復興を感じる朝

 朝にも氷上山の山頂へ。静かな海に復興を感じました。  途中、古い空き缶を袋いっぱい拾いました。ゴミはしないでください。  ネコノメソウが盗掘されているようです。山で見てこそ山野草です。
コメント:0

続きを読むread more

不要不急か氷上山

 氷上山です。結構人がいました。各人がどういう判断かはわかりません。  床の補修はほぼ計画通りにいきましたが、1人では困難だったと思われます。二重窓を補強し、もう1つの二重窓も取り付けました。  トイレ掃除もしました。
コメント:0

続きを読むread more

まず地元を知ることから

 陸前高田に赴任して10日たちます。コロナウイルスで重い気持ちでのスタートです。  一関でもそうでしたが、これからお付き合いしていく方々がどこからやってきて、そこはどのような土地なのかを知るように努力しています。高田や大船渡は登山で何度も来てはいますが、やはりこれまではほとんど通過点でした。  住所を見て地図で確認したり、実際にその…
コメント:0

続きを読むread more

合体

 背負いにくく、長い時間(1時間が限度)は背負えなかった安物の背負子が、今はほとんど使っていないザックと合体しました。どちらも本体は切り裂いたりしていません。ベルトなどを工夫して強固に合体させました。天蓋が小物入れとしても使えそうです。若干重くなりましたが、背負い心地は改善し、使い勝手も向上しそうです。もっともザック自体が安物ですので、…
コメント:0

続きを読むread more

修復資材は準備

 登奈孝志荘の「東の御殿」の陥没した床を修復する方法と資材が準備できました。  間口が180cmより若干狭く、中央付近の角材が壁側の土台支柱が腐って陥没しています。  150cmに切断したL字の金具の3ヶ所にボルトを通したものを、手前の床下から入れ、両側の健常な床板の隙間から床上に出し、これを両側から引き上げながら奥に移動させます。…
コメント:0

続きを読むread more

もちろん関心事は山

 明日、緊急事態宣言が出されるようです。たぶん当初は岩手県は含まれないでしょう。  もちろん関心事は山にいってよいかどうかということです。聞いたとしても、自分の良心に照らして考えなさいと言われるのは目に見えています。  山は三密ではありませんので、行っても大丈夫なような気はしますが、何かあれば叩かれるのは目に見えています。GW明けと…
コメント:0

続きを読むread more

帰ってからアイデアが浮かぶ

 「東の御殿」の陥没した床をその場にあるもので補修することはできませんでした。あの汚い床下に潜る気にもなれません。  よい方法が浮かびました。陥没しているのが中央部分の隣接する5-6本だったようですので、健常な(といってもたぶん腐りかけ)両端を利用して金属プレートで上下から挟み込むという方法です。陥没部の幅より長いプレートの両端と中央…
コメント:0

続きを読むread more

氷上山・登奈孝志荘整備 2020年4月4-5日

 格段に近くなった氷上山へ転勤祝い、登奈孝志荘の整備などに向かいました。  登奈孝志荘の居住区域の整備のための資材は3日にコメリで探しましたが、合板は重くて値段も高いためやめました。厚いボール紙にスポンジを貼った養生板が折りたたみ式で、価格も安いので、使えるかどうかは不明でしたが2枚、他に名称はわかりませんが、やはり折りたためる樹脂板…
コメント:0

続きを読むread more

もちろん酔仙

 転勤祝いは氷上山で酔仙。祝ってくれるのはネズミだけのようです。明るいうちから出てきました。  午後から天気が崩れています。前途は霧中なのでしょうか。  敷居が腐り、外されていた二重窓を廃材を利用して取り付けました。窓は開きません。もう少し補強しなければならないようです。
コメント:0

続きを読むread more

やはり難しい

 自粛モードですが、朝から氷上山です。  登奈孝志荘の快適化のために資材も背負い、24キロの背負子です。  入って左側の2つの居住区のすきま風対策、床の快適化をはかりました。安かった折り畳み式の養生板はすぐに表面が剥がれました。その上に銀マットを敷けば問題はなさそうです。  現実的には段ボールやブルーシートの上に銀マットを敷く…
コメント:0

続きを読むread more

今週は至近の山小屋で祝い酒

 新生活が始まりました。もちろんまだ軌道には乗っていません。  今週末は至近の山小屋に泊まりに行くことにします。単独です。多少高い地元の酒を持って、祝い酒とする予定です。一緒に祝おうという奇特な方がおられるならば、酒のグレード・量を調整します。  前回は山小屋のゴミを片付けました。多少はすっきりしました。今後、少しずつ快適化を進めて…
コメント:0

続きを読むread more

一関最終日

 今日で11年間仕事をした一関の職場とお別れです。新型肺炎の影響でひっそりと消え去ることになります。まあもっともそんなに存在感はなかったのですが。しいてあげれば、身体の各部位から発せられる音が聞こえなくなることくらいの認識でしょう。  4月以降は基本的に暦通り、土日祝日などの休みになります。山行日数が増えるかどうかはやってみないとわか…
コメント:0

続きを読むread more

三ツ石山・三ツ石山荘 2020年3月28-29日

 奥産道の松川大橋付近から三角点(三ツ石 1447.9m)に至る残雪期限定ルートの存在を知りましたが、昨シーズンは果たせませんでした。未経験のルートは、視界がよいこと、登り方向で通ること(下りで立ち往生すれば終わり)が危険回避に必要でしょう。  昨年4月に松川温泉から登り、重いザックを背負っていても三ツ石山から三ツ石山荘にそれほど危険…
コメント:0

続きを読むread more

氷上山・登奈孝志荘清掃 2020年3月27日

 陸前高田の住処から氷上山の山頂までは直線距離で4kmほどです。あいにく山頂は見えません。引っ越しが一段落しましたので、さっそく氷上山に登ってきました。  最初に近くにある氷上神社に参拝しました。山開きのとき、ここで神事が行われるようです。 啄木歌碑  行きは玉乃湯経由で向かいました。玉乃湯はコロナの影響で休業して…
コメント:0

続きを読むread more

氷上山です

 氷上神社に詣でたあと、氷上山です。まず登奈孝志荘の大掃除。観光交流課に電話し、燃えるゴミ2袋は下ろして家庭ゴミに出し、割れたビンやスプレー缶などは来月に市で処分することになりました。  山頂からは焼石、須川、早池峰などがよく見えます。幸先のよい船出(山なのに?)です。 五葉山 原台山の左に須川岳、右に焼石連峰
コメント:1

続きを読むread more

片づいたので

 引っ越しが8時からで、11時前には終わりました。開始時間は直前までわからないため(22日に連絡あり)、27日を片づけ休みにしていました。本などは開梱していませんが、日常生活に必要なもの、登山道具などはほぼ片づきました。  今日は日帰りで一関に仕事です。  明日は、里宮で安全祈願をしてから、氷上山に登ることにします。  28-29…
コメント:0

続きを読むread more

テレビに出ました

 陸前高田に引っ越ししましたが、アバッセでランチ後に、NHKのインタビューを受けました。オリンピックが延期になった感想です。  本音は言えませんので、あたりさわりなく。おばんです岩手と、20時45分からのニュースに数秒登場しました。  経塚山に見送られ、インタビューで迎えられるという思い出深い日になりました。
コメント:0

続きを読むread more

経塚山に見送られて

 一関の宿舎の玄関先から経塚山が見えることに、11年間も住んでいて今日初めて知りました。最初は須川岳かと思いましたが、2階と3階の階段の踊り場から見て、経塚山と判明しました。  何と前塚見山からオガラ森山、駒ヶ岳、経塚山、天竺山まで見渡せました。  職場からはよく見えましたが、宿舎から見えていたとは驚きです。  後ろ髪…
コメント:0

続きを読むread more

東のかた、笹ノ田を出ずれば

 一関での最後の夜です。  関山と玉の春、更に尽くせ、一杯の酒。  東のかた、笹ノ田トンネルを出ずれば、故人なからん。なからん、なからん、故人なからん。  山関係の知り合いは何人かいますが、一抹の寂しさはあります。
コメント:0

続きを読むread more