磐井の低山大縦走 その2 奈良坂峠~前沢 2017年2月12日

その1から

 6時15分に陸中門崎駅を出発し、奈良坂峠には9時32分に到着しました。全行程の40%ほどでしょうか。打ちきりにするには時間的に早過ぎます。せめて狭山を越えたところまでは行きたいものです。

奈良坂峠付近(別の時期)

画像


石蔵山から北側を望む(別の時期)

画像


 以前に登った三角点(四等・奈良坂)に向かいます。雪は少なく、低木藪がありました。

画像


画像


 三角点には9時52分に着きました。

画像


 ここから狭山までは尾根が途切れています。旧今泉街道の竹木峠(高卜峠)から東に下って、狭山隧道への旧道で県道19号線に出るつもりでいました。

竹木峠(高卜峠)(10時8分)

画像


今泉街道(西側)

画像


 急がば回れを無視して、直接県道19号線のトンネル東口付近に降りてみることにしました。どこを見ても、落ちたら終わりに近い急斜面です。引き返せばよかったかもしれませんが、木や笹にすがって下ることにしました。足場が悪く、木につかまって、多少平坦になった場所を探してはそこまで下るという作戦ですが、つかまると折れた木もあります。猿のようにぶら下がってあわやという状況もありました。肩を脱臼したら厄介です。
 何とか沢まで下りました(10時25分)。

画像


 沢に沿って下り、斜面を県道まで上がりました。狭山トンネルの上は、とんでもない急斜面です。旧今泉街道を下るべきでした。さすがにここで死ぬわけにはいきません。

画像


 かなり疲弊しましたが、狭山は越えなければなりません。県道わきにある手すりに沿って登ると、藪で全く進めませんでした(10時37分)。あきらめて、林道側から入ることにしました。

画像


 取りつく尾根は、林道側からは問題なく進めました。

画像


画像


 西側は採石場です。

画像


 先日登ったばかりの狭山には11時22分に到着しました。先ほどの緊張と疲労で45分もかかってしまいました。

画像


画像


 しばらく下ると、荒れた作業道に出ました。263mピークはパスしました。疲労で急激に水が減りました。冬はあまり飲まないとはいえ、1Lでは少なすぎました。

画像


画像


 長平地区で水が得られなければ、ここで終わりにしようかと思っていましたが、民家がありました。水を1L請うと、快くもらえました。雨請石の御利益でしょう。
 奈良坂峠のほうから来たと言ったら、今年は雪が少なくて大変だったでしょうと言われました。元気をもらいましたので、束稲山に向かいます。

長平地区で(11時44分)

画像


画像


 黒森方面への林道(11時57分)は除雪されておらず、スノーシューを履きました。やはり持ってきて正解でした。

画像


 438m点はパスし、黒森との鞍部に上がることにしました。作業道がありましたので入ってみると、目的の尾根まで続いていました。

画像


 稜線鞍部に出ると歩きやすくなりました。

画像


 送電線鉄塔付近は雪が深く、イバラの藪で難儀しました。13時2分、黒森(九郎森)山頂です。標高270mの林道起点から1時間5分もかかっており、かなりペースダウンしています。

画像


 林道を歩きたい誘惑に負けずに、3つの小ピークを通りました。

画像


 13時41分、県道三差路に出ました。ここまで来れば、生還に近づいたことになります。

画像


画像


 今回の縦走の目的の1つが、束稲山に南から市町境界を登ることでしたので、束稲山は登らないわけにはいきません。林道分岐から尾根に取りつきました(13時53分)。

画像


 ところが、登りはじめると猛烈な大腿部の痛みで足が進みません。撤退もよぎりましたが、屈伸などで抑え込み、登りました。

画像


画像


 14時26分、束稲山山頂です。ここまで8時間11分、GPS計測で22kmでした。

画像


画像


画像


 あまり展望はありませんが、大鉢森山が見えました。

画像


 束稲荒神に向かって下ることも考えていましたが、車道を下りました。

画像


束稲荒神(14時45分)

画像


 いままで気づかなかった束稲ゴールドラインの碑がある丘に登りました。

画像


画像


 この丘から、大鉢森山、蓬莱山、原台山、氷上山、室根山が見えました。大鉢森山、氷上山から束稲山系が見えましたので、感激です。

画像


画像


画像


大鉢森山から束稲山系

画像


氷上山から束稲山系

画像


 この丘からは音羽山がよく見えました。今回はパスです。

画像


束稲山(平泉荘跡付近から)

画像


 もう15時です。経塚山、駒形山を経て下ると、明るいうちに下れる保証がありません。すでに縦走したルートですので、今回は安全策をとり、県道を下ることにしました。前沢まで歩いても2時間です。

画像


画像


 山毛欅峠までならタクシーが来てくれるだろうと、峠の手前で電話したところ(15時14分)、無理だと言われました。

画像


 あきらめて起点まで歩くことにしました。途中で懸案のアカデミーの森を観察すると、廃屋があるようで、門のところには、Golf Training Placeと書かれていました。違和感のある名称です。

画像


 15時55分、前沢のタクシーを呼ぶと、すぐに来ました。前沢駅発は16時13分でしたが、間に合いました。タクシーは1160円、歩いたおかげで安くすみました。

画像


 車を陸中門崎に置いていたら、山汽車は17時53分までありません。一関を起点にして正解でした。

 今回歩いた距離は28km、時間は9時間40分です。マラソンには及びませんが、相当なものです。ちなみに携帯についている歩数計、距離計もほぼ同じ距離を示していました。振動回数と歩幅で計算しているのか、GPSを使っているのかは不明ですが、なかなか正確なようです。

GPS軌跡

画像


画像

"磐井の低山大縦走 その2 奈良坂峠~前沢 2017年2月12日" へのコメントを書く

コメントはこのページの内容に見合ったものをお願いします。 都合の悪いものを削除することはありませんが、公序良俗に反するもの、個人情報に関するもの、全く関係のないものは削除させていただくことがあります。
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント