通報対策は?

 遭難の可能性があると思って通報しましたが、無事で何よりです。  登山口での登山届がなかったこと、うすゆき山荘に泊まった形跡がなかったこと、登りの足跡しかなかったこと、早池峰山で2泊は稀であることなどから、昨夜うすゆき山荘に現れず、今朝も足跡がなく、車があったので、通報しました。  当人は不本意かもしれません。所属する山岳会やスマホ…
コメント:0

続きを読むread more

地竹山です

 天気と体調のため早朝にうすゆき山荘から下りました。金曜日ですが、地元の若者2人が泊まりました。  峰南荘駐車場に少なくとも木曜日から車があり、登山届も出ていません。  登りのトレースしかなく、うすゆき山荘に泊まった形跡もありません。  遭難の可能性もあり、通報しました。  警察から連絡がついたようで、鶏頭まで縦走しているようで…
コメント:0

続きを読むread more

中止で増える

 今週土曜日の寄り合い、3月12-14日の広島での研究会が中止になりました。不謹慎ではありますが、おかげで山行に使う時間が増えます。  今週も繰り越し分の有給休暇消化(新任地でも継続になるので消化不要ですが、道義的に9ヶ月で20日とか取れません)のため、金曜からの山小屋で、朝早く帰ってくる予定でしたが、土曜日も1日使えることになります…
コメント:0

続きを読むread more

傷だらけでも

 スノーシューは現役2組とも満身創痍ですが、すばらしい山に連れていってくれます。MSRのものは同行者が使っています。肝心な部分が損傷しましたが、素人修理(このために電気ドリル購入)のあとはずっと持ちこたえています。  山で壊れると悲惨、下手をすると命にもかかわりますので、干したあとチェックをしています。  安物(D社)を1、2シ…
コメント:0

続きを読むread more

御月山 954.3m・火箱山 800m 2020年2月24日

 御月山(おつきやま)は烏帽子森とも呼ばれるようです。登山道はありませんが、「残雪期限定の山」として知る人には知られています。御月山には2015年7月に北側の林道から1時間13分の藪こぎで登っています。火箱山(ひばこやま)には2015年8月に外芳名沢の林道終点から45分の藪こぎで登っています。 今回は先人の記録にある、安比高原駅から登る…
コメント:0

続きを読むread more

御月山でした

 今日は安比高原から御月山に。  雪はほどよく、2時間半でした。火箱山を通るルートでやってきた人に会いました。帰りに火箱山に立ち寄りました。  岩手山から八幡平までの大展望で感激です。  2月でも今年は問題なしです。
コメント:0

続きを読むread more

高倉山 132.9m 2020年2月22日

 岩手県最南端の高倉山には2012年1月に山頂まで車で登っています。今回は公園から歩きました。 高倉山 公園から歩く  荒れた山道を歩いて林道に出ました。 三角点(二等・高倉)  北側の中継局がある空き地に出ると、展望がありました。  鞍懸山となっていますが、三角点名は高倉であり、日本山名事典にも…
コメント:0

続きを読むread more

兵粮山 29m 2020年2月22日

 登米市の長沼に突き出した半島に兵粮山(ひょうろうやま)があります。行ってみると公園・温泉でした。こんなの山じゃないと言われるでしょうが、地図に名前があり、日本山名事典にも載っています。 この付近が標高点  キャンプ場があるようです。 長沼 GPS軌跡
コメント:0

続きを読むread more

大欠山 52m 2020年2月22日

 東松島市の鳴瀬川左岸にある大欠山(おおかけやま)です。語源は崖のようです。 大欠山  墓地を通り、配水池まで車で入りました。  随想碑には大崖山となっていました。  配水池のわきから裏に抜けます。  踏み跡がありました。  展望はあまりありませんが、崖に近づくのは危険です。 山頂付近 G…
コメント:0

続きを読むread more

丸山 52m 2020年2月22日

 丸山(まるやま)は松島湾に面しています。神社があるようです。  津波で壊れたのでしょう。  参道がありました。  荒れていますが、やむを得ないのでしょう。  山頂はさらに奥です。なんとなく踏み跡があります。  祠が途中にありました。  そして山頂には誰かの墓が。名前で検索しても出てきません。 …
コメント:0

続きを読むread more

不老山 21m 2020年2月22日

 不老山(ふろうざん)は野蒜海岸の北端にあります。 不老山  ここから取りつきましたが、イバラがありました。  何と山頂に廃屋がありました。仙人でも住んでいたのでしょうか。  しかし女性に藪こぎをさせる、とんでもないあかりんです。もっともこれまで何度もさせていますが。 GPS軌跡
コメント:0

続きを読むread more

今はなき大仏山 2020年2月22日

 東松島市の大仏山(だいぶつやま)は全く認識しておらず、通りがかりにNV-U37に表示されたので行ってみました。しかし山があるはずの場所に山がありません。  東日本大震災で大きな被害を受けた野蒜、東名地区がJR仙石線とともに高台移転し、切り崩されたようです。大仏様が身を挺して、新しい街を造ってくれたのでしょう。  大仏山の三角点(7…
コメント:0

続きを読むread more

富山 2020年2月22日

 富山観音がある富山(とみやま)の標高は日本山名事典には124mとなっていますが、地図では110m台です。ほぼ山頂まで車道があります。登山の対象ではありません。一応地図にも日本山名事典にも載っていますので。 富山  展望台付近が山頂なのでしょう。 GPS軌跡
コメント:0

続きを読むread more

愛宕山 94.8m 2020年2月22日

 石巻女川インター近くにある愛宕山は曽波之神山(そばのかみやま)とも呼ばれるようです。低い山ながら存在感があります。 愛宕山  南側の鳥居から参道がありました。 途中の祠 山頂の曽波神神社  裏手に三角点(四等・愛宕山)がありました。 GPS軌跡
コメント:0

続きを読むread more

日和山 54.3m 2020年2月21日

 石巻市の日和山(ひよりやま)は、大震災関連でよく登場するようになりました。ほどんど山頂まで車で登れます。  三角点(三等・日和山)は離れた場所にありました。  命からがら避難して、ここから津波を見た人のことを思うと、胸が苦しくなります。 GPS軌跡
コメント:0

続きを読むread more

旭山 173.1m 2020年2月21日

 石巻市の旭山(あさひやま)は、標高100mまで車道があります。そこから遊歩道です。  たいそうな名前の神社です。  どこが日本一なのかは不明です。この碑には岸信介の名があります。ふむふむ。  芝生の山からは石巻方面が見渡せます。 山頂手前の神社 山頂 三角点(二等・朝日山) …
コメント:0

続きを読むread more

舟島山 18m 2020年2月21日

 舟島山(ふなじまやま)は石巻市にある標高がわずか18mの山です。標高2mほどの田んぼの中に浮かぶまさに島です。昔は島だったようで、船をつけたのが名前の由来のようです。 舟島山  農道を通って近づくと、南端に案内柱がありました。 オオイヌノフグリ  どこから取りつこうかと、農道を時計回りに進むと、道がありました。 …
コメント:0

続きを読むread more

箟岳山 236m 2020年2月21日

 宮城県涌谷(わくや)町の箟岳山(ののだけやま)は山頂付近に箟岳観音(箟峯寺)があり、登山とは言えませんが最初に登りました。涌谷町唯一の山です。 箟岳山  駐車場から階段を登ります。  階段を登って本堂です。  裏手に進み、ほどなく山頂です。  これまでに登った宮城県の北上山地の山も見えているで…
コメント:0

続きを読むread more

宮城県北行脚

 金曜日に箟岳山、舟島山(標高18m)、旭山、羽黒山、日和山に登り、女川の知人宅にお世話になりました。  今日は雨で一緒に登る予定の山には行けませんでした。  愛宕山(石巻女川インター近く)、富山(富山観音)、大仏山跡(復興で消滅、現在は東名駅)、不老山、丸山、大高森、大欠山、兵粮山、最後に岩手の高倉山に。  その他、いくつかの山…
コメント:0

続きを読むread more

今週末はゆるい山へ

 三連休を含む今週末も変則的な休みです。前半は今日の12時から土曜日の18時まで。後半は24日の6時からです。  もちろん不要不急の山行に出ます。前半は知人宅訪問を含めた宮城県北遠征です。今日は天気がよさそうなので、石巻市、涌谷町あたりのほとんど登山とは言えない山にいくつか立ち寄る予定です。既述したように、大崎市や大和町の西部を除外す…
コメント:0

続きを読むread more

須川岳の情報

 須川岳のボランティアの人と自然保護課の職員の話などから、須川岳の情報です。  昭和湖付近の火山ガス濃度は下がらず、今年も登山道は通行止めになるようです。  観光寄りの団体が、ピストンではつまらないと、新しい登山道を開削しようとしているようです。いったいどこに? 剣岳を経て、天馬尾根に出るコースでしょうか? 特別保護区域であり、自然…
コメント:0

続きを読むread more

グリーンボランティア研修会

 グリーンボランティア研修会に初めて参加してきました。活動報告を4名が行いましたが、私はパワーポイントで数分のプレゼンテーションを行いました。詳細は気が向いたら書くことにしますが、いくつか気づいたことを。  30名ほど(全体で230名ほど)が参加しましたが、高齢化が進んでいるようです。参加者で私より若いと思われたのは2名だけでした。 …
コメント:0

続きを読むread more

鳥越観音 2020年2月15日

 名久井岳から7時半に下山し、午後の盛岡でのグリーンボランティア研修会まで時間がありますので、あちこちに立ち寄りながら国道4号線を南下しました。  三戸町の天神山への登山道と思われる道は、道の駅近くにありました。  二戸市の鳥越観音に登ってみました。ピークには四等・鳥越の三角点があります。  中腹までの道は途中で進めなくな…
コメント:0

続きを読むread more

名久井岳 615.2m 2020年2月14-15日

 ドコノ森の後の宿泊地として名久井岳を選びました。日帰り装備で1時間、昨年同時期は泊まり装備で1時間38分でした。  今回は薪ストーブ用に、廃材8kg(ホーマックで100円分)を詰め、ザックの3分の1以上は廃材です。かなり重いザックになりました。水は2.2Lとスポーツドリンク500ml、日本酒740mlです。  田子町のガーリックセ…
コメント:0

続きを読むread more

ドコノ森 803.7m 2020年2月14日

 地図で発見した変わった名前の山です。基本的に地図のみでの予習です。場所的に登山道があるとも思えず、雪のある時期を考えました。南に県道21号線、北に県道216号線が通っていますが、どちらも長い冬眠があります。 当初は北側からのアプローチを考えましたが、地形が複雑でわかりにくそうで、しかも距離があります。県道上の標高500m点からの実線と…
コメント:0

続きを読むread more

苦言はね

 FM岩手(入ります)でメッセージも読まれ、そろそろ酒も尽きてきました。  前回同様、ブルーシートを土間に敷き、マットを敷いて寝ます。そのうち薪ストーブは消えますが、たぶん快適でしょう。  階上岳と同様に愛されている山のはずなのに、山小屋にはゴミが多いのは共通です。県民性とか民度という話はしたくないのですが。大開は、薪にこだわる…
コメント:0

続きを読むread more

名久井岳ひとりぼっち

 ドコノ森のあと、名久井岳に泊まりにきました。薪を8キロ担いだので、2時間かかりました。  山小屋に着いて薪ストーブを見ると、ゴミが燃えずに残っていました。レジ袋、アルミホイルなど燃えないものまで。  ストーブを焚き、飲み食いを始めました。まずはドコノ森のある田子のガーリックソーセージです。酒は五戸の如空。  明日は午後に盛岡…
コメント:0

続きを読むread more

どこの山?

 ドコノ森です。青森県です。ドコモはバリバリです。  例によってあまり予習はしませんでしたが、最近よく見かけるYAMAP系のプレートがありました。  予想に反して登山道はあるようです。
コメント:0

続きを読むread more

予定が立てられず

 これまでは殿様による諸国大名の人事でしたので、異動がかなり早い段階で公表されていました。今年度はもめたらしく、正式発表は1月でしたが、それでも2ヶ月以上ありますので、引っ越しを伴う場合もあまり問題はありません。 しかし今回は諸般の事情により、別の体制に移ることになりました。これまでも公務員ですが、殿様の力が働いていましたので、公務員人…
コメント:0

続きを読むread more

亀山 233.6m 2020年2月11日

 気仙沼大島大橋を渡ったことがありませんので、渡って大島の亀山に登ることにしました。亀山には2016年11月にレンタサイクル(電動アシスト)で登っています。  大橋までの取り付け道路が工事中で、しかもナビにはでていませんので、立て看板に従って進みました。大橋を渡ったところの展望台に立ち寄りました。  室根山が見えます。三陸道が気…
コメント:0

続きを読むread more

室根山 894.7m 2020年2月11日

 岩手県の山に掲載されている室根山には、同行者と厳冬期に蟻塚公園から登ろうと考えていました。しかし今シーズンは雪が少なく、登らないでいました。ようやく多少積もったようですので登りました。なお9日に五葉山の帰りに登山口は偵察しています。 冬の室根山には、2011年12月(道路閉鎖前)、2017年1月(室根高原牧場から)、2017年3月(通…
コメント:0

続きを読むread more

室根山から気仙沼へ

 今日は室根山に蟻塚公園から登りました。雪は少なく、トレースもありました。山頂からは絶景でした。  下山後、大島に渡り、亀山に登りました。完成した大島大橋、建設中の三陸道の架橋を見ると、復興を感じました。  その後、岩井崎の伝承館へ。シアターで津波の映像で具合が悪くなったらというアナウンスがあり、なめていましたが、大画面での津波の映…
コメント:0

続きを読むread more

五葉山(釜石側冬季コース・しゃくなげ荘泊) 2020年2月8-9日

 赤坂峠への県道193号線が通行止めの期間には、赤坂峠まで県道を歩くコース(大船渡側5.1km・釜石側3.8km)、大沢コース(登山道)、カラマツコース(冬季尾根コース)、桧山コースなどがあります。管理員のIさんに、釜石からの冬季コースの方が近いと言われていましたので、今回釜石山岳協会の恒例山行の「厳冬期五葉山」に混ぜてもらいました。山…
コメント:0

続きを読むread more

釜石から厳冬期五葉山

 今週は釜石側赤門から冬季限定コースを登ってきました。釜石山岳協会の恒例山行の厳冬期五葉山に混ぜてもらいました。  しゃくなげ荘は17名ほどで、楽しく過ごせました。  山頂付近は積雪が多く、樹氷原でした。管理員さんの話ではなかなか見られないそうです。
コメント:0

続きを読むread more

見落としはあるかも

 登る対象は地理院地図に斜体で名称が書かれた山ですが、石巻市市街地にある羽黒山(標高49m)を見落としていました。岩手県については全域の紙地図を持っていますので、ときどき見落としがないかと見たりしていますが、いまのところは発見されません。しかし気づかないままの山もあるかもしれません。 山名と同じポイントの斜体で書かれた山かどうかわからな…
コメント:0

続きを読むread more

宮城県北を数えてみると

 インターネットの地理院地図で山を数えるのは、300mスケールを使いますので、なかなか骨が折れます。紙の地図でマーキングしながらのほうが圧倒的に楽です。  未踏の山が、栗原市が20、登米市が4、石巻市が8、涌谷町が1(これしかない)、美里町が0(山がない)でした。栗原市のいくつかの山を除けば、地形的に難しい山はなさそうです。  まだ…
コメント:0

続きを読むread more

宮城県北はいけそう

 他県のすべての山を制覇しようなどとは思っていません。先週、栗原市の6山に登ってきましたが、数えてみたところ、県境の既登の山を除くとあと20ほどであることが判明しました。虚空蔵山と大地森(藪こぎNG)、大倉山と清水山(やや奥深い)などを除くと、それほど難しそうな山はありません。 宮城県の北上山地の山は制覇していますので、登米市と石巻市と…
コメント:0

続きを読むread more

秣森 778.7m・揚石山 869.7m 2020年2月1日

 栗駒山(須川岳)を山系としてとらえたときにどこまで入るのかは不明ですが、未踏の山では、虚空蔵山、大地森、秣森(まぐさもり)、揚石山(あぐろしやま、あげろしやま)あたりまでは含まれると思います。 間に世界谷地を擁する秣森と揚石山は栗駒国定公園に含まれており、登山道以外に踏み込むことはご法度です。正式な法令はわかりませんが、指定期間内に立…
コメント:0

続きを読むread more

大土ヶ森 579.6m 2020年1月31日

 大土ヶ森(おおどがもり)は文字富士とも呼ばれ、先週の偵察で登山道があり、現時点では登山口まで雪がないことが判明していました。放森地区からとマインパーク付近からアクセスできます。マインパークから石ヶ森の東側を通る道は川沿いでガードレールもない場所がありますので、積雪・凍結時は危険と思われます。放森側からは最終民家から登山口までそれほどの…
コメント:0

続きを読むread more

櫃ヶ森 615.3m・中ノ森 610m・天狗森 571.5m 2020年1月31日

 低山ながら異様な形の栗原市の櫃ヶ森(ひつがもり)は先週偵察し、近くまで行けることが判明しました。その後にあまり雪が降りませんでしたので、まず登ることにしました。栗駒山の南東12.6kmに位置し、奥羽山脈の前衛とみなせますが、雪が少ないので比較的簡単に登れそうです。  台形状の櫃ヶ森が見えてきました。  櫃ヶ森と中ノ森が見えます…
コメント:0

続きを読むread more

揚石山です

 揚石山(あぐろしやま)に着きました。光る海らしきものが見えます。ブナの大樹の山です。 雪は少ないとはいえ、そこそこにはあります。湿原も埋まり、踏み抜くこともありませんでした。
コメント:0

続きを読むread more

秣森です

 世界谷地の手前から歩いて秣森(まぐさもり)です。国定公園のため、積雪期しか登れません。  昨日から5山目ですが、1つもプレートはありません。県民性でしょうか。  変な音がしたと思うと、すぐ上を白鳥が鳴かずに飛ぶ羽根の音でした。一関でも鳴きながら飛んでいるのをよく見かけますが、さすがに羽根の音は聞こえません。
コメント:0

続きを読むread more