テーマ:青森県の山

梵珠山 468.3m 2021年4月18日

 梵珠山(ぼんじゅさん)は、「シーハイルの歌」に登場する梵珠嶺(ぼんじゅね)のことです。五所川原農学校のスキー部の部歌で、五所川原市と青森市の境界にあります。学生時代の登山部で覚えました。  あまり天気はよくなく、梵珠山方面には雲が垂れこめていましたが、とりあえず向かいました。近くに来ると、梵珠山が見えました(写真撮り損ねました)。県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前嶽 1251.7m 2021年4月17日

 前嶽(まえだけ)は、八甲田前岳とも呼ばれるようです。今回予定にはしていませんでしたが、黒森を下山後に田代平を回ると、端正な前嶽の姿が見えました。コブのような山で、登山道はありませんので、わざわざ登るような山ではないのでしょうが、残雪期限定の山として登ってみることにしました。  予習していませんので、現地で地図を見て検討しました。標高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒森 1022.7m 2021年4月17日

 黒森は、北八甲田と南八甲田を分ける国道394号線と国道103号線の「境界線」からは外れています。地形的には高田大岳からの尾根続きのコブのような存在かもしれません(雛岳と同様に)。登山道もありませんが、3月に南八甲田に行ったときに黒森近くの国道394号線を通ると、黒森に登っているのではないかと思われる車が数台あり、何ヶ所かに車を置けるス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南八甲田 猿倉岳・駒ヶ峯・乗鞍岳 2021年3月27日

 先週に引き続いて南八甲田です。地図に名前がある山は、横岳、逆川岳、南沢岳、櫛ヶ峯上岳、櫛ヶ峯下岳、駒ヶ峯、猿倉岳、乗鞍岳、赤倉岳の9山、他に「青森県の山」の本には松森山が紹介されています。  先週に駒ヶ峯に登っておけば、今回赤倉岳も登れたかもしれませんが、いきなり欲張ってはいけません。  先週はアクセスが容易な横岳、櫛ヶ峯上岳、逆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大黒森 718.7m (田子町) 2021年3月21日

 20日は大館に泊まり、比内地鶏と大館の地酒を味わいましたが、予報通りの悪天候になりました。  第一候補の変わった名前のY森は濃霧と雨で断念しました。  通りすがりの田子町の大黒森(おおくろもり)に立ち寄りました。ツツジの名所のようです。 大黒森とドコノ森(2020年2月)  標高500mのロッジ駐車場まで車で上がれました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南八甲田 横岳・櫛ヶ峯上岳・逆川岳 2021年3月20日

 南八甲田には、学生時代に猿倉温泉から猿倉岳、駒ヶ峯、黄瀬沼、乗鞍岳、赤倉岳、蔦温泉まで縦走しています(記憶は断片化)。現在では、そのとき通った猿倉温泉から猿倉岳を経て駒ヶ峯までの稜線の道は荒れているそうです。また赤沼から乗鞍岳あたりが自然保護のため立ち入り自粛となっています。 「青森県の山」の本には、戦前に計画された道路(猿倉温泉~御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩木山 1624.6m 2020年10月11日

 あまりよい天気ではありませんでしたが、はるばるやってきましたので岩木山に登りました。 八甲田山から岩木山  弘前市街から向かうと、岩木山には雲がかかっています。  安楽に8合目まで車で登ろうかとも考えましたが、開通が8時ですので、嶽温泉から歩くことにしました。車はまだそれほどはありませんでした。  6時35分に出発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御鼻部山 1010.8m 2020年10月10日

 御鼻部山(おはなべやま)は国道が通り、十和田湖の展望台となっています。  三角点(二等・膳棚)を探しました。展望台から少し離れた藪の中にありました。これにて登頂です。 岩木山と毛無森  戦前に猿倉温泉から御鼻部山に至る道路の計画があったようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松森山 804m 2020年10月10日

 松森山は「青森県の山」に掲載されていますが、地図には山名がありません。蔦温泉に近い、南八甲田の1峰です。その姿は見えません。  国道103号線の仙人橋バス停のところの駐車スペースには数台の車がありました。  仙人橋の南側に登山口があります。キノコ採りと思われる人がいました。女坂から行ったほうがよいと言われました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八甲田大岳・小岳・仙人岱ヒュッテ 2020年10月9-10日

 八甲田山には8月に日帰りで行きましたが、そのときから紅葉の時期に泊まりで行こうと考えていました。9日に最後の夏休みを取り、八甲田山と岩木山に行くことにし、好天を祈り続けました。紅葉の時期の土曜日は混雑しそうですので、金曜日に登って泊まることにしました。  8月に行ったときに、石油ストーブがありましたので、灯油を3.6Lほど持つことに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大開平避難小屋・階上岳 2020年8月15-16日

 15日は大開平避難小屋に泊まるつもりでいましたが、5月末まで休憩所(新しい建物)が閉鎖されていたということですので、14日の夕方に偵察しました。特に規制などはありませんでした。 今年1月に泊まったときに、薪の件での確執があり、泊まるなら薪を寄贈するつもりでしたので、在庫のチェックも兼ねていました。薪は木っ端以外はほとんどありませんでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八幡岳 1020.4m 2020年8月15日

 七戸町の八幡岳(はちまんだけ)は八甲田の外輪山の1峰とされています。八幡岳放牧場内の道を通って標高870m付近まで登ったところに登山口があるようで、山頂まではわずかのようです。 「青森県の山」には放牧場内の道の通行可否については言及されていません。14日に八甲田大岳を下山後に偵察し、2系統ある道のうち、西側の道は工事中で通行止めと書か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

烏帽子岳 719.7m 2020年8月15日

 野辺地町、東北町、平内町の境界にある烏帽子岳には山頂まで車道があるようです。途中の「父恋し夜泣き岩」のところから、登山道もあるようです(所要時間1時間25分)。車道の通行可否がわからず、とりあえず行ってみることにしました。 吹越烏帽子から烏帽子岳  登山口には車はなく、車道は通行可能でしたので、安直な選択をしてしまいました。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹越烏帽子 507.8m 2020年8月15日

 14日は八戸に泊まりましたが、午後から雨でした。15日は休養日かとも思いましたが、朝起きると曇りで多少の晴れ間が見えました。雛岳や戸来岳は無理そうですので、下北半島の吹越烏帽子(ふっこしえぼし)に向かいました。この山にも学生時代の昭和59年8月に登っています。たぶん名前がおもしろく、地図に破線の道があったので登ったものと思われます。役…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八甲田大岳 1584.5m 2020年8月14日

 十和田湖畔の生出キャンプ場で朝起きると曇っていました。当初は戸来岳の予定でしたが、往復5時間の急登には向かない天気です。観光に堕すつもりで、奥入瀬から八甲田方面に向かいました。 蔦温泉近くの、「青森県の山」に掲載されている松森山 804m(地図に名前がない)の登山口を確認しましたが、濃い霧でとても登るような状況ではありません。谷地温泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十和利山 990.9m 2020年8月13日

 白地山を下山後、天気が回復してきましたので、2時間ほどで登れる十和利山(とわりやま・さん)に登ることにしました。当初は14日に登る予定でしたが、白地山が早く終わり、天気も回復してきましたので繰り上げです。学生時代の昭和59年(1984年)8月に、十和田山と十和利山に登っています。36年ぶりということになります。 十和利山(樹海ライン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名久井岳 615.2m 2020年2月14-15日

 ドコノ森の後の宿泊地として名久井岳を選びました。日帰り装備で1時間、昨年同時期は泊まり装備で1時間38分でした。  今回は薪ストーブ用に、廃材8kg(ホーマックで100円分)を詰め、ザックの3分の1以上は廃材です。かなり重いザックになりました。水は2.2Lとスポーツドリンク500ml、日本酒740mlです。  田子町のガーリックセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドコノ森 803.7m 2020年2月14日

 地図で発見した変わった名前の山です。基本的に地図のみでの予習です。場所的に登山道があるとも思えず、雪のある時期を考えました。南に県道21号線、北に県道216号線が通っていますが、どちらも長い冬眠があります。 当初は北側からのアプローチを考えましたが、地形が複雑でわかりにくそうで、しかも距離があります。県道上の標高500m点からの実線と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大開平避難小屋・階上岳 2020年1月11-12日

 冬でも比較的楽に行ける山小屋は限られています。今回は折爪岳のあとに大開平避難小屋に泊まることにしました。  2018年12月にはノソウケ峠から登りました。2019年6月には薪を納めに行っています。  鳥屋部口の駐車場にはおびただしい数の車がありました。みんなが階上岳に登っているのでしょうか。泊まる人は他にいるのでしょうか。  準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大びらき 624.8m・大開平避難小屋 2019年6月29-30日

 田代山・駒木立を下山後、奥中山、一戸ICを経て八戸市内に出ました。時間がありますので、蕪島に立ち寄りました。どういう目に遭うかは知っていましたが、奈良公園の鹿よりは凶暴性はありません。 蕪島  階上町内で陸奥男山とはしかみを買いました。  車で大びらきまで上がりました。車は4台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名久井岳 615.2m 2019年2月10-11日

 名久井岳には、法光寺から2016年2月、恵光院から2018年12月末に登っています。  今回は県北行脚の宿(山小屋)として名久井岳を選択しました。このような山行は、まさに「車と運転免許」がなければ不可能です。  二ッ森を下山後、一戸インターから高速に乗り、九戸政実(酒)を買うために九戸インターでいったん降りました。インター近くにあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名久井岳 615.2m 2018年12月28-29日

 名久井岳には、2016年2月に東側の法光寺から登っています。2月でもそれほどの雪ではありませんでした。山頂直下に山小屋があり、薪ストーブがあることをそのとき知りました。  今回、薪を担いで泊まってみることにしました。未踏の西側の恵光院からのコースは険しいところがあるらしく、大雪では危険かと考えていました。とりあえず恵光院まで行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

階上岳(ノソウケ峠~鳥屋部口) 739.3m 2018年12月8-9日

 冬の階上岳には2016年2月に登っていますが、それほどの積雪ではありませんでした。  今回、岩手県側から登り、大開平に泊まるという計画です。しかし、洋野町のHPを見ても、階上岳(種市岳)への情報は得られませんでした。地図には洋野町側から破線の道が2つありますが、その存否は不明です。  検索し、ノソウケ峠から道があることが判明し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名久井岳 615.2m 2016年2月27日

 青森県の三戸町と南部町の境界にある名久井岳(なくいだけ)は、標高450mまで車道が通じていますが、冬でも東側の法光寺から1時間ほどで登れるようです。法光寺から西の恵光院まで縦走するほうがよりよいとは思いますが、交通の問題もあり、雪のない時期に恵光院から周回するのが現実的のようです。  標高は低いながら、独立峰のように見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくし森・鳩岳・階上岳・大びらき・石ノ倉 541m 2016年2月27日 その2

その1から 石ノ倉  石ノ倉には展望台があるようですが、こちらに踏み跡はありませんでした。  名前の由来でしょうか。大きな石があり、その近くに展望台がありました。  展望台からは、つくし森、鳩岳、名久井岳、八甲田山が見えました。まだ10時ですので、下山後に名久井岳に向かうことにしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくし森 424.6m・鳩岳 528.3m・階上岳・大びらき・石ノ倉 2016年2月27日 その1

 岩手県の北上山地の山は完了しました。北上山地は北は馬淵川、南は北上川の範囲であり、青森県にはすでに登った階上岳、大びらきの他には4山しかありません。階上岳周辺は除雪されていませんが、それほど奥深くはなさそうですので、階上岳周辺の3山、時間があれば名久井岳にも登ろうと遠征です。  遅くなると飲めませんので、2時間の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大倉森 896.9m 2015年10月24日

 大倉森(おおくらもり)は八幡平市と青森県田子町との県境にあります。林道が東西南北からあるようですが、いずれも人里から遠く離れており、残雪期にアクセスすることは非常に困難です。晩秋に藪こぎをして登るしかありません。  四角岳・中岳に登る際に利用する林道から分岐する穴無沢、黒倉沢に沿う林道は夏場に偵察しましたが、標高560m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大びらき 624.8m・階上岳 739.3m 2014年6月7日

 青森県境にある大びらきと階上岳(種市岳)です。大びらきの三角点は青森県側にありますが、日本山名事典では県境の山となっています。  階上岳には岩手県側から登るべきという気もなくはありませんが、今回は安楽に青森県側から車で登ってしまいました。  種市岳とも呼ばれますが、三角点名では、階上岳の北東2.1kmのところにある563.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中岳 1024.2m・四角岳1003m 2011年11月12日

 中岳と四角岳に引き続いて登った場合、1山なのか2山なのか、登った山の数にこだわる人、人に自慢したい人は悩むことになります。山名があればよい、三角点があればよいなどいくつか考えられますが、単純にはいきません。まあ、どうでもよいことなんですけどね。  岩手県最北端の山!といいたくなるような辺鄙な場所にある山ですが、これまた違いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more