あかりんの岩手低山奇行

アクセスカウンタ

zoom RSS 八幡平とはどこまで?

<<   作成日時 : 2016/08/23 06:49   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 岩手県の八幡平の山はすべて登り終わりました。県境にある山ですので、当然秋田県側にも八幡平の山は存在するはずです。
 菰ノ森、山毛森、治助崎山は当然ながら、後森、前森、湯坂森あたりまでは入りそうです。次に秋田県の山を制覇などという気はありませんが、秋田県の八幡平の山なら食指が動きます。

 菰ノ森、山毛森、治助崎山は簡単そうですので、そのうち未踏のルートを含めて、また下山(山下り)パターンで一気に片付けてしまおうと考えています。山頂から下り、3山を一筆書きのように登って大沼温泉に出ます。今回と重なる部分はあまりありません。遅いほうのバスには間に合うでしょう。

 今週末は所用でお江戸に行きますので、山は来週末までお預けです。

 岩手県内では、登った山の未踏ルートで登ってみたいというものが15ほどありました。秋になれば宮城県の北上山地の山にも行きます。冬になればプチ冬山に登ります。登る山がないと言いながら、いくらでもあるものです。

 登ってみたい山のうち、水もトイレもない山小屋があります。小屋まで20分ですので水は担ぎ、翌日の登山は軽荷での周回です。
 朝飯を食うと必ずしなければならないことがあります。なかなか触れられない領域の話ですが、重要な問題です。残雪期には雪を掘ったりしますが、雪のない時期に穴を掘ってすることが、暗黙の了解なのか、いけないことなのか。そもそもトイレのない山小屋に泊まってよいのかという話にもなります。ではトイレもないテン場は?
 今回は持ち歩く必要はありませんので、袋に入れておいて、発酵しはじめた周回後に回収して車に積んで、しかるべきところで捨てるという方法もあります。これが理想でしょう。でもやはり埋めたくなります。肥やしになると言い訳をして。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八幡平とはどこまで? あかりんの岩手低山奇行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる