長者森 1010.5m・白見山 1172.6m 2011年11月19日



 遠野から国道340号線の立丸峠を過ぎ、大槌町に向かう道を土坂峠に向かいます。行った時点で立丸峠は時間帯通行止規制が行われており、通行時間がかなり制限されていました。行きは8時半の規制前に通過し、帰りは12時から13時の昼休みにぎりぎり通過することができました。
 土坂峠から長者森方面に向かって荒れた林道があり、登山口までは通行できました。右手に赤テープで示された登山道入口がありましたが、案内板などはありません。
 長者森山頂まではよく整備された道で、標高差230m、36分でした。牧草地の西斜面を登ろうかとも考えていましたが、この道で正解でした。山頂の展望はありません。
 天気は下り坂だったのですが、また来ることもあるまいと思い、白見山までの縦走を決断しました。8月に白見山の北ピークにある碑を見つけられなかったこともありましたので。
 鞍部に向かって下りは比較的はっきりした道でしたが、部分的に不明瞭でした。牧草地に出ました。牧草地に踏み跡が見えたので、写真に示したように歩いていくと、再び林間に入る道がありました。振り返るともっこりとした長者森が見えました。牧草地は道路まで続いているようで、緊急時には下ることもできるかもしれません。
 白見山側の林間も道があまりはっきりしませんでした。鬱蒼としており、このあたりに「まよいが」があったのかもしれません。雨も降りだし、引き返そうか迷いながら進みました。林間を過ぎると今度は深い笹藪。足で隙間を探すというような進み方です。そうして何とか白見山山頂に到着しました。長者森から1時間15分、雨の藪こぎでかなり消耗しました。
 前回気づかなかったのですが、三角点から10mほど離れた木にILPのプレートがありました。帰り道に北のピークの碑を確認しました。長者森に登り返して下山です。風雨は強かったものの、視界がよかったので迷うことなく生還できました。無謀のそしりはまぬかれないかと思います。

長者森登山道入口

画像


長者森山頂

画像


長者森と白見山の間の鞍部牧草地 視界がなければ林沿いを歩くべきかも

画像


振り返れば長者森

画像


笹藪こぎ

画像


白見山山頂

画像

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント