テーマ:山形県の山

葉山 1462.1m 2020年8月10日

 葉山(はやま)には、学生時代に、4学年上の先輩に連れられて、残雪期に登っています。たぶん1年生のときではないかと思われます。とすればもう40年も前のことになります。記憶しているのは、楯岡駅(現・村山駅)構内にテントを張ったこと(平和な時代…)、大鳥居付近から登ったこと、山頂の残雪に上にテントを張ったこと、岩野地区に下山したこと、下山後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳沢小屋 2020年8月8-10日

 船形山(御所山)の山形県側・観音寺コースの林道途中にある車で行ける山小屋です。9日に天気がよければ船形山に登ることも考えて、8日の午後に柳沢小屋に入ることにしました。  薪ストーブがあるらしいので、濡れたレインウエアや登山靴を乾かすために、薪を買おうと思っていたところ、道端に薪の無人販売をしているところがありました。1束300円でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二ッ森 男山 742.4m・女山 695m 2020年8月8日

 薬莱山を下山後、国道347号線を西に進みました。翁山・吹越山に宮城県側から登るには県境の手前の林道を商人沼まで入る必要がありますが、通行禁止で鎖がかかっており、沼まで2kmほど歩くことになるようです。  鍋越峠は長く冬季通行止めでしたが、2016年から冬季も夜間を除き通行できるようになったようです。  山形県側に入ってしばらく進む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥海山(百宅口) 2236m 2020年7月23-24日

 ようやく鳥海山に登りました。しかし今回の鳥海山は7月19日に急遽決まったものです。18日に東鳥海山に登ったあとの19日は悪天候で、甑山と丁岳の登山口の偵察に向かいました。どちらも林道は通行止めで、当分は秋田県側からは登るのが困難と思われます。その後、県道70号線を笹子峠方面に西進したところ、百宅登山口を発見しました。名前を聞いたことは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禿岳 1261.4m 2020年7月23日

 禿岳(かむろだけ)は、宮城県と山形県の県境にあり、小鏑山(こかぶらやま・さん)とも呼ばれます。また、神室山(秋田県と山形県の県境)、神室岳(仙台市と川崎町の境界)、山形神室岳(山形県と宮城県の県境)と区別するために、ハゲカムロとも俗称されています。  過日、花立峠を偵察しましたが、悪天候で登山は断念しました。  今回、鳥海山に百宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杢蔵山 1026.1m・杢蔵山荘 2020年6月27-28日

 山形県新庄市の杢蔵山(もくぞうさん・やま)は、みちのくのアルプスとも言われる神室連峰の南端の山です。主峰神室山を経て、北の水晶森まで縦走路があるようです。翁山と同様に学生時代から存在は知っていましたが、登ったことはありませんでした。  県が管理する山小屋(避難小屋)はいまだに宿泊は自粛モードでなかなか泊まりにくいところです。杢蔵山に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翁山 1074.9m・吹越山・ハリマ小屋 2020年6月19-20日

 ハリマ小屋には昨年12月に里から歩いて泊まっています。雪のため翁山への登頂は断念しました。  今年の残雪期に登ろうと思っていましたが、コロナの影響で県外に行くことができなくなってしまいました。宣言解除後に、昨年車を置かせてもらった「翁山を愛する会」の会長さんに電話で尋ねたところ、雪囲いをそのままにしているので泊まれない、車でハリマ小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリマ小屋 2019年12月27-28日

 宮城県と山形県の境にある翁山(おきなさん)は翁峠とも呼ばれましたが、現在の地図では翁山になっています。学生時代(昭和59年6月)に登り、そのとき営林署の作業小屋のようなところに泊まりました。そこまでバイクで登っています。その場所に現在のハリマ小屋があるのかどうかは不明ですが、たぶんほぼ同じ位置ではないかと勝手に推測しています。蛇口から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more