきますが、梵珠山です。青空が少し見えますが、展望はありません。  春の花が何種類か咲いています。  阿闍羅山には今日は行きません。冬にまた梵珠山と一緒に登るつもりです。
コメント:0

続きを読むread more

グルメではないので

 飲んべえですが、グルメではありませんので、青森の倉石牛というのを初めて知りました。高い評価を受けたことがあるようです。  味の違いなどはわかりません。ただ山に登らせていただいた返礼ということです。でも美味しいです。
コメント:0

続きを読むread more

今宵は青森市

 下山後は、いくつかの山を偵察し、青森市に投宿です。  途中、やむなく秋田県の一部を通過しました。  小雨ですが、春の観光シーズンにもかかわらず、閑散としていました。観光業界への影響ははかりしれません。  個室は2人以上となっていましたが、個室に通され、安心して反省会です。  超辛口純米八甲田で乾杯しようと思ったのですが、品切れ…
コメント:0

続きを読むread more

大展望の黒森

 八甲田山に含まれるのかどうかは不明ですが、やはり積雪期限定のツウの山のようです。  八甲田山、戸来岳、階上岳、名久井岳などが見渡せます。朝日に輝く海も見えます。  悪天候の予報をものともせずに、やって来た甲斐があります。 南八甲田 高田大岳・雛岳 輝く海
コメント:0

続きを読むread more

十和田市に到着

 三陸道を北上し、十和田市にまたやってきました。今は月や星が出ており、明日の午前中は曇りのようです。悪天候はわかっていながらの遠征です。  西側の隣県は立ち入り自粛となっていますので、未踏の山に登るにはやむなしです。  明日はさらに北上します。
コメント:0

続きを読むread more

半月で

 新しいフォレスターは15日間で1760kmを超えました。青松葉山・横手、焼山・田代岳などに行っています。諸般の事情で単独行になり、無茶な行程を実行できることも一因のようです。  このペースがずっと続くわけではありませんが、仮にこのペースが続けば、年間の走行距離は42000kmとなり、車検を待たずに壊れる運命ということになります。気の…
コメント:0

続きを読むread more

行き先が限定的に

 田代岳はギリギリのタイミングでしたが、秋田県から県境を越える移動自粛要請が12日に出ました。その他の近隣県は、「まん延防止」適用の宮城県は自粛対象のようですが、適用を見送った(拒否した?)山形県は山形市を除けばよいのかどうか不明です。もっとも、山形県には秋田県か宮城県を通らなければいけませんので、車から出ないとしても、批判されることで…
コメント:0

続きを読むread more

今宵はテント泊

 先週からテントを室内干ししていましたので、今宵は寝てみることにします。  吐息で結露しますので、干した意味はなくなります。  山よりはアメニティは若干よいものにしますが、果たして熟睡できるのでしょうか。  ベランダでやったら、通報されるかもしれません。
コメント:0

続きを読むread more

危ない仕様変更

 今晩初めてフォレスターのボンネットを開けましたが、ダンパーがなくなっており、危うく死ぬところでした。旧来のステー(つっかえ棒)で、背が低いので引っかけるのに難儀しました。  検索してみると、国産車で採用例は少なく(乗っていたフォレスターにはあった)、強風であおられて閉まるリスクではなく、コストとボンネット高さ対策とのことです。  …
コメント:0

続きを読むread more

田代岳・雷岳・烏帽子岳 2021年4月11日

 秋田県大館市の田代岳は奥深く、アクセス道路の雪解けが進まないと登れない山だと思っていました。YAMAPに大広手登山口から冬に登った記録があり、調べてみると、さらに奥にあるロケット燃焼試験場まで通年除雪されることがわかりました。真冬でも試験が行われているようです。五色湖から10km以上あり、びっくりです。 五色湖と田代岳  …
コメント:0

続きを読むread more

黒森山 546.0m 2021年4月10日

 大湯温泉付近で発見した黒森山に登ってみました。山頂まで実線の道があり、どこまで行けるのかと登ってみると、山頂直下まで行けました。  道はそれほど荒れておらず、新車でも登れました。送信所があるのが三角点山頂です。  まず神社がある南のピークに行きました。異様に細い神社です。  南半分の展望がありました。 …
コメント:0

続きを読むread more

黒又山 280.7m 2021年4月10日

 大湯環状列石を見ようと立ち寄りましたが、閉鎖中でした。その近くに黒又山(くろまたやま・くろまんた)を発見し、道があるようですので登ってみました。  山頂に神社があるようです。  参道なのでしょう。 三等・黒又  読めません。薬師神社?  鳥居には本宮神社と書かれています。 …
コメント:0

続きを読むread more

国見台 1322m・栂森 1359m 2021年4月10日

 国見台(くにみだい)・栂森(つがもり)・焼山(やけやま)は、2016年9月と2019年7月に、後生掛温泉から玉川温泉まで縦走しています。バスで戻ることができます。 国見台は山頂を登山道が通っていません。栂森の北にある三角点(三等・石仮戸)へも道はありません。藪こぎしてまで登ってはいません。  後生掛温泉から国見台・栂森を周回できる冬…
コメント:0

続きを読むread more

田代岳でした

 残雪期限定コースで田代岳に登りました。雷岳、烏帽子岳まで往復しました。  快晴で岩木山、八甲田山などが見えました。  大館に戻ってランチです。来るのはよいよい、帰りは遠いものです。
コメント:0

続きを読むread more

今宵は大館

 また大館です。  登山口まで通年行けることが判明しましたので、湿原の山に冬季限定ルートで登る予定です。学生時代以来です。  今日は大館で飲み始めました。秋田資本のチェーン店です。チェーン店はどこの資本か調べます。さすがに地方都市で全国展開の店には行けません。この店は大館と湯沢にあります。
コメント:0

続きを読むread more

国見台です

 今の時期しか山頂は踏みがたい焼山の国見台です。新雪で疲れました。焼山は断念し、栂森を周回して下ります。 八幡平にはスキー場から登って行く人たちが見えましたが、焼山にはトレースはありませんでした。
コメント:0

続きを読むread more

今日は1合だけ

 盛岡に着きましたが、時間が遅いので黒鷲1合だけでガマンします。  以前から気になっていた店ですが、駅ナカだけに高いです。経済を回すためだということにします。  明日は、後生掛温泉付近の山の予定です。そして夜は大館です。山は雪が増えてよいのですが、道路が心配です。
コメント:0

続きを読むread more

今朝まで決められず

 週末の天気予報は絶好にもかかわらず、諸般の事情で今朝まで週末の行動を確定できませんでした。まだ確定するには若干早いのですが、猶予がありませんので、見切り発車で宿を確保しました。  北東北の2山域に行ってきます。雪の状況はわかりませんが、今日あたりから雪が降るようですので、冬季限定コースをたどれることを期待します。雪崩には気をつけなけ…
コメント:0

続きを読むread more

なぜ通しにくいのか

 これが嫌で滅多に靴紐は洗いませんが、登山靴の靴紐は端が少しでも傷むと通しにくくなるのでしょうか。日本のM社の登山靴でも然りです。たぶん1シーズン、否生涯一度も洗わなくてもそれほど大きな問題はなさそうですが、たまには洗っています。劣化度合いを確認するという意味でも必要でしょう。しかし端の劣化が紐全体の劣化の指標とも思えません。常に新しい…
コメント:0

続きを読むread more

自分で登れなくなったら

 山に行けない体になったら悲しいだろうといつも思いながら山を歩いています。ケガをするなら、登山に支障のないケガにしようなどとも考えます。例えば、肩の脱臼よりは骨折のほうが後遺症が少ないことが多いですので、滑落するときは後ろ手に木につかまらないようにするなどの注意を一応しています。中年以降は頸椎を過伸展するような転び方(額や顔面を打つ)を…
コメント:0

続きを読むread more

氷上山・登奈孝志荘 2021年4月6-7日

 天気がよさそうな6日に午後の代休をとり、氷上山です。嗜好品以外は極力減らし、ザックは12Kgになりました。  YAMAPなどでは平日の記録もありますが、中央コース登山口に車は他にはありません。  先代のフォレスターでは、買ったばかりのスタッドレスタイヤをバーストさせましたので、山馬越林道には入りません。 いつもの展望…
コメント:0

続きを読むread more

午後から氷上山

 午後からの代休で氷上山です。朝帰りです。  野草が花を咲かせ始めましたが、すでに盗掘されているようです。悲しい限りです。  早池峰山のあの子の髪が見えました。GW頃だともう会えないかもしれません。予定が狂いそうです。  昨年設置した神社の標柱は無事に冬を越したようです。手前味噌ながら、YAMAPなどに相当回数登場しており、神…
コメント:0

続きを読むread more

中古で買う意義は?

 2014年4月にガーミンに移行するまでは、NV-U37で藪こぎ登山をしており、今考えると機能的に劣りますが、十分に使い倒しました。そのNV-U37は山で使わなくなってからも、地形図ナビとして車で使い続けています。しかし最近はタッチパネルの調子が悪くて思うように操作ができなくなっています。  地形図は更新されず、10年以上前の古いまま…
コメント:0

続きを読むread more

もう中も外も泥だらけ

 1日に納車になったフォレスターですが、4日間で600kmほどを走りました。山に行けば当然ながら汚くなりますが、気にしたところでどうせ汚くなります。 当然ながら、今回も車もタイヤも慣らし運転はしていません。しなくてもよい、したほうがよいなど意見は分かれるようですが、して悪いということはなさそうです。  さていくつか気づいたことを。 …
コメント:0

続きを読むread more

丸森 731m 2021年4月4日

 4日は雨の予報でしたが、横手の空は晴れ間もありました。積雪期限定のI岳は、2月頃に偵察していましたが、登れたら登るつもりで取りつき尾根に向かいました。しかし取りつき付近にはあまり雪はありませんでした。多少の藪こぎで登れるかもしれませんが、天気が崩れる可能性がありますので断念しました。来年3月までお預けです。  1山も登らぬは腹ふくる…
コメント:0

続きを読むread more

大穴峠 483.3m 2021年4月3日

 名前が面白いので目をつけていました。今回、4月3日に横手に泊まり、あまり天気がよくないときに登る山として準備していました。  青松葉山が早く終わりましたので、大移動して大穴峠に登ることにしました。  国道107号線から県道320号線に入り、緑の回廊の案内板のところから登ります。車を置くスペースがありました。  最初からスノー…
コメント:0

続きを読むread more

青松葉山 1365.3m 2021年4月2-3日

 県道171号線の開通後(今年は4月2日12時)のわずかな期間の、松草峠から青松葉山への残雪期限定ルートは定番中の定番です。2018年4月8日に松草峠から青松葉山を経てサクドガ森まで往復しています。 今シーズンは、3月中に、櫃取から別の尾根で青松葉山に登ろうと考えていましたが、南八甲田などへ行っている間に時期を逸し、雪も一気に少なくなっ…
コメント:2

続きを読むread more

今宵は横手

 明日の天気は悪いのはわかっていながら、横手に宿を取っていました。  今日のうちに大穴峠に登りましたので、最悪明日は帰るだけかも。一応の準備はしています。 横手の酒2種 横手焼きそば
コメント:0

続きを読むread more

青松葉山から大穴峠へ

 朝は昨秋に黒岩に行ったメンバーで青松葉山にいましたが、今は横手市の大穴峠(山です)の山頂です。  明日の予定でしたが、繰り上げました。  雪は大穴峠のほうが多いですが、イワウチワが咲いていました。 青松葉山から早池峰山 大穴峠のイワウチワ
コメント:0

続きを読むread more